急性中耳炎・副鼻腔炎はウイルス感染症です。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

6歳の患者さん。
「右耳痛」にて受診されました。
現在、フロモックスという第3世代セフェム系抗菌薬を服用していました。
「経口三世代セフェムへの決別」検索お願いします。
a0082724_21585279.jpg
右鼓膜は自壊、耳漏を呈していました。
左鼓膜には損傷なし。
やはり、粘膿性鼻汁は大量です。
末梢血液白血球数:11,900/μl H
白血球3分類 リンパ球数  4,200/μl H
       単核球数   1,100/μl H
       顆粒球数   6,600/μl

典型的なウイルス感染症パターンです。

投薬は、モンテルカスト細粒+メプチンドライシロップ、を選択しました。

そして、
ヘモグロビン(Hgb):12.8g/dl。

やはり、
①ウイルス感染症に抗微生物薬を使わない、もらわない。
②糖質制限

子ども達の健全な成長に欠かせません。

=========================================



[PR]

by hanahanak2 | 2018-08-12 22:15 | 白血球 | Comments(0)