人気ブログランキング |

3年ぶりの急性中耳炎。

現在10歳5か月児。
2017/01/31、書き込みした患者さん。

2017/02/14、左急性中耳炎再発しましたが1か月で治癒状態に至り、
その後、平穏に経過していました。

2020/03/22、右耳痛で受診。
右鼓膜は飴色を呈しており、滲出性中耳炎の状態、
左には著変なし。
投薬は、モンテルカストチュアブル錠、のみ。
何時の受診もウイルス感染症には抗菌薬は使いません。

2020/03/24、
左耳痛で来院。
3年ぶりの急性中耳炎。_a0082724_17162668.jpg

右急性中耳炎は上鼓室を残して治癒状態。
左鼓膜は中等度膨隆。
左鈎状突起の腫れと右粘性鼻汁を認めます。
ウイルス感染症には抗菌薬を使いません。

いつも言うことは、
糖質制限実行です。

=====================================

# by hanahanak2 | 2020-03-26 18:06 | 急性中耳炎 | Comments(0)

一網打尽は困難です。

2012/04/24、書き込みの患者さんです。
今月、猛烈な鼻閉に耐えられなくなり受診されました。
一網打尽は困難です。_a0082724_17015423.jpg

ポリープで鼻道は閉塞状態です。
モンテルカスト錠+フルチカゾンプロピオン酸点鼻液を使っていただく事にしましたが、
ポリープの完全摘出が必要です。
中途半端では、取っても取っても再発して来ます。
好酸球性副鼻腔炎の疑いが強いです。

ここで障害になるのが長年の糖尿病です。
計測すると、
17時血糖値130mg/dl。間食なし。
HbA1c:6.9%
2010年某日14時半血糖値:420mg/dlでした。
現在は多少改善しているかも知れません。
投薬状況は2か所の医療機関で、内服・注射が、12種。
そのうち糖尿病薬は、
①ランタスXR注
②トルリシティ皮下注
③シュアポスト。
思うに、「スーパー糖質制限」実行すると不要なクスリばかりです。
言いました。
①スーパー糖質制限を実行する。
②ランタスは半量にする。
③シュアポストは直ちに止める。

出来れば、糖質制限を軌道に乗せて、ポリープ手術に掛かりませんかと説明しました。
もう一つの重大疾患があり日常生活に支障を来していますが、これもスーパー糖質制限で改善が見込めますので、
糖質制限をお勧めしました。
現在の食事は、主食半量にしてカロリー制限食をやっておられます。

離乳食から始まる過剰糖質摂取は怖い世界を作っています。

=============================================

# by hanahanak2 | 2020-03-25 19:54 | ポリープ | Comments(0)

左中鼻甲介・下鼻甲介超音波凝固、1週間後。

2018/12/21、書き込みした重症アレルギー性鼻炎患者さん。
その後も鼻閉にが続くも手術は怖いので近所の耳鼻咽喉科で投薬を受けていました。
2020/03/13に当院受診。
点鼻薬が急に効かなくなったとの事。
「怖いけど手術したい」との事。
左中鼻甲介・下鼻甲介超音波凝固、1週間後。_a0082724_16363670.jpg

使用していた点鼻薬は血管収縮剤含有のものと思います。
効果が不十分になっています。
粘性の鼻汁が多くなっています。
特に右。
右頬部痛の訴えもありました。
ウイルス性急性副鼻腔炎もきたしています。
投薬は、モンテルカスト錠+フルチカゾンプロピオン酸点鼻液だけです。

2020/03/16、
局所麻酔下左中鼻甲介・下鼻甲介超音波凝固術、実施。
怖い怖いと言っていたに関わらず普通に出来ました。
2020/03/21、
左中鼻甲介・下鼻甲介超音波凝固、1週間後。_a0082724_16454574.jpg

左は大量の柔らかい痂疲で状態把握は出来ません。
これで順調なんです。
経過と共に術後の中鼻甲介・下鼻甲介が現れてくるはずです。
右への鼻中隔湾曲が目立ちますが経過により考えます。
右の急性副鼻腔炎は峠を越しています。

大手術ではありませんが、日常生活改善には大きく寄与すると思います。

====================================



# by hanahanak2 | 2020-03-23 21:23 | 超音波凝固切除 | Comments(0)

当院の抗菌薬使用基準は、顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

40歳代の患者さん。
2、3日前よりの咽頭痛にて受診されました。
当院の抗菌薬使用基準は、顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。_a0082724_21225404.jpg

咽頭扁桃(咽頭後壁)の腫脹と分泌物の付着を認めます。
その他、
左への鼻中隔突出、
ノドの狭窄、
外耳道に耳かきの習慣を伺われます。

末梢血液白血球数:14,800/µl H
白血球3分類 リンパ球数   2,700/µl
       単核球数    1,000/µl H
       顆粒球数    11,100/µl H

細菌感染症パターンです。
よって、投薬は、
①アモキシシリン250㎎4カプセル(朝・昼・夕・就寝時服用)+ビオフェルミンR
②モンテルカスト
1週間の確実な服用をお願いしました。

そして、
11時朝欠食血糖値:162mg/dl。
危険な数値です。
肥満傾向も気掛かりです。
健康診断の結果持参をお願いしました。

糖質制限の説明もしました。

==============================

# by hanahanak2 | 2020-03-20 22:09 | 抗菌薬(抗生物質)使用患者さん | Comments(0)

食後4時間半で採血しました。

現在「スーパー糖質制限」8年目を経過しています。

昨年7月特定健診結果。
HDL-コレステロール:102mg/dl
中性脂肪:120mg/dl。
LDL-コレステロール:217mg/dl。

中性脂肪値に不満でした。
昼食後直ぐ掛かりつけ医療機関である林内科へ駆けつけ採血していただいたのが原因?と思いながらズルズル月日が過ぎていきました。

今月、自分で採血しました。
食後4時間半での採血です。
HDL-コレステロール:99mg/dl。
中性脂肪:49mg/dl。
LDL-コレステロール:292mg/dl。

納得の中性脂肪値です。
中性脂肪/HDL-コレステロール(49/99)=0.49。
1.33以下がベストと言われておるそうで納得の数値です。

糖質制限情報を整理してみると、
中性脂肪は50前後
HDL-コレステロールは100前後
LDL-コレステロールは高値になっても危険ではない、むしろ低過ぎるのが危険ではという意見に納得しています。

食費を強く節約している方(カロリー不足)は、LDL-コレステロールが100以下の場合が多いように思います。
LDL-コレステロールについて、低い程、心血管疾患イベントは少なくなるという意見には賛成出来ません。

==================================


# by hanahanak2 | 2020-03-19 22:53 | 糖質制限 | Comments(0)

ウイルス性の風邪に抗菌薬は使わない、もらわないで欲しいです。

40歳代の患者さん。1か月以上にわたり「咳」が治らないと受診されました。
鼻閉・鼻汁あるも口腔・咽頭の視診では著変なし。
末梢血液白血球数:8,100/µl
ウイルス性の難治性の咳ですので、
モンテルカスト錠+レルベア200エリプタ、を選択しました。

おくすり手帳を拝見しますと、
2月上旬、
セフジトレンピボキシル 経口第3世代セフェム系抗生物質ですので、どういう場合でも使うべきではないと思います。
カルボシステイン 当院では使っていません。
フスコデ配合錠。 強力な咳止めは痰の喀出を阻害いたします。便秘でパニックになりますよ。
2月下旬、次の医療機関で、
フルティフォームエアゾール ステロイド吸入剤はウイルス性の咳に有用と思います。
フスコデ配合錠 これまた症状軽快させることは困難と思います。
3月上旬、次の医療機関で、
カルボシステイン
メジコン 弱い作用の咳止め。咳止めは使わないのが良いと思います。
ビブラマイシン 抗菌薬使用はウイルス感染症に使いません。
リン酸コデイン散 これも強力な咳止めです。
酸化マグネシウム 便秘薬。コデインは無茶便秘を起こします。
フェキソフェナジン 抗ヒスタミン薬は痰を粘らせます。使いたくないです。
レルベア200エリプタ。これは賛成。
プランルカスト錠 ロイコトリエン拮抗薬ですので良いと思います。
折角、適当な薬剤処方したに関わらず、治るのを邪魔する薬剤が残念です。
レルベア+プランルカスト(またはモンテルカスト)だけで1~2週間で改善したと思います。

私自身の「睡眠障害を伴う咳風邪」にも同じ理由で、
モンテルカスト錠+ステロイド吸入薬を使います。
現在使用中です。
確実な改善が得られます。

======================================

# by hanahanak2 | 2020-03-17 18:20 | お薬手帳 | Comments(0)

現在10歳

現在10歳の患者さん。
2011/10/20、書き込みした患者さん。
遠方より断続的に通院されています。
当院では現在まで抗菌薬を使う機会はありませんでした。

2018/09/28、8歳、
現在10歳_a0082724_22293554.jpg

右完治が遅れています。
右への鼻中隔湾曲と多量の鼻汁が原因と思われます。
現在も身体は成長を続けています。
最低の薬剤+糖質制限(低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー)食をアドバイスしています。
実行の方は???????

2020/03/09、10歳、
現在10歳_a0082724_22360096.jpg

右鼓膜の透明度がイマイチです。
徐々にゴールに向かっているようですが、糖質制限実行を願っております。

急性中耳炎・副鼻腔炎は身体の成長に伴って治って行くものです。
その成長に大きく関与するのが食事です。
正しい食事を考えて欲しいです。

===================================-

# by hanahanak2 | 2020-03-15 22:47 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性喉頭蓋炎

40歳代の適正体重の患者さん。
1週間前に「38度超え発熱と咽頭痛」で掛かりつけ医を受診、
急性扁桃炎と診断され、ジェニナック200mg2錠/日、朝夕に分割服用するも改善なし。
1週間後、当院受診されました。

急性喉頭蓋炎_a0082724_18122547.jpg

喉頭蓋の腫れが際立ちます。
舌根扁桃・口蓋扁桃に白苔を認めます。
激しい咽頭痛が見えるようです。
末梢血液白血球数:26,700/µl H
白血球3分類 リンパ球数  4,000/µl H
       単核球数   2,300/µl H
       顆粒球数   20,400/µl H
フルオロキノロン系抗菌薬服用1週間で依然猛烈な細菌感染症優位なパターンです。
どうしてか。
①ジェニナックに対して耐性菌化している。フルオロキノロンは耐性化しやすいとはつゆ知らず、発売当初は盛んに使っていましたね。
発売当初は講演会でこれでもかと宣伝でしたね。
②服用方法に問題あり。フルオロキノロンは濃度依存性ですから一日1回服用が適当です。2回服用では血中濃度の上昇が低くなり効果は減じてしまうのです。

そういう事もあり、
①アモキシシリン250㎎4カプセル(4回/日、1カプセル/回)7日間+ビオフェルミンR錠
②モンテルカスト錠。ウイルス感染症対策です。
アモキシシリンは時間依存性で効果を発揮します。
3回/日より4回/日でより効果的です。
しかも、アモキシシリンは、グラム陽性球菌に効果的、狭域抗菌薬の為耐性菌の増加を抑えられる利点があります。
4回/日服用は煩わしいですが猛烈な細菌感染症を克服する為です。

3日後、
急性喉頭蓋炎_a0082724_21393861.jpg

予定通りの改善でした。
服用はあと4日間きっちりとお願いしました。

重症の細菌感染症を発症するのは、余程免疫の低下ではと思います。
新型コロナウイルス肺炎で重症化する患者さんも糖尿病等で免疫の低下が言われています。
だから、皆さんに、糖質制限をお勧めするのです。

例えば、トースト+甘いコーヒーでは食後血糖値スパイクは必発です。
この過剰糖質摂取の是正は全ての方々に必要です。

=============================================

# by hanahanak2 | 2020-03-11 21:35 | 抗菌薬(抗生物質)使用患者さん | Comments(0)

糖質制限でインスリン離脱、内服薬も離脱直前

03/05「ドクター江部の糖尿病徒然日記」から。

米国の 『ダイエット ドクター』というサイトの記事です。

https://www.dietdoctor.com/breaking-news-american-diabetes-association-ceo-manages-her-diabetes-with-a-low-carb-diet
【Diet Doctor

Breaking news: American Diabetes Association CEO manages her diabetes with a low-carb diet

Here’s some highly encouraging news: the influential CEO of the American Diabetes Association (ADA) is on the record as a low-carb eater.

In a recent podcast interview that is setting the low-carb world abuzz, ADA CEO Tracy Brown said she successfully manages her own type 2 diabetes, and has come off all her insulin and three other medications, by mindfully avoiding sugar and carbs.
Commentators are calling it a pivotal “tipping point” and hugely significant milestone in the acceptance for low-carb eating for diabetes. It marks the first time a high-placed ADA official has described personal success with a low-carb diet.

Brown, who took over the helm of the organization in 2018, is the first head of the ADA in its 80-year history to actually have diabetes, which was diagnosed 16 years ago. She says she is on track now to remove the final, fourth medication, by the summer because her blood sugar control is so good.・・・】

【ダイエット ドクター
ニュース速報:米国糖尿病学会のCEOは彼女の糖尿病をローカーボダイエットで管理している。
以下は、非常に心強いニュースです:アメリカ糖尿病学会(ADA)の影響力のあるCEOは、
低炭水化物食者として記録されています。

低炭水化物の世界を騒がせている最近のポッドキャストのインタビューで、
ADA CEOのトレイシー・ブラウンは、自分の2型糖尿病をうまく管理し、
砂糖と炭水化物を慎重に避けることで、彼女のインスリンと他の3つの薬をすべて中止したと述べました。

コメンテーターはそれを極めて重要な「転換点」で、
糖尿病の低炭水化物食の受け入れにおける非常に重要なマイルストーンと称しています。
高位のADA職員が低炭水化物ダイエットで個人的な成功を述べたのは初めてのことです。

2018年に組織の責任者を務めたブラウンは、80年の歴史の中で実際に糖尿病であるADAの最初の責任者であり、
16年前に診断されています。
彼女は、血糖コントロールがとても良いので、夏までに最後の4番目の薬を取り除くために、
今順調であると述べています。・・・】

========================================

# by hanahanak2 | 2020-03-08 22:40 | 糖尿病 | Comments(0)

重症です

30歳代前半の重症アレルギー性鼻炎の患者さん。
通年性アレルギー性鼻炎+スギ花粉症で、内服治療されて、なんとかコントロール出来ていましたが、
1年前より、ビラノア(抗ヒスタミン薬)が効かなくなって、ディレグラ(抗ヒスタミン薬)へ変更するも無効との事で、
当ブログを読み受診されました。
重症です_a0082724_21595131.jpg

下鼻甲介・中鼻甲介は、ポリープ状に肥大・腫脹しています。
鼻中隔も、右へ左へ湾曲しています。
薬物で効果が得られない場合は手術となりますが、
先ずは当院の推奨処方で効果が得られるか診療を始めました。
①モンテルカスト錠
②リノコートパウダースプレー
③アレジオン点眼液
重症・中等症アレルギー性鼻炎には、①②を推奨しています。

経過により、両下鼻甲介凝固+両中鼻甲介切除+鼻中隔矯正術の全てまたは一部をと説明しました。

なお、
10時血糖値:79mg/dl。朝欠食でした。
普段は:食パン+果物蜂蜜を加えたプレーンヨーグルトとの事でした。
大変な過剰糖質摂取の食事です。
健康に良いと信じて摂取している食事が実は最悪なんです。
アレルギー性鼻炎も過剰糖質摂取が関係していると思います。

========================================

# by hanahanak2 | 2020-03-07 22:15 | アレルギー性鼻炎 | Comments(0)