タグ:低血糖 ( 1 ) タグの人気記事

風邪で、クラリス????

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性咽頭炎・扁桃炎の場合には、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす行為と言わざるを得ません。
ある意味では、虐待ですよ。

4歳1カ月児。
左耳痛にて来院されました。
耳痛の訴えは初めてとの事。
a0082724_20203045.jpg
左急性中耳炎です。
急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、軽症~中等症です。
末梢血液白血球数:10,800/μl H
白血球3分類  リンパ球数  3,400/μl H
        単核球数    700/μl
        顆粒球数   6,700/μl
疑いのない、ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎、です。

前日、掛かりつけ医受診し、「風邪」の診断
クラリス 抗菌薬
ミヤB 整腸剤
カルボシステイン 痰切り
アスベリン 咳止め
ザイザル 抗ヒスタミン薬
モンテルカスト細粒 気管支喘息・アレルギー性鼻炎治療薬
ツロブテロールテープ 気管支拡張薬
と、大量の投薬を受けておりました。
「風邪」で抗菌薬を含めた多くの投薬は?????

それで、
抗菌薬・抗ヒスタミン薬・咳止めについて説明し、
結局、
モンテルカスト細粒とツロブテロールテープのみの使用続行をお願いしました。

それと、
ヘモグロビン:11.7g/dl
低値です。
動物性たんぱく・脂肪をたくさん摂取できる糖質制限をお勧めしました。

クスリは最小限、
食事は糖質制限、
元気に成長するはずです。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:94mg/dl。

============================================

重症低血糖で搬送、年2万件…薬の誤使用原因か
8/10(木) 16:30配信 読売新聞(ヨミドクター)
■学会が調査、推計
 薬で治療中に血糖値が下がりすぎる糖尿病患者の「重症低血糖」で、年間の救急搬送数が約2万件に上る可能性があることが、日本糖尿病学会による初の実態調査で分かった。同学会は、高齢などで低血糖を起こしやすい患者の重症化予防に力を入れる。
 重症低血糖は、けいれんや意識消失などを引き起こす。認知症や心臓病、脳梗塞(こうそく)の発症リスクを高め、命にかかわる危険な状態だ。高齢者は、冷や汗やふるえなどの低血糖症状が出にくく、本人も気付かないまま重症化することがある。
 学会は2015年7月、糖尿病の診療体制が充実した631施設にアンケートを送付。救急部がある149施設の回答を分析したところ、14年4月から15年3月までの1年間の救急搬送数は、1施設当たり4962件で、このうち重症低血糖は0.34%、17件だった。これを全国の救急搬送件数に当てはめるなどして、国内全体で年間約2万件と推計した。
 調査結果をまとめた兵庫医科大学病院の難波光義院長は「重症低血糖の原因として、インスリンを注射で補充するタイミングや使用量の誤り、薬の飲み間違いなどが多い。高齢などで発症リスクが高い患者には、服薬指導に加え、生活面も含めた指導を行う必要がある」と話している。

糖質制限をきちんと行えば、
2型糖尿病にインスリンは不要です。
内服薬も不要です。
「スーパー糖質制限」では高血糖は無くなります。
低血糖も起こりません。

学会の食事指導は、患者さんを不幸に導く指導です。
患者さん自身で正しい情報を掴まないとジリ貧の人生になりますよ。

=============================================




[PR]

by hanahanak2 | 2017-08-11 20:53 | 急性中耳炎 | Comments(0)