耳鳴

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及

最近、めまい・難聴・耳鳴等の耳鼻咽喉科疾患にも、
糖質制限の応用を始めています。

2012年5月16日に書き込みした40歳代前半の患者さん。
今回は、「1年来続く両側耳鳴」での来院でした。
BMI:31.2。肥満です。
血圧:107/77mmHg。高くないのに降圧剤内服中。
HbA1c:5.1%。インスリン分泌は良好です。糖質の処理能力は良好です。

鼓膜外耳道には著変なし。
オージオグラム。
a0082724_21441583.jpg

なんと、両側約35dB前後の聴力損失でした。
通常、40歳代の方には考えられない事です。
以前から、健康診断では難聴の指摘を受けていたそうです。

治療方針はズバリ、糖質制限です。
血糖を上げる大量糖質摂取は止めましょう。
追加インスリンを極少量で済ます、糖質制限を実行して下さい。

もう一つの問題点。
右中鼻道のポリープ。
今年、同じ医療機関で修正手術を受けたとの事
a0082724_21445872.jpg

素晴らしい出来映えでした。
喘息発作は起こさなくなったそうです。

糖質制限、1日1食からでも始めて下さいと、言うたものでした。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:99。

===========================================

a0082724_2145442.jpg

肥満は、社会格差の反映ではない。
そうです。
「健康的な食事」「低栄養食品」
意味不明。
炭水化物摂取増
これがポイントなんです。
脂質摂取量増加。
それがどうなる?

玉虫色の記事でした。

=================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-08-05 21:57 | 難聴 | Comments(0)