人気ブログランキング |

カテゴリ:抗微生物薬使用患者さん。( 19 )

扁桃周囲炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

20歳代の患者さん。
数日前からの「強い咽頭痛」で受診されました。
a0082724_22022698.jpg

右扁桃周囲炎。
水ぶくれ状です。
咽頭後壁には、ベッタリと白苔。
粘膿性鼻汁も認めます。
末梢血液白血球数:16,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数   3,800/µl H
       単核球数    1,200/µl H
       顆粒球数    11,800/µl H

ウイルスと細菌の混合感染症パターンと思います。
細菌感染優位です。

従って、
①アモキシシリン25mgカプセル4カプセル+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠

当院での耳鼻咽喉科細菌感染症第一選択薬は
アモキシシリンまたはⅬ-ケフレックス顆粒です。
古い古い抗微生物薬ですが、効果は新鮮です。
先ずは1週間きちんと内服していただき、1週間後確認し終了するか、もう1週間続けるか判断したいところです。

最後に、
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食である、糖質制限食をお勧めしました。
病気の予防と治療に役立つと思います。

=================================
ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」より

米国糖尿病学会(ADA)コンセンサス提言(20194月)摂食パターン

糖尿病の管理には、さまざまな食生活 (異なる食品や食品群の組み合わせ) が受け入れられます。

特定の個体における異なる摂食パターンの比較利益を取り巻く証拠が強化されるまで、医療提供者は、パターン間で共通する重要な要因に焦点を当てるべきである。

○デンプン(Starch)の少ない野菜を選択する。

○砂糖(Sugar)の添加や精製された穀物を最小限に抑えます。

○可能な限り高度に加工された食品よりも自然食品を選ぶ。


今回の米国糖尿病学会の提言は、あくまで提言のようです。
患者さんの食生活の形態を尊重した上で、
上記の3項目を強調しているようです。
明言してはいないですが、暗に糖質制限を推奨しております。

実際の診療現場でどこまで普及するか、させるかが問題ですが・・・・・・

==========================================



by hanahanak2 | 2019-05-01 22:39 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

アモキシシリン服用5日目。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

4月21日書き込みした扁桃周囲炎でアモキシシリン服用開始した患者さん。
25日、途中経過確認の為、受診されました。

咽頭痛は無くなったとの事。
a0082724_22104004.jpg
両側扁桃の白苔は消失。
左扁桃周囲の腫れも改善傾向。
末梢血液白血球数:8,000/µl。
白血球数は、視診に先行して正常化しています。

再発は、今後の難治化につながります。
それで、
合計、18日間のアモキシシリン服用をお願いしました。
抗微生物薬が効く間に鎮静化させたいのです。
そして、
免疫アップの為にも、糖質制限実行を要請するのです。

=========================================

a0082724_22430740.jpg
精子の老化が問題なんですね。
卵子も同様とは思います。
望む時期に子供さんを授かるのが理想ですよね。
大変な治療で授かるのでなく、卵子・精子の老化を防ぐのが理想と思います。
その面から考えても、
離乳期からの糖質制限食である、
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食の普及が急がれます。

====================================


by hanahanak2 | 2019-04-27 22:51 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

扁桃周囲炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

40歳代の患者さん。
前日より咽頭痛、本日、37.2度の発熱。
今年1月に、扁桃炎で「抗微生物薬・プレドニン錠・ロキソプロフェン」等を21日間断続的に服用し、軽快したと判断し通院を止めていました。
a0082724_22335047.jpg
両側急性口蓋扁桃炎・舌根扁桃炎、
そして、左扁桃周囲炎を認めます。
末梢血液白血球数:17,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数   2,900/µl H
       単核球数    1,100/µl H
       顆粒球数    13,800/µl H

数値から細菌感染症パターンに違いないです。

よって、
①アモキシシリン250mg4カプセル+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠

7日間を、選択しました。
再発の可能性もあり、慎重に経過を見て行きたいと思います。
①②のみの服用をお願いしました。
アモキシシリンの服用は2週間を予定しています。

糖質制限も支持療法として非常に重要です。

=======================================



by hanahanak2 | 2019-04-21 22:53 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

急性扁桃炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

2017/08/26に書き込みした患者さん。
15歳です。
「微熱と咽頭痛」にて受診されました。
a0082724_21512584.jpg
咽頭後壁(咽頭扁桃)・耳管扁桃・咽頭側索・舌根扁桃に白苔を認めますが、口蓋扁桃には変化ありません。
末梢血液白血球数:14,400/µl H
白血球3分類  リンパ球数  2,700/µl 
        単核球数   1,200/µl H
        顆粒球数   10,500/µl H

細菌感染症パターンです。
従って、
アモキシシリン250mg4カプセル(4分割)+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠
1週間を、選択しました。

1週間後、
a0082724_22010437.jpg

白苔はなくなっています。
末梢血液白血球数:7,800/µl。
白血球3分類  リンパ球数  3,600/µl H
        単核球数    700/µl
        顆粒球数   3,500/µl

ウイルス感染症の炎症が残っている可能性が考えられますので、
モンテルカスト錠を1週間服用お願いし、今回の診療を終了しました。

当患者さん、6歳児より断続的に受診されていましたが、
抗微生物薬使用は初めてでした。

それほど、抗微生物薬を使用する機会は少ないのです。

========================================
アップルの未来がウォッチにある3大根拠
4/16(火) 15:15配信 プレジデントオンライン

アップルは今年初頭、株価を大きく下げた。主な要因はiPhoneの販売不振だ。もうアップルが成長することはないのか。アップル出身で経営コンサルタントの竹内一正氏は「たしかにiPhoneはジリ貧になりかねないが、アップルウォッチのポテンシャルは計り知れない」という――。

■iPhoneは4年前から頭打ちになっていた

 2019年1月に米アップルが売上高予想を下方修正した「アップルショック」。主原因はiPhoneの販売不振だった。

 その後は「iPhoneは頭打ちだ」という声が世間に流れ、経済界は揺れている。背景には米中貿易戦争や中国経済の減速、世界的なスマホ市場の飽和感といった外的要因もあるが、それだけではない。実はすでにiPhoneは2015年にピークを迎えていたのだ。

 過去4年を振り返れば、ティム・クックCEOのとった高価格戦略によって販売金額ベースで成長を維持していたが、販売台数でみると頭打ちになっていたことがわかる。2015年度に2億3122万台だったiPhoneの販売台数は、2018年度には2億1772万台に落ち込んでいた(図表参照)。

 一方、競合のファーウェイなど中国スマホ勢はシェアを伸ばしている。このままではiPhoneはジリ貧となりかねない。

 気の早い人々はすでにiPhoneに見切りをつけ、ポストiPhoneの議論を始めている。

■アップルウォッチが命運をにぎる3つの理由

 アップルの2019年第一四半期の業績を見ると、アプリ販売や決済代行、製品保証などを提供する「サービス部門」の売り上げが100億ドル以上になり、Mac製品を追い越していることがわかる。これは同決算期では前年比19%増であり、2018年度通年でみても前年比24%と高い成長率を誇っている。

 そのため、アナリストたちなどからは「ポストiPhoneはサービス部門だ」という声も上がっている。しかし、これらの売り上げは単体で成り立つものではない。

 私は、ポストiPhoneはアップルウォッチだと考えている。その理由は3つある。

 1つ目は、アップルの生命線は、ハード製品を基軸プラットフォームとしたビジネス構造にある。いわるゆ「エコシステム」だ。その上で、前述のサービス部門が稼いでいる。だからこそ、ポストiPhoneはサービス部門ではなく、ハード製品でなければならない。

 2つ目は、ハード端末は常にウエアラブル化する宿命を背負っていることだ。ウエアラブル化とは、より身に着けやすくなることだ。iPhoneは便利だが、使うとき片手がふさがってしまう。しかし、アップルウォッチなら両手が空く。両手が使えれば生活様式やビジネスシーンを広範囲に変革する可能性が出てくる。製造現場の作業員や介護士などいくつでも利用シーンが頭に浮かんでくる。

 3つ目は、新たなユーザー層の獲得だ。iPhoneはデジタル世代を中心に伸びてきたが、スマホ市場そのものが頭打ち状況に陥り、デジタル世代に行きわたった感がある。iPadも中核はやはりデジタル世代だ。しかし、アップルウォッチは非デジタル世代を取り込む可能性を秘めている。

■ヘルスケア分野で非デジタル世代を取り込む

 その一つが心臓病患者や高齢者を含むヘルスケア分野だ。アップルウォッチには「心拍センサー」という革新技術が搭載されている。

 振り返れば2015年に登場した時のアップルウォッチは、フィットネスシーンでの利用にばかりに注目が集まり、ポストiPhoneと呼ぶには期待外れだった。

 しかし、2017年にアップルウォッチを着けていた米国人男性が、異常に高い心拍数を検知してアラートを出したことで「命を救う」というニュースが報道されると、状況は一変した。さらに、2018年には米国人女性の命をまたしても救った。

 これらのニュースにより、ハイテクと無関係だった人たちが関心を一気に強めていった。

■医師もびっくりの“心電図計”を搭載

 そうして2018年秋には、「シリーズ4」にヘルスケア分野の決定打ともいえる“心電図計”が搭載された。この心電図計はFDA(米国食品医薬品局)が承認したことで世間の注目が高まった。

 これがどう生活に関わっていくのか。ふつうは病院に行って心臓の検査を受けても、「異常はありません」と言われて帰ってくるケースが多い。だが、アップルウォッチの利用者は心拍の異変を感じたとき、すぐに心電図計で測定できるので、そのデータが病院での診断の手助けとなる。

 実際、アップルウォッチの使用者は以下のような体験をした。

----------
46歳の男性は、ある日、胸の痛みを覚えて病院に行ったが心電図は正常で、医者からは「胸焼けだろう」と診断されて帰された。

ところが別の日の朝、自宅でアップルウォッチの心電図アプリを起動すると警告音が鳴る。それで病院に行ったものの駐車場がいっぱいで待合室も混雑していた。それでも、アップルウォッチで心房細動が検出されたと病院側に説明すると、即検査になった。

結局、医者は「あなたは心房細動だ」と診断を下した。そして、「アップルウォッチがあなたの人生を救ってくれた」と患者に告げたのだった。46歳の男性はその時まで心房細動がどんなものかよく知らなかったという。
----------

 さらに、「転倒検出機能」は高齢者とその家族にとってセーフティネットとなり得るものだ。内蔵したジャイロスコープと加速度センサーの性能がアップしたことで、着用者の手首の軌道を分析し、ユーザーが転倒したことを検知し、1分間以上着用者が動かなかった場合は、緊急連絡先に自動で連絡を入れてくれる。

■ジョブズの感じた医療への違和感

 ところで、なぜアップルウォッチは誕生したのか。そのきっかけにはジョブズが2003年に膵臓ガンと診断されたことが大きく関わっている。

 入院してさまざまな検査を受けたジョブズは病院の非合理なシステムや対応に失望した。とくに憤慨したのは病院内のヘルスケアのシステムが共有化されずバラバラだったことだ。ガンの専門医や肝臓の専門医、痛みを和らげる専門家に栄養士、血液の専門医など、専門別のスペシャリストが入れ替わり立ち替わりジョブズを診断。検査結果を見てそれぞれ個別に対応していたことが、ジョブズは我慢できなかった。

 患者のデータが、患者と医者など医療提供者との間できちんと連携されることが重要だと彼が痛感したのは当然だろう。

 もともとジョブズは「デジタル・ハブ」という考えを2001年に打ち出していた。それは、我々の回りにあふれるデジタルカメラやDVDプレーヤーなど、多くのデジタル機器の中心(ハブ)となるのがパソコンでありMacだというものだ。このデジタル・ハブ宣言の数カ月後にiPodが登場し、アップルは本物の成功へと飛翔していった。

 アップルウォッチが、我々の周りのさまざまなメディカル機器と患者と利用者をつなぐメディカル・ハブとして活躍する。その日が来るのはそう遠くないかもしれない。

■妥協しないデザインチームとの熾烈な戦い

 アップルの製品開発力の評価は高いが、他社とひときわ異なるポイントは「デザイン性の重視」にある。そのため、デザインチームの発言力は絶対的に強い。

 アップルウォッチの開発でもそれは同じだ。ヘルスケア機能で主軸となる心拍数センサーの開発では、デザインチームと開発チームのバトルが繰り広げられた。

 開発チームは心拍数を手首の内側で測定しようと「腕時計のバンドリストに心拍センサーを配置する」と開発会議で提案した。医学的に見てもこれは常識的な選択であった。

 しかしこの案に対し、ジョブズが厚い信頼を置いていたジョナサン・アイブ率いるデザインチームはNOを突き付けた。「バンドリストは交換可能にしたいから、そこに心拍センサーは付けられない」とデザイン面で拒絶されたら、別の案を考え出すほかなかった。

 懸命に知恵をしぼった開発チームは、思い切って手首の外側にセンサーをつけることにした。ただこの場合は、「リストバンドをきつく締めること」という条件をつけ、その点を会議で主張した時、デザインチームはまたもNOを突き付けたのだった。理由は「腕時計をそんなふうにつける人はいない」「みんな、腕時計は手首にかなり緩く付けている」という利用者の視点に立ってのことだった。

 開発チームとデザインチームのバトルで生み出された心拍数センサーの精度の信頼性は、カリフォルニア大学やスタンフォード大学などがお墨付きを与えたほどだ。


■最終形はまだまだこれからだ

 これからのアップルウォッチの未来はどうか。

 いま、全米では推定3000万人が糖尿病に苦しんでいるといわれる。糖尿病患者にとって血糖値を測定するには針で血液を採取する侵襲性(生体を傷つける)の方法しか現在はない。だがその方法は痛みを伴い、患者への負担がかかる。しかも、使い捨ての器具の消費という問題も抱えている。

 そこでアップルでは、血糖値を測定する際に針を使わず、光センサーで体を傷つけない「非侵襲性」技術の開発に取り組んでいる。うまくいけば、次世代アップルウォッチに搭載されるだろう。

 天国のジョブズが今のアップルウォッチを見たら何と言うだろう?  褒めるだろうか、けなすだろうか。あのジョブズが簡単にほめるとは思わないが……。

 いずれにしても、アップルウォッチはまだ最終形ではないことは確かだ。だからこそ大いなる可能性がある。

 ティム・クックはアップルウォッチを世に出した時に取材でこう語っていた。

 「アップルが世に送り出した革新的な製品のいずれも、発売当初はヒットするとは考えられていなかったように思う。人々がその価値に気付くのは、時が経って過去を振り返ったときなんだ。アップルウォッチの場合も同じような展開になるかもしれないよ」
.
経営コンサルタント 竹内 一正 写真=AFP/時事通信フォト

=======================================


by hanahanak2 | 2019-04-16 22:27 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

急性扁桃炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

8歳児。
「39度超えの発熱と咽頭痛」での受診です。
ヘッドライト下の視診で、両側口蓋扁桃に白苔を認めました。

末梢血液白血球数:13,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数  2,400/µl
       単核球数    800/µl
       顆粒球数   10,600/µl H

局所所見と併せ、細菌感染症パターンに違いないです。
よって、
投薬は、
①L-ケフレックス顆粒500mg2g(2分割)+ビオフェルミンR
②モンテルカストチュアブル
を、7日間、選択しました。

「狭域」かつ「バイオアベイラビリティが高い」のが特徴です。

====================================

重度の肥満に外科手術 胃を一部切除、保険適用で急増
4/14(日) 10:12配信 NIKKEI STYLE
肥満は糖尿病や高血圧、脂質異常症など多くの病気の危険因子だ。食事や運動、薬などで治療するのがメーンだが、多くの人にとって体重を減らし、それを維持するのは難しい。非常に太っている人は胃を小さくするなどの減量手術も選択肢だ。糖尿病などを改善する効果も期待できる。手術を受ける際は食事など生活習慣の改善が重要で、専門家は「減量のきっかけと考えてほしい」と指摘する。
「115センチメートルだった腹囲が90センチメートルになった。着られる服の種類も増えた」。兵庫県西宮市に住む長距離バス運転手の男性Aさん(43)は笑顔をみせる。同市内の兵庫医科大学病院で2018年11月に胃を小さくする「腹腔(ふくくう)鏡下スリーブ状胃切除術」と呼ぶ手術を受けた。体重を身長の2乗で割って出すBMI(体格指数)は手術前には37だったが今は30を切る。
Aさんは以前、食べる量も多く、行く先々で「ご当地ラーメン」の店などをはしごしていた。体重は110キログラムを超え、睡眠時無呼吸症の治療もしていた。テレビ番組で手術のことを知り、同病院を受診した。
腹腔鏡下スリーブ状胃切除術は2014年に国の保険が適用された。患者は(1)BMIが35以上の高度肥満(2)半年以上の内科的治療でも減量効果がない(3)糖尿病、高血圧症、脂質異常症、睡眠時無呼吸症のうち1つ以上を合併――を満たす必要がある。
BMI35未満の人なども手術を受けられるが、自由診療となる。国内の肥満症の手術はこの方式以外も含め、18年に600例以上実施された。約50の医療機関が手掛けている。保険適用以降、急増した。
腹腔鏡下スリーブ状胃切除術では胃の約80%を切除する。残す部分は約100ccとバナナ1本程度の大きさだ。食事の摂取量を制限して体内に入るエネルギーを減らす。患者は手術後、少し食べれば満腹になる。低カロリーの「フォーミュラ食」などをとる。
執刀医は腹部に小さな穴を複数開け、腹腔鏡を入れる。胃を切ると同時に細かいホチキスのような針で閉じる専用器具などを使う。兵庫医大の倉橋康典講師は「傷口が小さく負担の小さい手術だが、太っている人が対象なので医師の熟練が要る」と話す。手術後に逆流性食道炎などの合併症が起こる可能性もある。
また、重症の肥満症で糖尿病の症状も重い人では、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術に「十二指腸空腸バイパス術」を組み合わせることも検討される。ただ保険診療と保険外の自費診療を併用する「先進医療」となっており、施設も限られる。
減量手術は物理的に胃を小さくする以外の効果もある。食欲を刺激するホルモン「グレリン」を分泌する場所も切除するからだ。「インクレチン」などのホルモンや胆汁酸が増え、血糖値を下げる効果も期待できる。手術を受ければ糖尿病の症状が落ち着いた状態が続く「寛解」になる例も多いという。高血圧や脂質異常症も改善が期待できる。
現代人は太りすぎが問題となっている。糖尿病など様々な病気のリスクを高めるからだ。日本ではBMI25以上が肥満に分類される。国の調査では国内で糖尿病が強く疑われる患者は推計約1000万人、予備軍も同1000万人いる。
東邦大学医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市)の龍野一郎教授(日本肥満症治療学会理事長)は「最近の調査では高度肥満の糖尿病患者は国内で推計30万人おり、このうち約3万人は肥満の外科手術を必要としている」と話す。「日本社会では肥満が自己責任で、肥満そのものが病気だとの認識が低い」と指摘する。
欧米では約60年前に肥満症手術を始め、今では複数の方式で年間数十万件の肥満症手術を実施する。効果を裏付けるデータも出ている。スウェーデンの研究チームによる20年間の追跡調査では、手術を受けた人は減った体重を長期間維持できていた。米国チームの研究では、手術を受けた人で12年後に糖尿病だったのは3%。一方、受けなかった人は26%が糖尿病だった。
肥満症治療で手術を選べるのはよいことだが、関西医科大学(大阪府枚方市)の井上健太郎准教授は「楽にやせるための手段と捉えるのは間違い。基本は内科治療で手術はプラスαと考えてほしい」と訴える。
同大病院では患者に手術前後の注意点などを記した冊子を渡す。そこには、手術だけ受けると「食べられないストレスで気持ちが不安定になりやすくなります」「手術後も食べ過ぎてしまい小さくなった胃が破れます」「良い生活習慣を身につけられずリバウンドします」との文言もある。
患者はまず手術のことをよく理解し、通院でこれまでの生活習慣を改善して減量に努めることが重要だ。

■心と体、多面的に治療 精神科医らチームで

肥満症の手術は内科や外科だけでなく精神科医、臨床心理士、管理栄養士、健康運動指導士、看護師などがチームを組み、多方面から患者に対応することが大切だ。摂取カロリーの制限や運動による減量に何度も失敗した経験を持つ患者が多く、精神疾患のうつ病やそううつ病、摂食障害、不安障害などを抱える例もあるからだ。

患者の中には「食べてストレスを解消している」という人も、逆に「また食べてしまった」と後悔する人もいる。東邦大学医療センター佐倉病院の斉木厚人准教授は「患者は体も心も問題を抱えている。単に体重を減らすために病院に来たのではない」と話す。
兵庫医科大学病院は「手術を希望する患者全員に精神科を受診してもらっている」(精神科神経科の吉村知穂助教)。物理的に食べられなくなることや、減量に伴う心理面の変化に耐えられるかなどをみる。重い精神疾患がある場合、その治療をしてから手術に進むこともある。同様の手順を設ける医療機関は多いという。手術後も含め患者を長く支える態勢を作ることも大切だ。
(長谷川章)
[日本経済新聞朝刊2019年4月8日付]

「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食である「糖質制限」食で、肥満の予防も治療も出来ることは、生理学的事実です。
多職種連携指導を提供してあげられたら、栄養不足に陥りそうな手術は避けられると思うものです。

=======================================






by hanahanak2 | 2019-04-15 22:45 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

咽頭扁桃の白苔が参考になります。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

10歳代後半の患者さん。
「38度超えの発熱・咽頭痛」にて受診されました。
a0082724_22283449.jpg

咽頭後壁に厚い白苔。
末梢血液白血球数:12,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数   1,200/µl
       単核球数     600/µl
       顆粒球数    11,000/µl H

極端に顆粒球数の割合が高くなっています。
細菌感染症パターンです。

よって、
アモキシシリン250mgカプセル4カプセル(4回/日・1カプセル/回)+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠
を、選択しました。

病巣の確認の上、「白血球数とその分類」検査と併せ検討すると、抗微生物薬適正使用が正確になると思います。

================================

日本高血圧学会が4月改訂予定「高血圧の降圧目標値」とは
3/18(月) 6:05配信 女性自身

「これまで『上(=収縮期血圧)140/下(=拡張期血圧)90』(単位=mmHg)といわれていた高血圧の基準が“見直されるのではないか”と注目されているのが、日本高血圧学会が4月に改訂する予定の『高血圧治療ガイドライン2019』。そこでは『上130/下80』未満まで、降圧目標値が引き下げられる方針なんです」(医療ジャーナリスト)

現在、日本には「上140/下90」以上の高血圧患者が推定4300万人いるとされている。もし、それが「上130/下80」に引き下げられると、日本は6300万人の高血圧患者であふれることに。すなわち“国民の2人に1人が高血圧”と認定されるが――。

新小山市民病院の理事長・病院長の島田和幸さんに、さっそく話を聞いた。日本高血圧学会の元理事長でもある人物だ。

「確かに勘違いしている方も多いのですが、高血圧の基準値は現状どおりの『上140/下90』で変わりません。今回、改訂される点は、それとは別に、“降圧目標値”という数字が新たに設定されるということなのです。この降圧目標とは、高血圧とは呼べないけれど、心臓血管病の発症するリスクが高まる領域にある人に対して、『生活習慣の改善が必要ですよ』と促すために設定されたものだと説明されています」

そうなると、血圧130という数値は、まだすぐに治療を始めるほどではないのだろうか?

「実はこの数字は、欧米で高血圧基準値の見直しが行われている、その“最近の流れ”を受けてのものといえます。アメリカでは、'17年にいちはやく『130/80』以上がすべて『高血圧症』と診断されるように基準が改訂されました。'18年には、欧州高血圧学会と欧州心臓病学会が、基準値を『140/90』で据え置いたまま、『降圧目標』を『130/80』未満に引き下げています。それらの大きな根拠となったのが、アメリカ国立心肺血液研究所が行った『SPRINT』という臨床試験の結果でした」

'15年に発表された「SPRINT」は、糖尿病のない高血圧患者9,361人を対象に実施され、投薬によって降圧目標を「上140未満」と「上120未満」の2クラスに設定してそれぞれの「心筋梗塞や脳卒中の発生率」と「全死亡率」を比較したもの。

上120未満の人は上140未満の人に比べて、心筋梗塞や脳卒中の発生率で約25%、全死亡率で約27%低いという結果が出た。

「この調査が、血圧は低ければ低いほど“健康で長生きできる”という理屈の裏付けになった。ただ、もし日本で『上130未満』と基準値を10も下げたら、大変な混乱が起きる可能性がある。だから今回は“目標値”として発表することになったのです」

この調査結果を知った人の中には、恐怖のあまり「すぐに降圧薬を処方して!」と病院に駆け込む“血圧130台”の人がいるかもしれない。そこで本誌は「高血圧の薬による家計の負担増」を試算してみることにした。

実務薬学総合研究所の薬剤師・水八寿裕さんが解説する。

「高血圧薬の処方として、通例では、まず安価なジェネリックも多いカルシウム拮抗薬が出されます。次に肥満傾向がある場合には利尿薬で体重増加を抑え、必要であれば、ACE阻害薬などが処方されます」

高血圧の薬はこの3分類の取り合わせが一般的だが、依然、血圧が高ければ、ほかの生活習慣病とひも付けて考えることが多い。

「それぞれ基準値を大きく外れるなどしていれば、抗コレステロールのHMG-CoA還元酵素阻害薬や糖尿病のビグアナイド製薬などが、追加されていくケースが考えられます。仮にこのような計5種類の処方ともなれば、病院での自己負担額と薬局での薬代を合わせて月3000円近い治療費がかかることになるでしょう」

水さんは「3割負担で月額1000円以上」になる場合、薬代の見直しが必要ではないかという。

「女性は更年期関連の薬、ご主人は肝臓や尿酸値の薬などが追加で処方されていけば、夫婦で月6000円を超えるかもしれない……。薬剤師に相談するなどして、作用の有無も考えながら“本当に必要なもの”を検討すべきです」

高血圧も糖尿病も生活習慣病です。
まず、生活習慣、特に食生活を改善するべきです。
過剰糖質摂取を改善して、
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食への変更をお願いしています。

====================================



by hanahanak2 | 2019-03-22 22:57 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

扁桃周囲炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

20歳代の患者さん。
前々日からの「右咽頭痛」で受診されました。
a0082724_22234004.jpg
鼻中隔湾曲症ありますが、急性副鼻腔炎はありません。
右扁桃周囲炎による「右咽頭痛」です。
末梢血液白血球数:13,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数   2,800/µl
       単核球数     900/µl H
       顆粒球数    10,100/µl H

当院抗微生物薬使用基準に該当します。
細菌感染症と判定できます。
投薬は、
アモキシシリン250mg4カプセル4分割内服+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠
7日分。
7日分をきちんと服用するようにお願いしました。
扁桃周囲炎は再発しやすいので慎重に経過観察予定しました。

==================================



by hanahanak2 | 2019-03-14 22:58 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

翌々日

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

2019/03/08に書き込みした患者さん。
急性咽頭炎・扁桃炎にて
①アモキシシリンカプセル
②モンテルカスト錠
にて治療スタートいたしました。
本日再診されました。
a0082724_21561957.jpg

見事、咽頭扁桃・耳管扁桃・口蓋扁桃の白苔は、ほとんど消失していました。
しかし、夜間の咳が増加したとの事。
末梢血液白血球数:7,400/µl・・・減少
白血球3分類 リンパ球数  2,100/µl・・増加
       単核球数    500/µl
       顆粒球数   4,800/µl・・減少

細菌感染症については、ほぼ鎮静化、
ウイルス感染症が顕在化した模様です。

現在の内服は予定通り7日間続けていただきます。
追加として、アドエアディスカスの吸入をお願いしました。咳が完全に止まるまでです。

局所所見と「白血球数とその分類」検査を組み合わせる事で、より確実な診療を行う事が出来ると思います。

そして、糖質制限実行で、こういう感染症もかなり防げると思うものです。

========================================

インフル治っても…「咳が止まらない」なら受診を
2/3(日) 19:00配信 産経新聞

 風邪やインフルエンザが治った後も、しつこく咳(せき)が“居残っている”という人は、「咳ぜんそく」の可能性があるという。インフルエンザや風邪は治ったはずと放置すると、悪化してより重い「気管支ぜんそく」になる恐れもある。咳ぜんそくの注意点と、予防や症状緩和に役立つポイントを、「止まらない咳を治す!」(扶桑社)などの著書がある、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長(呼吸器内科)に聞いた。(津川綾子)

 熱は下がり、だるさも取れた。なのに2週、3週と時間がたっても、咳だけが止まらず、居残ってしまう。特に、誰かと話している最中や、冷たい空気を吸い込んだときなどに、せき込み出すと止まらなくなる。「そんな場合は、咳ぜんそくの可能性がある」と大谷さんは言う。

 咳ぜんそくは気道(気管や気管支)の粘膜が炎症により刺激に敏感になり、咳が止まらなくなる疾患で、気道の過敏症とも言える。症状は咳だけだが、吐くような咳で、一度出だすと15秒、20秒…となかなか止まらない。腹圧がかかるため、咳の勢いで肋骨(ろっこつ)を骨折したり、失禁する人も出てくるという。

 ◆風邪きっかけにも
 インフルエンザや風邪などと違い、感染症ではないものの、咳ぜんそくは、インフルエンザや風邪をきっかけに生じる場合が多い。そのため、風邪などが治った後に咳が続いても、治りが悪いと勘違いしてしまい、「咳ぜんそくかも」と認識を切り替えるに至らないこともある。

 「風邪やインフルエンザなら1週間から10日ほどで治ります。その後も咳が止まらず、それが吐くような感じだと、もはや風邪じゃない。咳ぜんそくの可能性があるため、受診が必要です」(大谷さん)。診療は、呼吸器内科などで受けられる。咳ぜんそくを放置すると、その患者の3割が、ぜーぜーと呼吸が苦しくなる気管支ぜんそくにまで悪化する場合もある。

 ◆食生活で症状緩和

 治療は、医師の診察・処方を受けた上で吸入ステロイド薬を服用するのが基本だ。

 一方で、身近にある食品などの中には、予防や症状緩和につながりそうな効果が実証されているものもいくつかあるという。

 一つは「1日3杯、コーヒーを飲む人は、全く飲まない人よりもぜんそく発症のリスクが28%低い」というイタリアの研究。大谷さんによると、「コーヒーに含まれるカフェインに気管支拡張作用などがあるため」だという。また、乳児には使えないが、ハチミツには抗炎症作用があり、咳止めとしての効果もあるという。最近では、米ジョンズ・ホプキンス大の研究で、ブロッコリーの新芽(スプラウト)などに含まれる「スルフォラファン」という成分に気管支拡張を助ける作用があることが分かっており、これらを食生活にバランスよく取り入れることも、咳のつらさを和らげるのに役立てられそうだ。

 ■「手前」で対策 歯磨き、手洗い有効

 そもそもぜんそくを防ぐには、インフルエンザや風邪にかからないように気を付けることが大切だ。

 大谷さんがあげた対策例の一つは、歯磨きで口の中を清潔に保つこと。「口の中の細菌がつくり出す2種類のタンパク質は、インフルエンザウイルスが気道に入ることや、増殖するのを助ける働きをすることが分かっている」。歯磨きはこうした細菌の繁殖を防ぐのに役立ち、実際にインフルエンザ予防に有効という研究結果も発表されているという。

 また、インフルエンザのウイルスは、金属やプラスチックなどの表面で24~48時間生存するという研究結果があるという。特に、不特定多数の人が触れるドアノブや電車のつり革、手すりなどを触ったあとは、必ず手洗いをしたほうがよいようだ。

「風邪」「インフルエンザ」に続いて出現する「咳」。
ウイルス感染症に続いて起こってくるのは「ウイルス感染症」に伴う咳と考えてはどうでしょう。
「ウイルス性急性副鼻腔炎」~「ウイルス性気管支炎」を網羅する診療が必要です。
当院では、
①モンテルカスト錠
②メプチンドライシロップ、またはステロイド吸入薬
の併用を推奨しています。
ハチミツは、血糖を上げる食品ですからNG食品です。
たとえ風邪であっても、
予防と治療と支持療法に「糖質制限」をお勧めしています。

===================================



by hanahanak2 | 2019-03-10 22:28 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

白血球数:10,600/µlでしたが。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

60歳代の患者さん。
前々日からの「38度超え発熱・咽頭痛」にて受診されました。
a0082724_16524948.jpg

咽頭扁桃・耳管扁桃・口蓋扁桃には白苔がベッタリです。
末梢血液白血球数:10,600/µl H
白血球3分類 リンパ球数  1,900/µl
       単核球数    800/µl
       顆粒球数   7,900/µl H
リンパ球数と単核球数の増加なし。
これと、局所所見を合わせると、細菌感染症のニュアンスは否定できないと思います。
細菌とウイルスの混合感染症と判定するのが妥当と思います。

①アモキシシリン250mg4カプセル4回内服/日+ビオフェルミンR
②モンテルカスト錠
を選択しました。

ここまでの体調不良は免疫の低下が一因と思います。
食事として、「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食をお勧めしました。

========================================

発表日:2019年2月28日 日本経済新聞 
テルモ、持続血糖測定器を発売
「Dexcom G4 PLATINUMシステム」で糖尿病治療をサポート

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、本日2月28日、持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」(デクスコム G4 プラチナムシステム)を、全国の医療機関に向けて発売しました。本製品は、持続血糖測定器で世界トップシェアの米国デクスコム社(本社:米国カリフォルニア州)が製造し、テルモが日本での独占販売権を有しています。

本製品は、糖尿病患者さんの血糖管理をサポートする医療機器です。センサーを腹部などに貼り付け、皮下の間質液中のグルコース濃度を連続的に測定します。測定値を専用端末のモニターが受信し、患者さんはリアルタイムでグルコース濃度の変動を確認できます。特徴として、精度が高く、低血糖時と高血糖時にアラートを出す安全機構を備えています。

糖尿病は合併症により、足潰瘍、失明、腎臓病、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす可能性のある病気です。

糖尿病治療の指標の一つである血糖の変動傾向を把握することができる持続血糖測定器の発売は、テルモが糖尿病治療にさらに貢献するうえで、重要な一歩であると考えています。このたび発売する持続血糖測定器と、自社の血糖自己測定器やインスリンポンプを組み合わせて提案し、糖尿病患者さんのQOL(Quality of life:生活の質)向上に貢献してまいります。また、デクスコム社とは同社の次世代持続血糖測定器についても継続して協議する予定です。

a0082724_17174519.jpg
a0082724_17180976.jpg
「FreeStyleリブレ」を現在使用していますが、誤差を覚悟で使用しているのが現状です。
「Dexcom G4 PLATINUMシステム」では、誤差を修正しながら使用できるようです。
自費で使用するには高価?

検討課題です。

===============================================


by hanahanak2 | 2019-03-08 19:11 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)

急性扁桃炎

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

40歳代の患者さん。
前日よりの激しい咽頭痛にて受診されました。
a0082724_16413040.jpg
左への激しい鼻中隔の突出あります。
口蓋扁桃・舌根扁桃・咽頭側索・軟口蓋の腫れがひどいです。
口蓋扁桃と舌根扁桃には白苔を認めます。
怖い喉頭蓋の腫れは軽度です。
末梢血液白血球数:26,700/µl H
白血球3分類 リンパ球数   3,500/µl H
       単核球数    1,700/µl H
       顆粒球数    21,500/µl H

細菌感染優位のウイルス感染との混合感染症と診断しました。
よって、投薬は、
アモキシシリン250mg4カプセル4分割内服+ビオフェルミンR
モンテルカスト
③頓服として、カロナール錠
と致しました。

1~2日で峠を越えて1週間で治癒に至ると思います。
1週間後に確認を取りたい所ではあります。

「白血球数とその分類」検査を実施することで、メリハリの利いた診療が可能となると思います。

===================================
「ちくてつのブログ」2019/02/18より。

池江璃花子さんの白血病が大きなニュースになっています。

 が、青少年にがんが増えているという研究報告こそ、注目すべきです。

 2019年2月4日のCNNです。

 要点をおさらいしましょう。

(CNN)Cancers fueled by obesity are on the rise among young adults in the United States and appearing at increasingly younger ages, according to an analysis released Monday by the American Cancer Society.
(米がん学会が発表した分析では、ヤングアダルト世代=10代後半の青年における、肥満に関連したがんが急増している)

The study, published in The Lancet Public Health, examined data on 12 obesity-related cancers between 1995 and 2014, as well as 18 common cancers not associated with weight. They found a disturbing trend among adults age 24 to 49.
(「ランセット公衆衛生」=医学雑誌で発表された研究は、1995年から2014年の20年間の肥満に関連する12種類のがんを調べ、同時に肥満に関連しない18種類の一般的ながんも調査した。発見されたのは24歳から49歳の成人についての当惑するような結果だった)

"The risk of cancer is increasing in young adults for half of the obesity-related cancers, with the increase steeper in progressively younger ages," said co-author Ahmedin Jemal, who is the vice president of the Surveillance and Health Services Research Program for the American Cancer Society.
(「ヤングアダルト層では、肥満関連がんの半分の種類が急増していて、しかも若い世代ほど上昇率が高い」共著者のアフメディン・ジャマルは言う)

The six obesity-related cancers that showed startling increases among younger adults were colorectal, endometrial, gallbladder, kidney, pancreatic and multiple myeloma, a cancer of the bone marrow.
(ヤングアダルト層で増大している6種類のがんは、直腸結腸がん、子宮内膜がん、胆のうがん、肝臓がん、膵臓がん、そして多発性骨髄腫だ)

Childhood obesity: America's 'true national crisis' measured state by state
(子供の肥満:アメリカの「真の国家的危機」はすべての州で見られる)

Most of these cancers have traditionally shown up in patients later in life, usually in their 60s and 70s.
Yet the study found some of the most significant increases were seen in the millennial age bracket, at a time when "overall cancer incidence is decreasing in males and stabilizing in females in the US," Jemal said.
(これらのがんは伝統的には人生後半の60代、70代に見つかることが多かった。ところが、この研究によってミレニアル世代に顕著な増加が見られた、全体的にはアメリカ人の男女のがんが減少傾向にあるにもかかわらず)

Take pancreatic cancer for example, typically diagnosed in people over age 65. The analysis found the average annual increase for pancreatic cancer was 4.34% for ages 25 to 29, 2.47% in people aged 30 to 34, 1.31% for those in the 35 to 39 age bracket, and only 0.72% in those aged 40 to 44 years.
(膵臓がんを例にあげれば、典型的なのは65歳以上で診断されることだ。ところが、この研究が示したのは、25歳から29歳の膵臓がんが年率4.34%増加しており、30歳から34歳では2.47%、35歳から39歳では1.31%、そして40歳から44歳ではわずか0.72%にとどまっているということだ)


◎肥満の原因は現代小麦

 そして肥満の原因は現代小麦です。

「小麦は『毒』?」(ヒース・イーストン&トンプソン真理子著)からおさらいします。

<『アメリカでの一般的な小麦収穫の手順は、コンバイン収穫機を走らせる数日前に小麦畑をラウンドアップ(除草剤)でどっぷりと浸すことである。そうすることによって、より早く、より簡単に、大きな収穫が期待出来る』
 グリフォサートのような致死的な有効成分を含むラウンドアップや他の除草剤を収穫前に散布することは、1980年にはもう一部では行われてきました。それ以来過去15年に渡って保守的な農法の地域では当然のこととして、収穫の7から10日前に乾燥剤として使用されています。
 マサチューセッツ工科大学のステファン・セネフ博士によると、有機でない小麦の作物にグリフォサートを収穫直前に散布することは1990年代にはもう一般化していたため、結果としてアメリカ内の非有機小麦のほとんどはそれに汚染されているということになります。小麦は、グリフォサートのような毒性の化学物質をかけられると、実際には収穫量が上がるのです。小麦は、不思議なことに、しかもかわいそうなことに、毒で死ぬというその直前に、青息吐息でより多くの子孫(種)を放出するからです>
<外でグリフォサートにさらされたり、小麦食品に含まれる残留農薬を口にした人間は、他の化学的・環境的な毒性ダメージにより脆弱になってしまいます。さらに悪いことには、グリフォサートの影響は、何ヶ月も何年もかかってゆっくりと知らぬ間に進行するので、その間に炎症が体の細胞レベルで徐々に広がっていきます。この組織的な炎症は欧米に多い病気や症状のほとんどにつながります。
・胃腸障害
・肥満
・糖尿病
・心臓病
・うつ
・自閉症
・不妊症
・ガン
・多発性硬化症
・アルツハイマー認知症(以下さらに続く)
 まとめると、セネフ博士が行ったアメリカの小麦が浴びせられている恐ろしいグリフォサートの研究は、この致命的な毒がヒトの体を害して、善玉菌も死滅させ、病気やその悪化、苦痛をもたらす過程を明らかにしています。ですからあなたが、たとえ自分の体が小麦で特に問題ないと思っていても、小麦を食事から出来るだけ排除するのは賢明だということです>

<ポストハーベスト農薬とは、収穫後の農作物に使用する殺菌剤・防かび剤などのことを言います。直訳すると、ポストとは「後」ハーベストは「収穫」を意味します。日本で一年間に消費される小麦の量は、約630万トン(2009年度)で、世界でも有数の小麦消費国です。小麦消費量のうち、国内産小麦はおよそ15%で、残り85%は外国産小麦です。ポストハーベスト農薬は国内小麦には使用されていませんが、外国産小麦には使用されています。ですから、530万トン余りの外国産小麦にポストハーベスト農薬が使用されていることになります。
 ところで、ポストハーベスト農薬は、日本では収穫後の作物に使用することは禁止されており、米国内でも消毒用には毒性の強い農薬は使用が許されていません。しかし輸出用の外国産小麦には使用が許されています。これはまさに、アメリカから日本へ輸出するからこそ行われる行為なのです>
<国内産の小麦粉はまたコストが高いために、ラーメンに使用されるほとんどの中華めんが外国産の小麦粉を使用しているのが現状です。さらに、農薬や殺虫剤が直接付いている一番粉は色が悪いため、かん水で色を黄色に着色して分かりにくくし、中華めんの加工用に回されるようです。
 ということは、輸入小麦を使ったラーメンを食べる時が一番農薬が体内に吸収されるのが分かります。その次に危険なのは、学校給食用のパン用小麦粉、それについで市販の食パン用の小麦粉の順で農薬が多く含まれています。(中略)パンに使われている小麦粉は、99%が輸入小麦だということです>


 ラーメンには、もっとも毒性の強い部分が使用されており、つぎに毒性が強いのが学校給食用のパン! 子供のころから給食のパンを食べ、うどんやラーメンを食べ続ければ、肥満となります。

 その肥満が、非常に厳しいタイプのがんを呼び寄せることが、医学的に確認されたわけです。

「ちくてつのブログ」からでした。

=======================================


by hanahanak2 | 2019-02-22 19:13 | 抗微生物薬使用患者さん。 | Comments(0)