人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心房細動

鎌田實医師、心房細動の治療で入院 絶対安静のベッドで考えたこと  
7/19(月) 11:05配信 NEWSポストセブン
 身動きがとれない患者になってみて、初めて知り、感じられることがある。心房細動の治療で入院した、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、「生」や「死」について思いを巡らせた時間を振り返った。

 * * *
「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。保険に入っていれば金を残す」と言ったのは吉行淳之介。ぼくはロクに保険も入っていないから、大した金も残せないな、とふと思った。

 6月上旬、心臓のカテーテルアブレーションという治療のため、4日間入院した。「生」や「死」について思いを巡らす時間はたくさんあった。

 数年前から心房細動の発作が起こっていた。心房細動は不整脈の一つ。2010年のデータでは、日本の心房細動の患者は約80万人。今は100万人近くいるのではないかと推測されている。一生の間に3人に1人が心房細動を経験すると言われている。

 ぼくの場合、突然、動悸が速くなり、それが2時間ほど続く。とても気持ちが悪いが、慣れればこんなものか、とも思う。イラクの難民キャンプに診察に行く途中、トランジットのイスタンブールで、発作性心房細動に見舞われたこともある。機内で眠れなかったことや疲労、ストレスなどが関係していたようだ。

ぼくの背中を押した主治医の言葉
 心房細動でいちばん注意しなければいけないのは、脳梗塞のリスクが高まることだ。心房細動が起こると心房に血液が溜まって血栓ができ、それが心臓から流されて脳に行くと、血管を詰まらせる。

 2004年、長嶋茂雄さんは、おそらくこの心房細動から脳の左側の広範囲の梗塞を起こし、右不全麻痺と失語症を起こした。80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんも、サッカー日本代表のオシム監督も心房細動から脳梗塞になりかかったが、後遺症は残らずに済んだといわれる。

 諏訪中央病院の循環器医と相談し、不整脈を抑える薬や血栓をできにくくする薬をしばらく飲んでいたが、ついにカテーテルアブレーションをすすめられた。

「これからも、日本中だけでなく世界中飛び回るためには、心房細動を抑える治療をしておきましょう」

「最後までピンピン生きる」を目指しているぼくは、その言葉で、治療を決意した。

 中略
人生という旅をゆっくりと楽しむ
 退院して1週間後、以前から予定が入っていた山形での講演も無事に終えることができた。オンラインでラジオに出演したり、取材を受けたり、少しずつ日常が戻って来ている。

帝政ローマの哲学者ルキウス・セネカは「人の一生は死への旅に過ぎない」と言っている。 今はその旅をできるだけ楽しく、ゆっくりと歩んでいきたい。 退院早々、来シーズンのため、ニューモデルのスキー板を予約したのは、その決意でもある。

【プロフィール】
鎌田實(かまた・みのる)/1948年生まれ。 東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。 現在同名誉院長。 チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。 著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。
※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

心房細動。
私が病歴に注意しているからか、結構、頻繁に聞くような感じです。
原因として私なりに思うのは、やはり、過剰糖質摂取+蛋白質・脂質不足、です。
糖尿病治療通院されてもHbA1c:7%前後の方は可哀そうです。
HbA1c:5. 2%+過剰糖質摂取+蛋白質・脂質不足+カロリー不足の方もありました。
「スーパー糖質制限」を勧めるのですが、聞き入れていただいた患者さんは、現在の所、無です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限」続けています。
21時血糖値:102mg/dl
学会は信用できません。
バランス栄養食と称する過剰糖質食を奨励して糖尿病治療薬使用の診療を推し進めています。
血糖値を正常化すると死亡率が上がってしまったので、正常化しない診療を選択したのが現在のガイドラインです。
なんか馬鹿にされているようですよ。
血糖値を上げない食事をすれば糖尿病にならない、また、血糖値の正常化も得られます。
殆ど全ての病気の予防・治療に高い確率で寄与出来ると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

by hanahanak2 | 2021-07-21 21:37 | 糖質制限 | Comments(0)