急性中耳炎・副鼻腔炎はウイルス感染症です。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

1歳7ヶ月児。
「咳・痰・鼻汁」にて受診されました。
a0082724_21295380.jpg
3歳未満の乳幼児では特に診察時には、耳→鼻→のど、と順に観察していく癖になっています。
鼓膜は内陥・浮腫状で、繰り返す急性中耳炎と思われます。
小児科では中耳炎の診断はされていません。
耳鼻咽喉科へは受診したことないとの事。
大量水様性鼻汁。やや粘性気味でもありました。
機嫌は良好です。
末梢血液白血球数:15,700/μl H
白血球3分類 リンパ球数   4,300/μl H
       単核球数    1,300/μl H
       顆粒球数    10,100/μl H

時々見受ける白血球数1.3万超えの典型的なウイルス感染症パターンです。
決め手は、リンパ球数4,300です。

よって、モンテルカスト細粒+メプチンドライシロップを選択しました。

それから、ヘモグロビン(Hgb):11.9g/dl。

最後に、
①急性中耳炎・副鼻腔炎はウイルス感染症ですから、抗微生物薬は不要です。
②貧血傾向もありますので、体力増強の為に糖質制限を要請しました。健康には、正しい栄養摂取をお願いしました。

=========================================

a0082724_22284962.jpg
「B-スポット療法」です。
数年前に当記事の耳鼻咽喉科のホームページを拝見したことがあります。
当時のご自身の評価として「有効かどうかは微妙」というニュアンスを記述されていました。
患者さんのご希望があれば実施する。
勧めて納得してもらった患者さんには実施している。
というような感じでした。
患者さんは「何かにすがりたい」「簡単な方法で治して欲しい」という気持ちで希望・納得してその治療を受けると思います。

当院では、基本的な健康管理として、あらゆる病気にたいしての予防・治療・支持療法として、
糖質制限を勧めています。
糖質制限というのは、ご自分のかなりな努力を要する食事療法ですから、
患者さんの抵抗は半端ではありません。
そこを手を変え品を変え、指導しているのが現状です。

=========================================


[PR]

by hanahanak2 | 2018-08-15 22:50 | 白血球 | Comments(0)