<   2017年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

市川海老蔵さんの糖質制限

デイリー2017/05/15.
海老蔵 めまいで「意識飛び寝た」 糖質制限しすぎか
 歌舞伎俳優の市川海老蔵が15日、糖質制限しすぎによるめまいに襲われたことをブログで明らかにした。
 現在は東京・歌舞伎座で「團菊祭五月大歌舞伎」に出演中。しかし「吉野山おわり しばししたら まっすぐ歩けなくなった笑笑」と、出番を終えた後、足元がふらついたという。「え?なに?よ!と思い経験上、糖質がた、たりない、と思ったまま多分7.8分意識飛び寝た、目覚めてすぐにトレーナーと話して理由はやはり糖質なしお!」と、意識ももうろうとしていた様子だ。
 関係者からは、舞台中はエネルギー源となる糖質をとるよう促されたという。すぐにじゃがいもやにんじんを入れたスープを作り食べたようで「糖質これでオッケーなり!」とまずは一安心していた。
 海老蔵はこの日朝のブログで、最近、感じていた疲労の原因が「愛するものへの心配や不安」だったとつづっていた。がん闘病中の妻・麻央の見舞いや子育てなど、舞台と並行して多忙な毎日を送っている。
海老蔵「卵たべすぎ」と長男・勸玄君が指摘 卵生活20日目に突入

デイリースポーツ 5/25(木) 20:15配信
 こだわりの“卵生活”を続けている歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が25日に更新したブログで、長男・勸玄君(4)から、卵の食べ過ぎを指摘されたことを明かした。
 海老蔵は5月8日のブログで晩ご飯として大量のゆで卵の写真をアップし、晩ご飯にゆで卵を食べる生活が2日目を迎えたことを報告。その後もたびたび“卵晩ご飯”生活をブログで伝えていた。
 この日は「晩御飯パパは卵たべすぎだよねー」と題してブログを投稿。ゆで卵8個の写真をアップするとともに、「カンカンが パパ卵食べすぎだよね~ と言いながら遊んどる。そうなの20日目!」と卵生活が20日目に突入したことを報告。「変わってるね、、笑笑」と自らにツッコミを入れていた。
 海老蔵は、舞台公演中は「基本25日間だいたい一緒なんです」(16年5月19日付けのブログより)と毎日同じメニューを食べているという。理由については「体調安定っす笑」とつづっている

正しい糖質制限の指導を受けながらの実行が望ましいです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
21時半血糖値:95mg/dl。

===============================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-27 22:13 | 糖質制限 | Comments(0)

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、ウイルス感染症です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は、耐性菌をまき散らす極めて危険な行為です。

5歳5か月児。
両側耳痛にて受診されました。
a0082724_21355441.jpg
急性中耳炎・急性副鼻腔炎、です。
重症です。
来院時には耳痛も軽減し元気元気です。
末梢血液白血球数:10,500/μl H。
ヘモグロビン(Hgb):12.9g/dl。

ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎、です。
投薬は、
モンテルカスト細粒
メプチンドライシロップ
を選択しました。

基本方針は、
抗菌薬は使わない。
糖質制限を要請です。

1週間後、
a0082724_21425075.jpg
鼓膜の膨隆はほぼ軽減し、一部貯留液の排出が始まっています。
大量粘膿性鼻汁も一見解消したかに見えます。
咳は無くなったので、モンテルカスト細粒を続けてもらいます。

基礎体力作りが重要となります。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
21時半血糖値:95mg/dl。

==========================================

デイリー2017/05/15.
海老蔵 めまいで「意識飛び寝た」 糖質制限しすぎか
 歌舞伎俳優の市川海老蔵が15日、糖質制限しすぎによるめまいに襲われたことをブログで明らかにした。
 現在は東京・歌舞伎座で「團菊祭五月大歌舞伎」に出演中。しかし「吉野山おわり しばししたら まっすぐ歩けなくなった笑笑」と、出番を終えた後、足元がふらついたという。「え?なに?よ!と思い経験上、糖質がた、たりない、と思ったまま多分7.8分意識飛び寝た、目覚めてすぐにトレーナーと話して理由はやはり糖質なしお!」と、意識ももうろうとしていた様子だ。
 関係者からは、舞台中はエネルギー源となる糖質をとるよう促されたという。すぐにじゃがいもやにんじんを入れたスープを作り食べたようで「糖質これでオッケーなり!」とまずは一安心していた。
 海老蔵はこの日朝のブログで、最近、感じていた疲労の原因が「愛するものへの心配や不安」だったとつづっていた。がん闘病中の妻・麻央の見舞いや子育てなど、舞台と並行して多忙な毎日を送っている。
海老蔵「卵たべすぎ」と長男・勸玄君が指摘 卵生活20日目に突入

デイリースポーツ 5/25(木) 20:15配信
 こだわりの“卵生活”を続けている歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が25日に更新したブログで、長男・勸玄君(4)から、卵の食べ過ぎを指摘されたことを明かした。
 海老蔵は5月8日のブログで晩ご飯として大量のゆで卵の写真をアップし、晩ご飯にゆで卵を食べる生活が2日目を迎えたことを報告。その後もたびたび“卵晩ご飯”生活をブログで伝えていた。
 この日は「晩御飯パパは卵たべすぎだよねー」と題してブログを投稿。ゆで卵8個の写真をアップするとともに、「カンカンが パパ卵食べすぎだよね~ と言いながら遊んどる。そうなの20日目!」と卵生活が20日目に突入したことを報告。「変わってるね、、笑笑」と自らにツッコミを入れていた。
 海老蔵は、舞台公演中は「基本25日間だいたい一緒なんです」(16年5月19日付けのブログより)と毎日同じメニューを食べているという。理由については「体調安定っす笑」とつづっている。

==========================================================
違和感アリアリ。
糖質制限していて、何か不調が起こるとその原因は糖質制限になり、
大量糖質摂取生活で、体調不良時にはその食事には言及しない。
それは摩訶不思議な判断です。
糖質制限の実行時には、正しく指導していただける医療関係者のサポートをお願いしたいです。

================================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-27 22:06 | 急性中耳炎 | Comments(0)

レセプト審査機能強化

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手
2017/5/1 古川 湧=日経メディカル

 2020年までの3年間で、国内の抗菌薬の使用量が大きく減少しそうだ。保険者のレセプト審査を強化することで、不適切な抗菌薬処方を削減する案が浮上しているからだ。「現在、多くの保険者は被保険者がどのような抗菌薬の処方を受けているかあまり関心がない。保険者の意識を変えることで、明らかに不適切な抗菌薬処方をはじく仕組みを整える必要があるのではないか」。厚生労働相の塩崎恭久氏は、4月8日に行われた日本感染症学会と日本化学療法学会の合同学会で、こう話した(関連記事)。
 「不適切な処方の線引きは医師の先生方が決めるべき」としつつも、塩崎氏がレセプト審査に言及してまで抗菌薬の使用量を減らそうとする背景には、薬剤耐性(AMR)に対する国際的な危機感の高まりがある。2014年12月に報告されたイギリスのJim O'Neillレポートは、このまま何も対策を取らなかった場合、2050年にはAMRを獲得した病原体によって世界中で1000万人が死亡し、100兆ドルの経済的損失が発生すると試算している(関連記事)。
 このレポートをきっかけに、2015年5月に開かれたWHO総会では、国際的に初めてAMR対策の議論が交わされた。総会では、全ての参加国が2年以内に国家行動計画(アクションプラン)を定め、実行に移すことになった。ところが2年以内とされてはいたものの、5カ月後の10月にG7ベルリン保健大臣会合が行われたとき、「G7の中でアクションプランを作っていなかったのは日本だけだった」と塩崎氏は振り返る。「伊勢志摩サミットで安倍総理に恥をかかせるわけにはいかないと、大車輪で作ることになった」と同氏は当時の日本の後れを取っていた状況を説明した。
 欧米諸国に追い付く形で、日本政府は2016年4月にAMR対策アクションプランを決定(関連記事)。翌5月に三重県で行われた伊勢志摩サミットでも、世界経済、移民問題、テロ対策などと並ぶ形でAMR対策が取り上げられた(関連記事)。
日常診療に直結する取り組みも
 AMR対策は着々と進められているが、話のスケールが世界規模ということもあり、どこか縁遠い話に感じてしまう読者の方も多いのではないだろうか。しかし、日本が進めるアクションプランには、現場の臨床医にも影響のある取り組みが存在する。「抗微生物薬適正使用の推進」だ。
 日本における抗菌薬の使用状況に関しては、2009年から2013年までの処方販売量を基にした研究が発表されている1)。それによると、人口1000人当たりの抗菌薬の使用量は国際的に見ても多くないとされる。しかしセファロスポリン系、フルオロキノロン系、マクロライド系の経口抗菌薬に限ると日本は世界第2位の使用量となっており、塩崎氏は「特にこれらの使用割合を減らさなくてはならない」と講演で話した。
 上記3種を含む経口抗菌薬の処方を適正化するため、厚労省は今年3月に「抗微生物薬適正使用の手引き」の第一版案を公開した(関連記事)。「手引き」第一版では、急性気道感染症(感冒、急性副鼻腔炎、急性咽頭炎、急性気管支炎)と急性下痢症(サルモネラ腸炎、カンピロバクター腸炎、腸管出血性大腸菌腸炎)に焦点を当て、投与を行わないことを推奨するケースを疾患ごとにまとめている。尿路感染症など他の疾患については第二版以降に取り入れる予定になっている。
 ちなみに「手引き」では、抗菌薬が適正使用されていな状況を「不必要使用」と「不適切使用」に大別している。不必要使用とは抗菌薬が必要でない病態に抗菌薬が使用されている状況を指し、また不適切使用とは抗菌薬が投与されるべき病態であるが、その状況における抗菌薬の選択、使用量、使用期間が標準的な治療から逸脱した状態を指している。
 しかし、講演で塩崎氏は「手引きやガイドラインを出すことはもちろん重要だが、それだけで本当に変わるのか」と話し、不必要・不適切な抗菌薬処方をめぐって、一方的に改善を促すだけでは医師の行動が変わらない可能性を指摘した。そして、冒頭のレセプト審査機能を強化する案に言及した。
 AMR対策アクションプランは2020年まで実行される予定で、WHOは各国の抗菌薬の削減状況を確認し、2020年時点でのアクションプランの達成度を公表する。日本はG7の中でAMR対策が遅れていたという事情もあり、抗菌薬の使用量削減が強く迫られる見通しだ。日経メディカルでは、臨床にどのような影響があるのか、今後も「抗微生物薬適正使用の推進」についてお伝えしていく。
■参考文献
1)Muraki Y,et al. Infection.2013;41:415-23.


レセプト審査機能強化は診療側にとっては診療行為の委縮につながります。
正しい線引きでの対処をお願いしたいものです。
不思議に思うのは、ドル箱でなくなった抗菌薬の使用削減に努力しているに関わらず、
抗菌薬以外の製薬企業のドル箱領域には触れないことです。
新薬登場で病気が増えるという不可解なことも起こっています。

==============================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-26 22:25 | 抗菌薬適正使用 | Comments(0)

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、ウイルス感染症です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす行為となります。

現在3歳5か月児。
2015年4月11日、「耳垢が詰まっている」との事で受診されました。
除去しますと、
a0082724_21434317.jpg
ガイドラインのいう重症急性中耳炎です。
急性副鼻腔炎もあります。
「白血球数とその分類」検査をせず、経験的にウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎と断定して、
モンテルカスト細粒。
メプチンドライシロップ
を、投薬しました。

その後、改善しましたが治癒状態達成は出来ず、
7月5日
「大量粘膿性鼻汁と咳」が激しくなり、
a0082724_21503962.jpg
またしても重症急性中耳炎。
「耳痛」の様子はありません。
末梢血液白血球数:11,000/μl
ヘモグロビン:10.5g/dl。
ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎ですから
モンテルカスト細粒
メプチンドライシロップ
を続行しました。
途中、他の医療機関でいただいた、オゼックスとかセフゾンとかの抗菌薬を阻止しながら経過をみました。

結局、9月に治癒状態達成して現在に至っています。
今回受診時には、急性副鼻腔炎での大量粘膿性鼻汁はありますが、急性中耳炎は認めません。

耐性菌で死なないためには「抗菌薬適正使用」が欠かせません。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:111mg/dl。

=============================================

熱中症搬送患者、昨年の1.7倍 先週、真夏並み暑さで
朝日新聞デジタル 5/23(火) 11:59配信
 総務省消防庁は23日、今月15日から21日までの1週間に、全国で984人が熱中症で搬送されたとする速報値を発表した。搬送者数は昨年同時期の約1・7倍で、前週1週間分の倍以上。今年初の猛暑日を記録した暑さのため、関東地方などで搬送が急増したとみられる。
 速報値では搬送者のうち20人が重症。また全体の半数近い458人が65歳以上だった。
 気象庁によると、5月中旬以降、高気圧に覆われた影響で北日本から九州にかけて日ごとに気温が上昇し、7~8月並みの暑さになった。21日には群馬県館林市で35・3度となり、今年になって全国初の猛暑日に。全国の187地点で気温が30・0度以上の真夏日となった。
 今後1週間も最高、最低気温はともに全国的に平年より高くなる見込み。
朝日新聞社


高齢者にとって怖い季節が到来しました。
食事が大切です。
糖質制限で乗り切っていただきたいです。
水分補給にも血糖を上げない飲料を選択していただきたいです。

==============================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-25 22:10 | 急性中耳炎 | Comments(0)

軽症です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

夏日・真夏日・猛暑日の季節になり、耳鼻咽喉科で怖いのが、
急性喉頭蓋炎、です。

45歳の患者さん。
4日前に咽頭痛と39度の発熱あり、
以後、解熱するも咽頭痛が治らないと来院されました。
a0082724_17533644.jpg
喉頭蓋の腫脹を認めます。
呼吸困難を来す心配はありません。
上顎洞副孔からの粘性鼻汁の湧出を認めます。
末梢血液白血球数:7,500/μl

ウイルス性急性喉頭蓋炎、です。
投薬は、
モンテルカスト錠
麻黄附子細辛湯カプセル
を、選択しました。

軽症~中等症の急性喉頭蓋炎では、ウイルス感染症である可能性が高い印象です。
明白なウイルス感染症には抗菌薬は使わない、使うべきでないと思います。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:100mg/dl。

================================================

a0082724_21210950.jpg
糖尿病(高血糖)の言葉が出ないですね。
糖質制限の勉強をしていますと、
認知症・難聴・嗅覚障害・味覚障害等も、
高血糖を来す食事からと思えてきます。
糖質制限の情報はたくさん流れております。
膨大な情報量の中から掴んだ方々は是非実行に移していただきたいと思います。

健康生活の基本は、血糖を上げない食事です。

=============================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-24 21:31 | 急性喉頭蓋炎 | Comments(0)

食後高血糖の克服を!

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は、耐性菌をまき散らす行為となり非常に危険です。

58歳の患者さん。
膿性鼻汁で受診されました。
2年ぶりの来院です。
a0082724_21333483.jpg
大量粘膿性鼻汁です。
末梢血液白血球数:7,000/μl
以上、ウイルス性急性副鼻腔炎、です。
投薬は、
モンテルカスト錠。

重要なのは血糖値です。
17時半血糖値:154mg/dl。
HbA1c:6.8%
直前に菓子パンとコーヒー牛乳。
昼食:ご飯・サワラの蒸し物。
内服薬は
ブラバスタチン 高脂血症薬
グリメピリド 糖尿病薬
ボグリボース 糖尿病薬
ロサルタン 高血圧薬
ニフェジピン 高血圧薬
メチクール ビタミンB12

2年前
16時血糖値:102mg/dl。
HbA1c:6.3%
昼食:ご飯・チキンカツの卵とじ。

当時、糖質制限を説明し実行を要請しましたが、再来なくそれっきり。
それで今回。
糖尿病薬の内服はきちんと続けておられるに関わらず、
確実に悪化傾向を示していました。

クスリでの血糖コントロールは不可能であることに気づいて欲しいのです。
糖質制限で簡単に制御できることに納得して欲しいです
健康寿命、5年10年延びますよ。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:86mg/dl。

============================================

【特集】市場規模3400億円! 低糖質ロカボダイエットとは?
毎日放送 5/22(月) 15:22配信
近年はやっているダイエット方法「低糖質ダイエット」。摂取する糖質の量を抑えるというものですが、糖質を制限するための食品がいろいろ登場していて、低糖質市場はいまや3400億円ともいわれています。糖質制限ダイエットとはどんなものか?そして、拡大続ける低糖質市場のいまを取材しました。
毎日放送
炒飯と唐揚げでダイエット?
「堀江エリアにあります、ローカーボキッチン。横には低糖質食専門店とありますよ」(山中真アナウンサー)
やって来たのは、去年9月に大阪で初めてオープンしたロカボ専門レストランです。早速、この店の人気メニューを出してもらいました。
Q.こちらは?
「チキンステーキ炒飯と低糖質唐揚げです」(ローカーボキッチン然 片山仁美店長)
出てきたのは、ダイエットとは程遠いイメージの炒飯と唐揚げです。
Q.普通の炒飯ですよね。ちょっと柔らかいけどパラパラとしていて、おいしいです。唐揚げもいただきます(山中真アナウンサー)
「よければマヨネーズも一緒に」(ローカーボキッチン然 片山仁美店長)
Q.マヨネーズ?(山中真アナウンサー)
「マヨネーズは糖質が低い調味料なんです」(片山仁美店長)
Q.いただきます。ちゃんとサクッと揚げていて中はジューシーで柔らかく、おいしい唐揚げですが…何か違います?」(山中真アナウンサー)
「実は材料が普通と違います」(片山仁美店長)
秘密は…水に溶けにくい食物繊維を粉にしたものにありました。片栗粉の代わりにすることで、唐揚げの糖質は2グラム。そして、炒飯に使っているのは、お米ではなく、こんにゃくを小さく刻んだもの。しっかりと炒めることで、食感はパラパラ、糖質はわずかに1.9グラムだということです。
毎日放送
店長は10キロの減量に成功
Q.これで減量につながる?
「大丈夫です。私自身ももともと太っていて、糖質制限をして10キロ痩せました」(ローカーボキッチン然 片山仁美店長)
Q.女性の10キロはだいぶ大きいですよね…
「体型もぎゅっと引き締まって、もともと3Lサイズだったんですけど」
Q.洋服のサイズですか?
「いまはMサイズです」
糖質ダイエット中だという常連客に話を聞いてみると…?
「僕身長が168センチなんですけど80キロあったんですよ。腹が出過ぎて階段を上がるのがしんどかった。今で72キロです」(低糖質ダイエット中の男性)
「妊娠中に血糖値が上がってしまい炭水化物が取れなかった」(妊娠糖尿病だった女性)
Q.妊娠中になる糖尿病があるんですか?
「はいあります。こういうお店があると助かります」
常識が変わる? ロカボダイエット
では、専門家に正しいロカボダイエットのやり方を聞いてみました。
「一食あたりの糖質量を20~40グラムにします」(ロカボを提唱する 山田悟医師)
山田医師によりますと、減量に適切な糖質量は1食あたり20グラムから40グラム。日本人の一般的なおかずに含まれる糖質は20グラム程度なため、あとは主食を食べないか、量を減らすことで、全体の糖質量を調整するのが望ましいということです。さらにいま、このロカボによって、ダイエットの「カロリーを控えるべき」という常識が変わりつつあるといいます。
「糖質だけを控えて、脂質やたんぱく質、トータルのカロリーはまったく気にしないで食べる。満腹になるまで食べるダイエット法であり血糖値の改善法です」(山田悟医師)
Q.糖質制限ではカロリーを摂取しても良い?
「いいです。それは満腹中枢がその人にとって適正なカロリーを教えてくれるからです」
山田医師によると、糖質の多い米やパンなどは実は食べた後にお腹が空きやすいのに対し、タンパク質や脂質が多いお肉などは満腹感が維持されやすいため、食べ過ぎることがないのだそうです。
毎日放送
続々!低糖質メニュー
そしていま、ロカボビジネスともいうべき、動きが広がっています。うどんチェーン店「つるとんたん」では、糖質を60%カットした「ロカボうどん」を先月に発売。小麦の量を減らして、食物繊維を混ぜ合わせることで、低糖質なうどんを実現しました。
「昼間のサラリーマンの方でも(追加料金の)180円で頼んでいただいて、少しずつ浸透してきている」(つるとんたん琴しょう楼 富岡敦料理長)
また、すき家ではこんにゃく麺を使って、糖質を牛丼の5分の1に抑えた「ロカボ牛麺」を販売。松屋は定食のご飯を湯豆腐に変更できるようにするなど、各社、低糖質メニューを打ち出しています。
毎日放送
拡大を続けるロカボ市場
「驚きはスイーツ。抹茶プリンやカスタードプリン、横にはチーズケーキもあります。スイーツにも低糖質アイテム」(山中真アナウンサー)
コンビニ大手のファミリーマートでは、パーソナルジムの「RIZAP」と共同で低糖質商品を開発。特にスイーツの分野にも力を入れていて、いまやロカボ市場は全体で年間3400億円以上と拡大を続けているのです。
Q.どのくらい売れてる?
「発売当初、半月で300万個売れました」(ファミリーマート 川端正樹マネジャー)
Q.それはすごいこと?
「驚異的です」
Q.糖質を下げると、やっぱり味は損なわれますか?
「ファミリーマートは味も大事にしているので、おいしさにもコミットしている」
Q.今後さらなる展開は?
「まさに来週デザートで新商品が展開されます。さらに6月末にもカテゴリーの幅を広げて展開予定です。まさに開発中です」
毎日放送

===========================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-23 22:06 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

急激な改善

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は、耐性菌をまき散らす行為と言わざるを得ません。

現在2歳5か月児。
3月9日に「耳を痛がっているようす」との事で受診されました。
a0082724_21310508.jpg
左鼓膜に一部膨隆あります。
鼓室内貯留液は部分的です。
急性副鼻腔炎あり、鼻腔後方に大量膿性鼻汁が想定されます。
末梢血液白血球数:10,600/μl H
ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎ですから、
投薬は、
モンテルカスト細粒。
ヘモグロビン11.5g/dl。
貧血傾向です。
朝食:パンと果物ジュース。
緩くても良いから糖質制限をと言いました。
以後小さな波の改善増悪を繰り返し、
4月20日、
a0082724_21373136.jpg
治癒状態達成。

しかし、5月8日、
a0082724_21385284.jpg
完全増悪。
鼓膜膨隆中等度。
投薬に変更なし。

本日、
a0082724_21401989.jpg
急激な改善で、再び治癒状態達成していました。

鼻汁も改善していましたので投薬中止とし、経過観察のみに移行します。

鼻汁の改善が先行し、中耳炎が治癒に向かう印象です。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:92mg/dl。

===========================================

a0082724_21565865.jpg
心療内科へ通院中の患者さんは非常に多いと思います。
お薬手帳を拝見しますと、ホント多くの内服薬が並んでいます。
それで、糖質制限を勧めるのですが、ほぼ100%無視されてしまいます。
どっぷりと内服薬に浸かっております。
現在の状態が良いとは思っておりませんが、もう一歩の努力が出来ないようです。
15分~30分、糖質制限を説明しても返事していただけません。
通院もそれっきりになってしまっています。

=================================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-22 22:08 | 急性中耳炎 | Comments(0)

重症です。細菌感染症でした。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

命に関わる事がある急性喉頭蓋炎を経験しましたので参考にしていただきたいと思います。

当院受診2日前、咽頭痛来し、次第にひどくなり、
1日前近所の内科受診。
咽頭炎?との事で、抗菌薬?点滴療法+抗菌薬?内服+ロキソニン内服。
痛みが強く嚥下困難だったので再受診。
抗菌薬?静脈注射+抗菌薬?追加処方。
当日、改善の気配なく耳鼻咽喉科の当院受診されました。
a0082724_22122016.jpg
喉頭ファイバースコープ検査が必要です。
黄色〇:喉頭蓋の腫脹は高度。喉頭が見えません。呼吸困難の危険が迫っています
末梢血液白血球数:15,800/μl H
白血球3分類 リンパ球数   1,300/μl
       単核球数     900/μl H
       顆粒球数    13,600/μl H
はっきりとした細菌感染症です。

呼吸管理が必要ですので、急いで基幹病院耳鼻咽喉科へ紹介お願い致しました。

耐性菌が巻き散らされている現状があり、抗菌薬が奏功することを祈るものです。

こういう患者さんに遭遇する度に思います。
糖質まみれの食事では抵抗力の低下を来します。
思わぬ体調不良を予防する為にも糖質制限をお願いしたいです。
赤ちゃんから高齢者まで。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:109mg/dl。

=============================================





[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-21 22:26 | 急性喉頭蓋炎 | Comments(0)

アトピー性皮膚炎、合併。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

7歳児。
健診で難聴を指摘され受診されました。
当院での聴力検査では異常なしでした。
外耳道・鼓膜にも著変なし。

気になるのは口が開いている事。
a0082724_21530811.jpg
重症アレルギー性鼻炎、です。
高度鼻閉です。
鼻呼吸は無理です。
後方では、粘性鼻汁が見られます。
将来の慢性副鼻腔炎が心配されます。
そして、肘・膝にアトピー性皮膚炎と思われる皮疹を認めます。

①モンテルカストチュアブル錠
②フルナーゼ点鼻液後発品
③糖質制限
④湿潤療法。
肘の皮疹からでもワセリン塗布+ラップ+サポーターで緩く固定。

診療守備範囲を若干拡大しました。

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:109mg/dl。

=============================================

塩分ツートップは即席麺 「取りすぎ注意」と研究所
臨床 2017年5月19日 (金)配信共同通信社
 国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所は18日までに、日本人の食塩摂取源となっている食品の1位はカップ麺で、2位は袋などに入ったインスタントラーメンだったと発表した。
 同研究所は「食塩の取りすぎが血圧の上昇と関連があることが明らかになっており、注意してほしい」と呼び掛けている。
 厚生労働省の2012年の国民健康・栄養調査のデータを基に、食塩摂取源となっている食品のランキングを作成。1位のカップ麺からはスープを飲み干したと仮定して1日当たり5・5グラムの食塩を取っていた。2位は、インスタントラーメン(5・4グラム)、3位は梅干し(1・8グラム)、4位は高菜の漬物(1・2グラム)、5位はキュウリの漬物(1・2グラム)だった。
 世界保健機関(WHO)は、高血圧や心臓病の予防を目的に、成人の食塩摂取量の目標値を1日当たり5グラム未満とすることを強く勧めている。日本の目標値は、成人男性が同8グラム未満、女性は同7グラム未満となっている。

優先順位で摂りすぎ注意すべきは、糖質、です。
世界保健機関は糖類について1日25グラム以下にしましょうという声明を出しております。
切り込むべきなのは、糖質です。

===========================================




[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-20 22:25 | アレルギー性鼻炎 | Comments(0)

急性副鼻腔炎の改善が遅れます。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬診療は、耐性菌を巻き散らす診療となります。
極力避けたい医療行為です。

5月6日に書き込みした患者さん。
5月6日、
a0082724_22505028.jpg
右急性中耳炎は、治癒状態。
しかし、大量膿性鼻汁は続いています。
5月19日、
a0082724_22525305.jpg
右急性中耳炎は治癒。透明度非常に良好です。
大量膿性鼻汁もはっきりと減少傾向示しています。

つまり、
急性中耳炎は、治りやすいんです。
急性副鼻腔炎は、治りにくい傾向がみられます

何を言いたいかというと、
急性中耳炎診療では、急性副鼻腔炎により重点を置いた診療をしていただきたいのです。

膿性鼻汁が消失するかどうかを注意深く観察すべきと思います。

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:108mg/dl。

==========================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-19 23:02 | 急性中耳炎 | Comments(0)