人気ブログランキング | 話題のタグを見る

外耳道だけでなく鼓膜にも及んでいます。

06/11に書き込みした患者さん。
さすがにこの猛暑では、ご自分では通院出来なくなり娘さんに送迎を頼んでいました。
初診から2か月、
外耳道だけでなく鼓膜にも及んでいます。_a0082724_16012983.jpg
左外耳道から鼓膜にかけて厚い痂疲がビッシリと敷き詰められてしまいます。
非常に厄介です。
外耳道だけでなく鼓膜にも及んでいます。_a0082724_16035198.jpg
痂疲を全て除去し⇒プロペト塗布⇒「ハイドロコロイド包帯アドバンス」で鼓膜と外耳道をカバーします。
この作業を、1~2週間毎に繰り返す予定ですが、患者さんの体力との戦いになります。

やはり、病気は予防が重要だと思い知らされます。
耳は、「耳かき習慣」は絶対ダメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限」続けています。
10時血糖値:102mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外耳道だけでなく鼓膜にも及んでいます。_a0082724_16493113.jpg
外耳道だけでなく鼓膜にも及んでいます。_a0082724_16501011.jpg
高額医薬品の宣伝です。
薬価だけで3割負担の場合、毎月約48,000円です。
減額できる制度もありますが、毎月の負担は大きいです。
副作用にも注意が必要です。
なので、
当院では、やはり、「スーパー糖質制限」を勧めています。
毎月の負担増は、5千円から1万円になるはずです。
あらゆる疾患で医療費の減額・消失が可能となります。
健康な時分から始めるのがベストではあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


# by hanahanak2 | 2021-08-02 18:04 | 難治性皮膚炎 | Comments(0)

主訴は、後鼻漏。

2021/06/21、書き込みした70歳代の患者さん。
7月の体調。
血圧:150/79mmHg
11時半血糖値:143mg/dl。
HbA1c:6.5%
赤血球数:334万
7月下旬、日帰り局所麻酔下にて右内視鏡下副鼻腔手術を実施。
鎮静剤、なし。
タンポンは、メロセル・アルゴダーム糸くくり・人差し指大の綿花糸くくりを使用しています。
翌日メロセルを残して全て抜去しています。
これで手術側の鼻呼吸が可能になります。
術後の抗菌薬は、L-ケフレックス500mg細粒1gの内服のみです。
主訴は、後鼻漏。_a0082724_20545959.jpg
タンポン抜去後の術創です。
中鼻道にメロセル1個残っています。
嗅裂に小さいメロセル2個残っています。
100%の出来ではありませんが後鼻漏の改善には寄与できると思います。
検査値不良の割に、手術は非常に円滑に進みました。

次回は鼻中隔手術を予定していますが、猛暑の中、患者さんのご意向で決めたいと思います。

口うるさく糖質制限を言うのですが、
手術当日の昼食:キツネ寿司3個、でした。
お願いしていた食事は、ゆで卵1個+チーズ1個、でしたよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限」続けています。
本日14時半血糖値:107mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主訴は、後鼻漏。_a0082724_21255186.jpg
主訴は、後鼻漏。_a0082724_21264397.jpg
笹生優花選手、すごい事になっています。
努力が報われたんですね。
注目するのは、「好きな食べ物:肉」です。
人間に最も必要なのは「動物性蛋白質・脂質」です。
オリンピックでもご活躍お祈りしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



# by hanahanak2 | 2021-07-31 21:35 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

初診から20年、残念な結果。

現在、60歳代の患者さん。
「家族からイビキを言われた」「自分のイビキで目が覚める事がある」等で受診されました。
ファイバースコープ検査、終夜睡眠ポリグラフィー(簡易型)を実施。
無呼吸低呼吸指数:13.4。
睡眠時無呼吸症候群との診断にはなります。
側臥位での睡眠で解消される程度です。
そして、糖質制限で、ノドが広くなり、舌根沈下も軽減します。
鼻道の状態は良好です。

もう一つの確認したいことがありました。
1999年の急性感音難聴です。
突発性難聴?メニエール病?
初診から20年、残念な結果。_a0082724_21221218.jpg
右の聴力を確認したく聴力検査しました
左は20年前と大きな変化はありません。
左は初診から1か月後に、なんとか改善したのですが、
数年後再発し近医で治療するも回復芳しくなく治療終了したそうです。
「難聴・耳鳴」が残り、右聴力を頼りに生活していますとの事でした。
当院での糖質制限指導は2012年10月からです。
ステロイド使用の有無に関わらず、糖質制限をやるかやらないかが問題と思います。

あらゆる病気・症状に対して、糖質制限を加味した診療は、私たちの健康生活に大きく寄与してくれるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限」2012年10月より続けています。
21時半血糖値:109mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


# by hanahanak2 | 2021-07-28 21:41 | メニエール病 | Comments(0)

繰り返す急性中耳炎でも抗菌薬は使いません。

現在、5歳時です。
今回、右耳痛と膿性鼻汁で受診されました。
2018/11/09、書き込みした患者さんです。
繰り返す急性中耳炎でも抗菌薬は使いません。_a0082724_21275957.jpg
右急性中耳炎、
左滲出性中耳炎。
鼻は、急性副鼻腔炎です。
末梢血液白血球数:5,600/μl。
ウイルス性急性中耳炎・副鼻腔炎は、明らかです。
薬剤は、モンテルカスト細粒+メプチンドライシロップを選択しました。
ウイルス感染症に抗菌薬は不必要です。

1か月後、
繰り返す急性中耳炎でも抗菌薬は使いません。_a0082724_21322122.jpg
治癒状態達成です。
2018年の初診以来、初めての治癒状態達成です。
風邪症状時にも再発しない体力が出来ているかの確認作業に移ります。
折に触れて、糖質制限をお勧めしていますが実行の気配はありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
繰り返す急性中耳炎でも抗菌薬は使いません。_a0082724_21555455.jpg
バトミントンの桃田賢斗選手の食事です。
間食も含めて全ての食を専属管理栄養士の方々が管理しているそうです。
どう見ても、過剰糖質摂取+蛋白質・脂質不足+カロリー不足の印象です。
ガンバレ、桃田選手!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

# by hanahanak2 | 2021-07-27 22:03 | 急性中耳炎 | Comments(0)

難治性外耳道皮膚炎が問題です。

30歳代の患者さん。
右耳痛・難聴で受診されました。
難治性外耳道皮膚炎が問題です。_a0082724_20451483.jpg
長年の耳かき習慣の爪の跡が・・・・・・・
右外耳道は狭くなっています。
右急性中耳炎による「耳痛・難聴」です。
鼻腔前半部の粘膜ビラン・出血あり、急性副鼻腔炎も想定されます。
末梢血液白血球数:9,800/μl。
ウイルス性急性中耳炎・副鼻腔炎という事になります。
投薬は、モンテルカスト錠。
経過観察予定しました。

問題は、耳かきで荒れ果てた外耳道です。
最近は、プロペト塗布+「ハイドロコロイド包帯アドバンス」留置で成果が出つつありますので試行しました。
毎週の交換を繰り返したいと思います。
「ハイドロコロイド包帯アドバンス」外耳道留置すると、耳かきが困難になる事で、外耳道皮膚の正常化を促進すると思います。

また、BMI:30超えの肥満です。
「スーパー糖質制限」の実行は欠かせません。
肥満の原因は「過剰糖質摂取」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

難治性外耳道皮膚炎が問題です。_a0082724_21445916.jpg
日本耳鼻咽喉科学会会報 令和3年7月20日発行からの情報です。
「小児急性中耳炎診療ガイドライン」では、一貫して、小児急性中耳炎の起炎微生物は細菌であるとの強固な前提の基に成立しています。
現在、感染症を考えるに起炎微生物としてウイルスを第一にすべき時代です。
「白血球数とその分類」検査をやってみて下さい。
あらゆる小児急性中耳炎の起炎微生物はウイルスだと分かるはずです。
ウイルス感染症に、これでもか抗菌薬診療は、虐待ではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


# by hanahanak2 | 2021-07-26 21:57 | 難治性皮膚炎 | Comments(0)