1週間後

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬投与に関係なく、改善増悪を繰り返すのが特徴です。
ウイルス感染症だからです。

8月3日に書き込みした患者さん。
ウイルス性急性副鼻腔炎と診断し、抗菌薬無しで診療を開始しました。

1週間後、
a0082724_21385522.jpg

見事に、中鼻道の大量膿性鼻汁は消失していました。
末梢血液白血球数 9,100/μl
咳痰、嗅覚・味覚障害、咽頭痛、微熱等も軽快していくと思います。
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス
フルティフォームエアゾール
の、続行を指示しました。

血糖管理状況です。
1週間前、HbA1c:6.3%でした。
今回は、
16時血糖値:157mg/dl。
希少糖甘味料を使ったゴーヤチャンプルーとすき焼き。
トマト。
ご飯は30g。
「レアシュガースウィート」は、希少糖15%で、ブドウ糖・果糖85%とホームページでの記載がありました。
砂糖・みりんの代用にはなりません。
ご飯と共に、血糖値を上げたと思いました。

徐々に学習していけば良いと思います。

ご自分の健康は、人任せでは獲得出来ません。
人任せでは、クスリクスリ診療が何処までも続く事になります。
自分自身の少しの努力で得られるのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:94mg/dl。

================================================

a0082724_22162073.jpg

糖尿病治療薬では、糖尿病をコントロール出来ないと思います。
必ず、糖質制限を基本線にすべきです。
血糖を上げる食事を摂り、血糖を下げるクスリを使うのは、可笑しいです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-08-08 22:21 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)