3カ月児

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす医療と言わざるを得ません。

3カ月児。
哺乳時に苦しそうにするとの事で受診されました。

習慣として、鼓膜観察から始めます。
a0082724_21322535.jpg
左鼓膜の膨隆、軽度、
鼓室内貯留液、満杯状態ではないですが認めます。
鼻汁、少々です。
末梢血液白血球数:10,700/μl H
白血球3分類 リンパ球数  6,400/μl H
       単核球数   1,000/μl H
       顆粒球数   3,300/μl
当院抗菌薬使用基準で、ウイルス感染症は確実です。

ウイルス性急性中耳炎、と診断しました。

そして、
ヘモグロビン(Hgb):10.4g/dl
貧血です。
母乳が頼りの食生活です。
母乳の質が問題????

私の思いつく指導は、
お母さんの糖質制限です。
ご家族にいつも言うていますが、改めて、「低糖質・高たんぱく・高脂肪・高カロリー」食を要請しました。
母さんの糖質制限食が薬です。

日本の乳幼児の貧血は、かなり深刻なんですね。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:102mg/dl。

===========================================

<窃盗>元女子マラソン代表を追いつめた「摂食障害」
毎日新聞社 2017年11月8日 18時15分 (2017年11月8日 18時45分 更新)
 「あの時の自分に『だめだよ』と言い聞かせ、やり直したい」。窃盗罪に問われた女性は涙声で言った。栃木県内の小売店で7月、化粧品などを盗んだとして起訴された世界陸上女子マラソンの元日本代表、原裕美子被告(35)の公判が宇都宮地裁足利支部であった。一流の女性アスリートを何が被告席へ追い詰めたのか。【中川聡子、坂根真理/生活報道部、野田樹/宇都宮支局】
 ◇窃盗は典型的症状
 原被告は2005年名古屋国際女子マラソンで優勝し、同年のヘルシンキ世界陸上で6位に入賞した一流ランナー。13年に実業団を辞めたが、現役時代から摂食障害に苦しんできた。
 厚労省研究班の調査では、摂食障害で治療を受けている患者数は推計約2万5500人で、その9割が女性。大半は若年で発症する。栄養不足による判断力の低下や過食衝動、依存癖などを背景に万引きを繰り返すのは摂食障害の典型的症状とされ、窃盗症(クレプトマニア)の女性の大半が摂食障害を抱えるとの研究もある。
 原被告は痩せた体を黒いパンツスーツに包み入廷。尋問に涙ぐみながらもはっきり答えた。摂食障害が始まったのは、実業団チームで厳しい体重制限を受けていた2000年以降と示唆。過食とおう吐を繰り返す症状で、万引き行為も現役時代からしていたことを認めた。引退後もストレスを感じると「食べ吐き」で解消していた。通院していたが、親族に「恥をさらすな」と言われ、やめていたという。
 事件当時の心境は「防犯カメラが視界に入り店員とも目が合ったが(私生活の悩みや万引きの衝動から)解放されたいと思った」。…
今は専門病院の閉鎖病棟で作業療法などに取り組んでいるという
 ◇体重維持の必要な種目は要注意
 日本摂食障害学会理事の鈴木真理・政策研究大学院大教授は、摂食障害の患者の万引きについて「無防備に盗むのが特徴。盗んだ記憶がなかったり衝動的だったりというケースが多い。金銭を所持している事例も少なくない。長距離走や体操、フィギュアスケートなど体形や体重を維持する必要がある種目は危険性が高い」と指摘する。
 近年、女性アスリートの食事制限や減量指導の危険性に注目が集まっている。
 米スポーツ医学会は07年、エネルギー不足・無月経・疲労骨折を「女性アスリートが陥りやすい障害」(Female Athlete Triad、通称FAT)と定義し、警鐘を鳴らした。日本でも問題意識は広がるが、鈴木氏は「コーチやトレーナーには知識のない人が多く、日本のスポーツ界は対策も遅れている」と懸念する。特に長距離走では、過度な体重管理や食事制限を課す指導が今も残り、関係者からも「原被告はあしき指導の被害者。予備軍はたくさんいる」という声が聞かれる。
 ◇体重検査で監督が「このデブ!」
 中学から陸上を始め、高校、大学駅伝でも活躍した西日本在住の女性(32)も、厳しい食事制限に悩まされた。大学時代の指導者の口癖は「やせろ! あまり食べるな」。毎週抜き打ちの体重測定があり、その度に「太りすぎだ、このデブ」とののしられ、腹の肉をつねられた。…
選手間でも「やせなければいいタイムが出ない」というのが暗黙の了解。トンカツの衣は外して食べ、1日の食事は白ご飯1杯だけにとどめた。心配した母親が食べ物を勧めることにもストレスを感じた。
 身長160センチで体重は43キロまで落ちたが、月経は3カ月に1度に。常に貧血に悩まされ、試合中に倒れたこともある。女性は「無月経や月経不順は普通、という認識だった。20歳で初潮が来た選手もいた。当時の仲間は今、不妊治療をしている人ばかり。当時の影響ではないか」と心配する。
 ◇目先の結果優先が選手壊す
 順天堂大スポーツ健康科学部准教授で、同大陸上競技部女子監督の鯉川なつえ氏は「成長期の誤った食習慣で、将来的に体を壊す選手が多く見られる」と危機感を募らせている。15年に大学女子駅伝出場選手314人に調査した結果、72%が食事制限、73%が無月経、46%が疲労骨折を経験していた。高校時代に無月経になり、1年半後に骨折するケースが多かった。一方、8割はFATを知らず、婦人科の受診は3割にとどまった。
 「女はすぐ太る」「太ったら走れないぞ」「ひじきだけ食え」−−。鯉川氏は、中高時代のコーチから日常的に減量プレッシャーをかけられていたという声を陸上部員たちから何度も聞いた。摂取カロリーが低く、無月経の状態で入部してくる選手も多い。本人が食事への恐怖感を抱えている場合も多く、順天堂医院の女性アスリート外来と連携し、食事指導と筋力アップといった基本的な体作りから取り組むという。…
「目先の結果を優先すれば、選手の健康や体作りは二の次になってしまう。そもそも海外では、監督が女性選手の体重を把握すること自体が、セクハラや人権侵害として非難される行為です」と鯉川氏は話す。
 ◇日本は女性の指導者少なすぎる
 海外では選手保護のための制度作りが進む。
 全米大学体育協会(NCAA)では、監督・コーチは選手の体重などのデータを本人の同意なく確認できないと定める。医師やトレーナーが選手の健康状態を管理し、無月経や栄養不足が確認されると練習や試合出場を停止する措置が取られる。1週間の練習時間も上限20時間と決まっている。
 鯉川氏は「日本も、指導の妥当性や選手の状態をチェックする機関や健康管理を大会の出場条件にするなどの改革が必要ではないか」と提案する。
 日本で女性の特徴を踏まえた指導が定着しない背景には、女性コーチが少ないこともあげられる。米ミネソタ大の研究機関の調べでは、大学スポーツの監督は米国では4割が女性だが、日本では2割弱だ。16年リオデジャネイロ五輪でも、日本代表は男女ほぼ同数なのに、監督・コーチで女性の比率は1割台だった。
 順天堂大の鯉川氏は「男性と女性では成長過程や体の特徴、効果的な指導方法が全く違う。女性コーチの積極的な雇用や育成が必要だ」と強調。「摂食障害につながりかねない危険な食事制限を課される中高生ランナーは大勢います」と話し、陸上界の構造的な問題だと示唆している。
    ×    ×
 8日の公判で原被告が摂食障害に苦しみ抜いたこと自体に争いはなかった。中村海山裁判官は「治療してください」と念押し、懲役1年執行猶予3年の判決を言い渡した。

間違った食事指導が大きな不幸を起こしています。
色んな現場で食事指導の大転換が必要です。

=============================================



[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-11 22:02 | 急性中耳炎 | Comments(0)

HbA1c:5.4%

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限をお勧めします。

いつまでも続く症状の方にも、24時間14日間血糖連続測定可能な、グルコースモニタリングシステム、
「FreeStyleリブレ」をお勧めしています。

40歳代の長年続く、「めまい・頭痛・肩こり・イライラ・集中力不足」等でお悩みの患者さん。
HbA1c:5.4%。
アドバイスで「緩い糖質制限」は実行していました。
今回、無理やり「FreeStyleリブレ」をお勧めして装着してもらいました。
a0082724_22050945.jpg
ビックリの低血糖頻発を発見しました。
想定外でした。
食後の血糖上昇は140mg/dl程度に収まっていました。
解決策。
「スーパー糖質制限」です。
実行を強く要請したところ、
徐々に低血糖は少なくなり、
a0082724_22091420.jpg
「スーパー糖質制限」続けていくと、後半4日間は低血糖(70mg/dl以下)は解消していました。
長年の種々の症状もほとんど消失してしまいました。

という分けで、
健康を考えるヒントとして、
「FreeStyleリブレ」装着を強く要請しています。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
現在6年目に突入しています。
8時半血糖値:110mg/dl。

=======================================

a0082724_22250025.jpg
=============================================



[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-09 22:25 | freestyleリブレ | Comments(0)

大量膿性鼻汁。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす医療と言わざるを得ません。

40歳代の患者さん。
1週間前より、「右鼻閉・右鼻汁・鼻声」との事で受診されました。

a0082724_22083439.jpg
①右急性副鼻腔炎。重症。典型的です。
②口蓋垂の肥大あり。以前から「イビキが大きい」とご家族から指摘されています。
③外耳道皮膚炎。以前から泥状を呈すると受診されています。

末梢血液白血球数:11,000/μl H
白血球3分類 リンパ球数  5,800/μl H
       単核球数   1,000/μl H
       顆粒球数   4,200/μl
迷う事無く、ウイルス性急性副鼻腔炎と診断しました。
投薬は、モンテルカスト錠+麻黄附子細辛湯カプセル

9時半血糖値(朝食は欠食):79mg/dl。
FreeStyleLibreの経験から分かります。
食後高血糖+夜間低血糖+食後数時間後低血糖です。

過剰糖質摂取の是正が必要です。

外耳道皮膚炎は定期的なメンテナンスを要します。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:113mg/dl。

==========================================

a0082724_22264473.jpg
技術革新は、物凄いスピードで進んでいるんですね。
皆が恩恵を受けられる値段が重要ポイントです。

============================================




[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-08 22:34 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

血糖値の推移が明らかになりました。

四国徳島からです。

最近、FreeStyleLibreという24時間14日間にわたって血糖値を計測できる機器の利用をお勧めしています。

70歳代の患者さん。
当院のモンテルカスト錠を含め11種類の内服薬の処方があります。
しかし、お元気そうです。
やせ型です。
胃がんの病歴あります。
耳管開放症、改善希望されています。
内科での検査では、
HDL:コレステロール:36mg/dl。極めて低値。
中性脂肪:263mg/dl。高値。
血糖:83mg/dl。
HbA1c:5.6%

食事は、驚きのフルーツ大量摂取、です。
ある日の朝食:キウイ・バナナ・リンゴ・ブドウ・牛乳少々・プレーンヨーグルト。そして食パン少々。

FreeStyleLibreの装着お願いしました。
a0082724_22193449.jpg
①食後高血糖、ほぼ確実に起こっています。
②夜間に70mg/dlまで血糖値が下降しています。
③日中、食後高血糖から下降すると80mg/dlまで下がっています。下がり過ぎです。
④終始、血糖値の推移は変わらず、食生活の改善がなされておりません。

これではいけないのはお分かりです。
改善しようにも、パートナーが料理しており、現在はどうにもならないとの事でした。
当分は、辛抱強く相談しお願いせざるを得ないようです。

パートナーの健康状態も心配です。

耳管開放症の有無に関係なく、糖質制限は必要です。
過剰糖質摂取は次々と病気を起こすだけです。
クスリも、本当は全て要らないと思います。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:103mg/dl。

============================================

a0082724_22432451.jpg
オートファジーを生かすも殺すも食事と思うのですが・・・・・・

===========================================



[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-07 22:45 | freestyleリブレ | Comments(0)

RSウイルスの診断で、直前までオゼックス内服していました。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす医療と言わざるを得ません。

4歳6か月児、左耳痛で来院されました。
a0082724_21451842.jpg
迅速テストにてRSウイルス感染症と診断され、
直前まで、掛かりつけ医で、オゼックス内服していました。
理屈が合わないですよ。

末梢血液白血球数:14,800/μl H
白血球3分類 リンパ球数  7,200/μl H
       単核球数    900/μl H
       顆粒球数   6,700/μl
紛れもない、ウイルス感染症パターンです。
混合感染も考えられないです。

投薬は、
モンテルカスト細粒とメプチンドライシロップ
を、お願いしました。

耐性菌をまき散らす抗菌薬使用は自重して欲しいところです。
その助けになるのが、「白血球数とその分類」検査です。

==========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:104mg/dl。

===========================================

a0082724_22001542.jpg
「おから」以上に、「納豆」がメジャーのようです。
低糖質で高たんぱくです。
上手に利用したいものです。

===============================================



[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-05 22:04 | 急性中耳炎 | Comments(0)

本日の徳島新聞にデビュー

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限をお勧めします。

本日の徳島新聞には驚きました。
「暮らし」面ではありますが、「FreeStyleリブレ」に関する記事が大きく紙面を占拠していました。

a0082724_21052221.jpg
血糖値が気になる方、
精神的な不具合、神経的な不具合のある方、
身体的不調のある方、
是非、
FreeStyleLibre装着をお願いしたいのです。
1回1回の食事によって血糖値がどういうふうに上下するのか、よーーく理解出来ます。
対処の方法は簡単です。
血糖を上げない食事をすれば良いのです。
糖質制限をすれば、
血糖は微々たる上昇で済みます。
糖質制限すれば、
低血糖症状も容易に改善します。
糖尿病治療薬が、ほとんど「裸の王様」状態だと分かるでしょう。
1型糖尿病の方々も、装着により食事の改善を計りやすくなりインスリンを減量し血糖管理が向上します。

つまり、
現在の常識的な食事療法と薬物療法が、いかに不適切なのかが白日の下に晒されてしまいます。

=========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
現在、6年目になります。
8時半血糖値:113mg/dl。

============================================

a0082724_21441763.jpg
がん早期発見が可能な時代は、近いです。
治療も加速度的に進歩しています。
予防が最も遅れています。
禁煙への取り組みは最終段階ですが、
過剰糖質摂取は依然改善されていません。
「FreeStyleLibre」がそのきっかけになる可能性はあります。
内科医の推奨がなければ機能いたしません。

==============================================





[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-04 21:52 | freestyleリブレ | Comments(0)

1か月続く咳。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

風邪症状は大抵ウイルス感染症ですが、
時に細菌感染症も存在しますので、
「白血球数とその分類」検査で判断を仰ぐのです。

20歳代の患者さん。
1か月前より咳が続くとの事で受診されました。
医療機関への受診はありません。
猛烈な受動喫煙環境下でのお仕事との事です。
a0082724_16575275.jpg
異常な後鼻漏はありません。
咽頭後壁・咽頭側索、軽度の腫れを認めます。
披裂軟骨隆起の腫れ、軽度。
気管粘膜の発赤も認めます。
白苔はありません。

末梢血液白血球数:11,300/μl H
白血球3分類 リンパ球数  4,300/μl H
       単核球数    800/μl
       顆粒球数   6,200/μl
リンパ球数4千前後で、当院抗菌薬使用基準範囲内の判定は楽です。
ウイルス性急性咽頭炎・気管支炎、です。
従って、
モンテルカスト錠+フルティフォームエアゾール
の、選択になりました。

思うに、
受動喫煙も許されない社会は当たり前です。
志望者が減ってしまいます。
そして、当患者さんも、過剰糖質摂取を当然の如く続けておられます。
低糖質社会への移行を進めなければと診察の度に思います。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
17時血糖値:94mg/dl。

===========================================

a0082724_17244418.jpg
と、いうことは、農薬に強い昆虫が生き延びる世界が進行しているということですね。
野菜もそうなんでしょうか。
安全な昆虫食の研究供給が求められます。

==============================================



[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-03 17:30 | 白血球 | Comments(0)

通院治療、拒否。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限をお勧めします。

鼓膜炎の書き込みを頻繁にしていますが、
2011年10月15日に書き込みした患者さんが最大級と思われます。

絞断したり。高周波切開したり、鉗除したりを繰り返し、
2015年11月7日、
a0082724_22032435.jpg
左外耳道に大きなポリープ、
鼓膜は全面ビラン。
その頃より左耳の積極的な治療は拒否の姿勢を示されました。
その他の投薬治療には来院されます。

どうしているかというと、耳かきしない、綿棒入れないを徹底されていました。

2017年6月26日、
a0082724_22110165.jpg
大きなポリープはなくなっていました。
しかし、鼓膜全面はビランが残っています。
当日は、急性副鼻腔炎での来院でした。
鼓膜炎の治療にと言いいましたが無視されました。

今回の来院は、インフルエンザ予防接種でした。
鼓膜の観察をお願いしましたが、6月の状態と同じでした。

通院しないのであれば、ご自分でロコイド軟膏を鼓膜にアバウトに置いとく処置はどうですかと提案し処方しました。
次の何かの来院時の観察が楽しみです。

5年前から、糖質制限を勧めていました所、
以前の過体重体形が解消していました。
これは、非常に嬉しい出来事でした。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:114mg/dl。

=============================================

a0082724_22295663.jpg
将来の蛋白源としての昆虫食の開発を進めていく必要があるのです。

==============================================


[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-02 22:34 | 鼓膜炎 | Comments(0)

急性副鼻腔炎+急性咽頭炎

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
しかし、急性咽頭炎が合併すると、しばしばウイルスと細菌の混合感染症を呈してきます。
ここが悩ましい所です。

30歳代の患者さん。
交代制鼻閉が以前より続いているとの事です。
今回は、「鼻水・鼻閉の増悪・少々の咳」で受診されました。
a0082724_21451711.jpg
際立つのは、右への鼻中隔弯曲症です。
大量の粘性鼻汁がノドへ流れています。
よく見ると咽頭後壁に白苔を認めます。

末梢血液白血球数:14,400/μl H
白血球3分類 リンパ球数  3,900/μl H
       単核球数   1,500/μl H
       顆粒球数   9,000/μl H
決め手は、リンパ球数3千以上で4千近くまで増加している点です。

よって、ウイルス性急性副鼻腔炎+急性咽頭炎と判断し、
モンテルカスト錠+麻黄附子細辛湯カプセル
を、選択しました。

当患者さんの最大の問題点は、いつまでも続く鼻閉、です。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:100mg/dl。

=============================================

a0082724_22075948.jpg
外来で血糖値測定を続けていて感じるのは、
お元気な高齢者の方々は、過剰糖質摂取にも関わらず、食後高血糖の程度が軽い事です。
血糖値の変動幅が小さい高齢者の方々が、生活を謳歌出来ると思います。
「FreeStyleLibre」装着で簡単に解明できると思います。

==========================================





[PR]

# by hanahanak2 | 2017-11-01 22:15 | 白血球 | Comments(0)

扁桃周囲炎

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

抗菌薬を使う確率が高くなる耳鼻咽喉科感染症に、扁桃周囲炎・周囲膿瘍があります。

20歳代の患者さん。
1週間前より咽頭痛あるも、前日より「猛烈な左咽頭痛と開口障害」を来し当院受診されました。
a0082724_21415447.jpg
重症アレルギー性鼻炎の疑いありますが、今回は追及しません。
左扁桃周囲炎を認めます。
膿瘍形成はありません。
末梢血液白血球数:15,200/μl H
白血球3分類 リンパ球数   3,700/μl H
       単核球数     900/μl H
       顆粒球数    10,600/μl H
ウイルスと細菌の混合感染パターンと判定しました。
投薬は、
①モンテルカスト錠
L-ケフレックス顆粒+ビオフェルミンR

2日後、
咽頭痛やや軽減しましたが、視診では変化なし。
末梢血液白血球数:10,000/μl H 大幅改善
白血球3分類 リンパ球数  3,800/μl H 不変
       単核球数    900/μl H
       顆粒球数   5,300/μl 大幅改善
「白血球数とその分類」検査での数値が先行して改善しています。

抗菌薬使用にあたって、
セフェム系では、
狭域でかつ組織移行性良好な経口第一世代セフェム系抗菌薬を使うようにしています。
そして、L-ケフレックス顆粒は2回/日の服用になっており、飲み忘れが少なくなる利点があります。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:124mg/dl。

==============================================

a0082724_22152474.jpg
コカ・コーラ、低糖質飲料へと大きな転換を図っております。
人工甘味料では消費者は納得しません。
低糖質社会へと移行する予測は次第に現実味を帯びています。

=============================================-




[PR]

# by hanahanak2 | 2017-10-31 22:21 | 抗菌薬(抗生物質)使用患者さん | Comments(0)