アデノイド切除術後治癒した滲出性中耳炎

四国徳島からです。

現在25歳の患者さん。
当院初診は1歳6ヶ月でした。
中耳炎が治らないためでした。
当時は急性中耳炎を繰り返す度に抗菌薬(抗生物質)を使っていました。
鼓膜切開もしてました。
治らなかったです。

4歳8ヶ月の時、紹介なしで基幹病院受診し、口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除術を受けました。
それでも中耳炎は治りません。
15歳の状態ですが、
a0082724_11533898.jpg

右は上鼓室に癒着あるも治癒状態でした。
右には貯留液が依然認められました。
アデノイドの高度肥大が目立ちます。
再増殖かどうかは分かりません。
市内の先生にお願いしてアデノイド切除やっていただきました。
a0082724_11575728.jpg

アデノイドの大きな塊がなくなっているのがお分かりと思います。
以後、急速に治りました。
20歳でした。
反省することの多い患者さんでした。
もっと早い段階でファイバースコープ検査を行うべきなんです。

中耳炎の経過観察には、鼻腔・副鼻腔・咽頭の観察が欠かせません。
[PR]

by hanahanak2 | 2010-09-29 12:09 | 滲出性中耳炎 | Comments(0)