人気ブログランキング |

カテゴリ:認知症( 2 )

過剰糖質摂取

a0082724_22381368.jpg
a0082724_22383949.jpg
a0082724_22390999.jpg
糖尿病の方は、認知症を発症する確率が高い事は確認されています。
認知症の方は、糖尿病の確率が高いですよね。
そうしたら、やるべき事ははっきりしています。
それを「見ないふり」「無視」しているのが現状です。
それが現在のビジネスモデルですかね。

=======================================


by hanahanak2 | 2018-12-16 22:47 | 認知症 | Comments(0)

糖尿病合併症とか脳の糖尿病とかの理解が深まっています

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

全国保険医新聞 2018年10月15日号からのコピーです。
国立長寿医療センター歯科口腔先進医療開発センター長 角 保徳 先生のご寄稿です。

「認知症患者に歯科としてどうかかわるか」ー薬物療法の限界ー
a0082724_16253052.jpg
a0082724_16261410.jpg
a0082724_16270713.jpg
a0082724_16280171.jpg
a0082724_16284356.jpg
a0082724_16293394.jpg
a0082724_16305284.jpg
明るい話は、現在ないようです。
糖尿病患者さんは、糖尿病でない方々より、認知症発症率が高いという事は誰も否定しないですね。
単純に考えて、
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」である「糖質制限」食であれば、2型糖尿病の発症は防げます。
2型糖尿病発症しても糖質制限で「完璧な血糖コントロール」可能です。
1型糖尿病患者さんも「良好な血糖コントロール」可能です。

クスリよりも食事に注目して欲しいです。

当連載の今後の展開を楽しみにしています。

======================================-

2歳3か月の急性中耳炎・副鼻腔炎の患者さん。

末梢血液白血球数:11,000/µl H
白血球3分類 リンパ球数  4,500/µl H
       単核球数   1,000/µl H
       顆粒球数   5,500/µl

ヘモグロビン(Hgb):11.9g/dl。

ウイルス感染症は確定的です。
投薬は、
モンテルカスト細粒+メプチンドライシロップ。
4か月後に、
a0082724_16560225.jpg
お見事です。

今後は、急性副鼻腔炎(鼻風邪)時に鼓膜のチェックをと思います。
糖質制限もお願いしたいと思います。

===================================




by hanahanak2 | 2018-10-15 18:28 | 認知症 | Comments(0)