術後2か月

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

2018/11/26に書き込みした患者さん。
2018/11/26、左内視鏡下副鼻腔手術、実施。
重点部位は、前頭洞と上顎洞です。

2019/01/04、

a0082724_21530837.jpg
前頭洞への交通路が狭いですが現れてきました。
上顎洞は良好に推移しています。
蝶形洞も開放されています。

本日、咳と声がれで来院されました。
a0082724_22030620.jpg
前頭洞への交通路きれいに完成されました。
一部ポリープ様変化は、これから消退していくと想定しています。
末梢血液白血球数:9,600/µl
白血球3分類 リンパ球数  4,000/µl H
       単核球数    800/µl
       顆粒球数   4,800/µl
典型的なウイルス感染症パターンです。
インフルエンザのパターンではありません。
症状もインフルエンザとは考えられません。
薬剤選択としては、
モンテルカスト錠+アドエアディスカス、
としました。

当患者さんは、FreeStyleリブレを1年以上断続的に装着し、血糖管理に努力されています。
食後60分血糖値:140mg/dl以下を目指しています。
誘惑が多く、四苦八苦されている様子が結果に表れています。

==========================================



# by hanahanak2 | 2019-01-21 22:18 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

クラバモックスを5日間服用していました。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

3歳児。
左耳痛にて受診されました。
1週間前に左急性中耳炎と診断され、抗微生物薬:クラバモックスを5日間服用していました。
それで通院終わっていました。
何か????

そして本日、再び、左耳痛来し当院受診されました。
a0082724_21334463.jpg

左急性中耳炎の診断は容易です。

それで、抗微生物薬の使用をどうするかは、「白血球数とその分類」検査で判定します。
急性中耳炎・副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症であることを念頭に実施します。
末梢血液白血球数:11,200/µl H
白血球3分類 リンパ球数  5,500/µl H
       単核球数    800/µl
       顆粒球数   4,900/µl

予定通り、ウイルス感染症パターンです。

薬剤選択は、
モンテルカスト細粒+メプチンドライシロップ。

そして、ヘモグロビン(Hgb):11.8g/dl。
貧血傾向を示しています。

アドバイス
①ウイルス感染症に抗微生物薬は使わない。
②栄養状態の改善に、糖質制限実行を要請しました。

==========================================

NHK NEWS WEB
製薬会社から医師への資金提供を透明化 データベース公開
2019年1月15日 15時30分

製薬会社から医師に講演料や原稿執筆料として資金提供されることが多くありますが、医師が受け取った金額を検索できるデータベースが15日、公開されました。アメリカやドイツでも同様の取り組みが行われていて、作成したNGOは「情報を透明化することで、医師が金銭の提供を受けた製薬会社を優遇することはないかチェックできるようにしたい」と話しています。

ウェブ上で公開されたのは「マネーデータベース『製薬会社と医師』」です。

医師が参加するNPO法人「医療ガバナンス研究所」と調査報道を行っているNGOの「ワセダクロニクル」が作成しました。

医師の名前を入力すると、製薬会社から講演料や原稿執筆料などとして資金提供を受けた金額を確認できます。

大手の製薬会社などでは、こうした資金提供をした場合、ホームページに掲載していますが、全体像を把握できるようにと平成28年度の情報を取りまとめ、データベース化したということです。

データベースづくりの過程でNGOが確認したところ、講演料や原稿執筆料など医師個人に支払われた総額は平成28年度の1年間で266億円に上り、1000万円以上受け取った医師は96人いて、多くが大学教授だったということです。

製薬会社が医師にこうした資金提供を行うことは法律的には問題はありませんが、アメリカやドイツでも資金の流れを透明化するデータベースが公開されています。

このデータベースでは、その後の資金の流れについても更新していく予定で、作成に当たった『ワセダクロニクル』では「医療機関で処方される薬は本当に最良なのか、情報を透明化することで、医師が金銭の提供を受けた製薬会社を優遇することがないかチェックできるようにしたい」としています。


例え資金提供受けても、
最終的には患者さんの為の行動をしてもらいたいです。

=======================================


# by hanahanak2 | 2019-01-20 22:02 | 急性中耳炎 | Comments(0)

スマートウォッチで血圧測定。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

昨日に引き続きスマートウオッチで血圧測定しました。
76歳の患者さん。
体温37.2度の為、インフルエンザの検査をと受診されました。
昨日ご家族の方が当院でインフルエンザA型の診断しました。
結果は陰性でした。

血圧測定です。
1回目手首自動血圧計:152/77mmHg。
2回目スマートウォッチ:118/79mmHg。
3回目手首自動血圧計:153/80mmHg。
4回目スマートウォッチ:119/72mmHg。
家庭血圧は、最大血圧は130~140mmHgとのことでした。

私も測ってみました。
入浴後の21時半ごろです。
スマートウォッチ:121/80mmHg。
1回目手首自動血圧計:106/52mmHg。
2回目手首自動血圧計:105/53mmHg。

装着中のスマートウォッチでの血圧測定は、
最大血圧は120前後、最小血圧は80前後、ばかりの測定値になっているようです。

信用することは止めにしました。
製品により、信頼できるものがあれば、購入を検討することにしました。

=================================





# by hanahanak2 | 2019-01-18 22:06 | インフルエンザ | Comments(0)

スマートウォッチで血圧測定。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

当院スタッフがスマートウォッチを使っていましたので借りて、
何を狙ったかというと、血圧です。
接触で測定できるのですね。
時代は進んでいるんですね。

今日です。
122/81 08:50
117/78 10:00
119/79 11:00
120/80 12:00
120/80 15:00 脈拍:71
118/79 16:00
117/78 17:00
120/80 18:00 脈拍:83
123/81 21:30
手首での自動血圧計とほぼ同じ数値でした。

スタッフのデータをいただきました。
データはスマートフォンに保存できるそうです。
a0082724_21511200.jpg
10分毎に送信されるそうです。
図は省略しての数値です。
健康人は、変動が少ないです。

81歳の降圧剤内服中(内科で)の患者さんで試してみました。
119/70mmHg
14時血糖値:147mg/dl。昼食:ご飯+味噌汁+コロッケ
初診時、私が手首自動血圧計で測りました。
1回目:150/89
2回目:129/70

私の印象。
家庭血圧計との認可は受けておりませんが、正確性に問題はないようです。
脈拍数とか歩数も分かります。

患者さんで測定して比べてみようと思います。

近い内に、血糖値も、接触で測れるようになるんでしょうね。
血圧も、どういう時に変動するのか把握することが大事です。

==========================================


# by hanahanak2 | 2019-01-17 22:12 | 生活習慣病 | Comments(0)

検診で、声帯ポリープがありますと指摘された。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

アラフィフの患者さん。
12月に職場の定期検診を受け、
内視鏡検査で左声帯ポリープを指摘され当院受診されました。
逆流性食道炎も指摘されていました。
その画像、
a0082724_18133065.jpg
左声帯の後端部に隆起物。
そして逆流性食道炎の画像。

当院で確認しました。
昨日です。
a0082724_18171543.jpg
左声帯の隆起物は消失していました。
左への鼻中隔湾曲あり、粘膜のビラン・痂疲・出血が目立ちます。
ノドは普通の広さです。

2004/10/17には、
a0082724_21110475.jpg
右声帯後端と左声帯中央部に隆起物、という具合に神出鬼没でした。

ある時、「喉頭肉芽腫」の講演会があり、これだったのかと納得しました。
治療は、エーザイのPPI製剤「パリエット」で著効を示します。他の製剤では効果なし、と言うていました。
その講演会の後援はエーザイでした。

試しに使ってみましたが、手応えは、有耶無耶になりました。

最近は、糖質制限つながりで、逆流性食道炎には、PPIでなく糖質制限をお勧めしています。
ここ徳島の地で糖質制限を言うても糠に釘状態です。

当患者さんにも実行要請しましたが、何の反応もありません。
ただ、「イビキが大きく2階まで聴こえる」とのことでした。

今度は、1、2年後の来院になると思います。
お元気で過ごされんことを祈るばかりです。

======================================


# by hanahanak2 | 2019-01-16 21:27 | ポリープ | Comments(0)

毎年、急性蓄膿症を起こしています。

四国徳島からです。
「抗微生物薬適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

30歳代の患者さん。
年末より「ひどい鼻風邪」に罹り「左耳が詰まった感じ」になり正月早々受診されました。
a0082724_21260807.jpg
左への鼻中隔湾曲は猛烈です。
大量膿性鼻汁は両側ともにひどいです。
ノドは狭いです。
左滲出性中耳炎へ移行しています。
末梢血液白血球数:14,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数  4,900/µl H
       単核球数   1,200/µl H
       顆粒球数   8,700/µl H

典型的なウイルス感染症パターンです。
投薬は、
モンテルカスト錠+メプチンドライシロップを選択しました。

1週間後、
a0082724_21390078.jpg
鼻汁は改善傾向を示しています。
患者さんは、「鼻が臭い」と申しています。
左耳は、「治った」との事です。
末梢血液白血球数:13,200/µl H
白血球3分類 リンパ球数  6,100/µl H
       単核球数    900/µl H
       顆粒球数   6,200/µl

白血球数:減少。リンパ球数:増加。顆粒球数:減少
これは、ウイルス感染症が経過良好に推移しているという事です
咳も改善したので、モンテルカスト錠を続けてもらいました。

毎年の猛烈な急性副鼻腔炎は辛いものがあります。
解決には、鼻中隔手術+内視鏡下副鼻腔手術が最適とは思いますが・・・・・・・。
あと、
ノドが狭い、過体重気味もあります。
糖質制限は欠かせません。

================================



# by hanahanak2 | 2019-01-15 22:41 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

解熱後、咳が続きます。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

20歳代の患者さん。
正月にインフルエンザ発症、
タミフルを5日間服用、
しかし、解熱後咳が出現、咳止め・痰切を服用するも改善しないと来院されました。
a0082724_22084747.jpg
左への鼻中隔湾曲症。
左中鼻道に大量粘膿性鼻汁。
咽頭後壁に薄く白苔。

末梢血液白血球数:8,700/µl。

ウイルス感染症と診断。
インフルエンザでは、「白血球とその分類」検査は、ほとんどの場合、ほとんど正常範囲です。
解熱後の鼻汁や咳が激しくても、たいていウイルス感染症です。
インフルエンザウイルスが活動しているか否かを確認した事はありません。

こういう場合、
モンテルカスト錠+アドエアディスカス等のステロイド+気管支拡張剤の配合剤を使います。
一日一日確実に改善が得られます。

当患者さんは肥満傾向です。
鼻中隔湾曲症もあり、イビキが必発です。
従って、糖質制限をお勧めしました。
所が、同伴の母さんが、
「私、HbA1c:8.2の糖尿病です」との事でした。
アラフィフですよ。
ご家族での実行をおねがいしました。

=======================================



# by hanahanak2 | 2019-01-14 22:28 | インフルエンザ | Comments(0)

翌日

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

昨日、書き込みした患者さん。
翌日(今日)、アルゴダーム糸くくりの抜去に来られました。
a0082724_15433166.jpg
見事、血管の突出は消失していました。
モンテルカスト錠内服をお願いしました。
血圧:143/78mmHg。
10時血糖値:222mg/dl。朝食:ご飯+豚汁

過剰糖質摂取のまま。
次のイベントが待っていると思うのですが。

内服薬判明。
①ジャヌビア
②メトホルミン
③バイアスピリン
④ファモチジン
⑤アトルバスタチン
⑥アムロジピン
⑦テオフィリン
⑧カルボシステイン
バイアスピリンは必要です。
その他は要らんと思うのですが・・・・

自分だったら、
必要な薬のみ服用する。
治療・予防・支持療法として「スーパー糖質制限」実行する。

人生、明るい方向へ進むと思いますよ。

===========================================




# by hanahanak2 | 2019-01-12 17:01 | 鼻出血 | Comments(0)

血糖コントロール、まるでダメ。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

2016年12月5日に書き込みした鼻出血の患者さん。
再び、左鼻出血にて来院されました。
a0082724_21541628.jpg
左鼻中隔前部に血管の突出を認めました。
中鼻道・嗅裂に血液の流れはありません。
治療は、
局所麻酔下、超音波凝固装置(ソノサージ)で突出部をすくうように凝固しました。
通常は、それでタンポンなしで帰ってもらうのですが、バイアスピリン内服中でしたので、アルゴダーム糸くくりを留置しました。

血圧:146/81mmHg。
17時血糖値:254mg/dl。
HbA1c:7.1%

末梢血液白血球数:11,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数  3,600/µl H
       単核球数    900/µl H
       顆粒球数   7,300/µl H

訴えは有りませんがウイルス感染症パターンでした。

掛かりつけ医より、
メトホルミン・ジャヌビアの投薬あるも、ほぼ効いておりません。
受診の度に、糖質制限を説明指導しているのですが、実行できておりません。
70歳代前半で、お仕事もされており、通院も内服もきちんとされております。
クスリに頼り切っているのでしょうね。

当院の投薬は、モンテルカスト錠を選択しました。

近いうちに地雷を踏んでしまいそうな患者さんでした。

================================

 

# by hanahanak2 | 2019-01-11 22:18 | 鼻出血 | Comments(0)

好酸球性副鼻腔炎、疑っています。


四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗微生物薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の指導。

現在59歳の患者さん。
初診は2002年6月、両耳漏と耳鳴にて来られました。
ステロイド外用薬
アデホス・パントシン・ユベラニコチネート内服薬
で、開始しました。
聴力は、両側高音漸傾型。
数日後、
「ハイシカイ咳」との事で、
シングレア錠。
抗微生物薬・痰切・咳止め・抗ヒスタミン薬の使用なく、振り返っても納得の処方です。
2003年8月には、
左頬部痛の訴え、
a0082724_21134976.jpg
これは10月の状態です。
両側中鼻道にポリープを認めました。
左上顎洞穿刺・洗浄を繰り返していましたが、洗浄で治るはずはないと考え、
鼻茸切除術に切り替えました。
これも正しい判断ではありませんでした。
何度か実施するも中途半端、

2008年、内視鏡下副鼻腔手術を日帰り局所麻酔下に行いましたが、デブリッダーなしでの手術ではポリープを取りつくすことは出来ませんでした。
そこで通院中断になりました。

2018年10月、10年ぶりの来院でした。
主訴は、「右鼻閉」
a0082724_21255917.jpg
右への鼻中隔湾曲症を認めます。
問題のポリープが、あちこちに残っていました。
特に、前頭窩~前頭洞にポリープが残っています。
a0082724_21311293.jpg
ノドが狭い。
外耳道皮膚炎がそのまま治っていません。

a0082724_21321519.jpg
CTでもポリープを認めます。

2018年11月に、
左内視鏡下副鼻腔手術→内視鏡下鼻中隔手術→右内視鏡下鼻中隔、
日帰り局所麻酔下にて行いました。

12月下旬、
a0082724_21353821.jpg
前頭洞への通路作成には成功しています。
最重要課題はクリア出来た模様。
ポリープ発生は術後反応と思います。
しかし、
ニカワ状の鼻汁が心配です。
難治性皮膚炎もあり、好酸球性副鼻腔炎の疑いが出てきました。
結果がどうであれ経過観察です。
投薬は、終始、モンテルカスト錠、です。

2019年新年、
a0082724_21403647.jpg

右鼻腔は広くなり、右鼻閉は解消していました。
ニカワ状の鼻汁も減少傾向でした。
あとは、想像以上のポリープ変化がどこまで鎮静化するか見ていきます。

現在、内視鏡下副鼻腔手術で最も拘っている前頭洞開放は良い状態です。

難問の難治性外耳道皮膚炎ですが、
3原則である
①プロペト塗布
②湯シャン
③糖質制限

そして、もっと難問は、
難聴・耳鳴です。
糖質制限実行で悪化を防ぎます。治すのは無理です。

糖質制限は術創治癒の追い風にもなるのです。

=====================================

【産業医が診る働き方改革】<22>「職業がん」に注意を
2018年09月03日 11時00分

 金属部品の製造工場での出来事です。一連の作業に、金属部品を強アルカリ性の溶液に漬けて洗浄するという工程がありました。もちろん従業員は保護手袋をしていますが、有機溶剤用の手袋を使っていました。

 すぐに手袋の素材を確認したところ、酸やアルカリへの使用は推奨されていません。工場では有機溶剤を使う工程もあるので、おそらく手袋の素材をよく確認せず、そのままアルカリ洗浄作業にも使っていたのでしょう。私は、アルカリ洗浄作業には、耐アルカリ性がある素材の保護手袋を使用するよう指導しました。

 化学物質を取り扱う作業で適切な保護手袋を使うことは、皮膚障害を防ぐためだけではありません。2015年、福井市の化学工場で従業員のぼうこうがんの集団発症が発覚。その後の調査で、原因となる化学物質は手の皮膚から体内に吸収された可能性が判明しています。

 このように、仕事中に体内に侵入した化学物質が原因で発症するがんを「職業がん」と呼びます。これまでの職業がんの報告事例では、原因物質にさらされる経路は吸入によるものが大半でしたが、福井市のぼうこうがんのケースは皮膚を通して吸収されたと考えられています。これを受けて、労働者に健康障害を引き起こす可能性が高い「特定化学物質」の中でも、皮膚から吸収されることで健康に影響を及ぼす恐れが大きい物質を取り扱う場合、保護具の着用が義務づけられるなど規制が強化されました。

 手袋やマスクなどの保護具を適切に使うだけで、化学物質が体内へ侵入するリスクを下げることができます。しかし、実際の作業現場では、不適切な素材の保護具を使っていたり、「面倒くさい」「細かな作業がやりにくい」などの理由で着用を徹底していなかったりする問題が、今でもあるようです。

 仕事で化学物質を取り扱っている皆さん。作業時に保護手袋をきちんと使っていますか。扱っている化学物質に対して適切な素材のものでしょうか。もう一度、初心に帰って確認してみてはいかがでしょうか。
 (上野晋=産業医大教授)
=2018/08/27付 西日本新聞朝刊=


納得です。
皮膚から体内へ入ってアレルギー疾患を作っている面もあるのです。
花粉症・アレルギー性鼻炎・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・喘息 等。
予防の為に、スキンケアを正しく行う事が推奨されています。

=================================




# by hanahanak2 | 2019-01-10 22:16 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)