<   2016年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

主訴は咽頭痛・咳

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。

③糖質制限の提案・普及。

感染症診療では、ウイルス感染症かどうかの鑑別作業を行うべきと思います。

30歳代の患者さん。
咽頭痛と咳により不眠が続いているとの事でした。
鼻閉は以前から続いておりました。

a0082724_21491727.jpg

ビックリの鼻内でした。
①鼻中隔左粘膜はポリープ状に肥大していました。
②両中鼻道と右嗅裂にポリープを認めます。
③両下鼻甲介には手術での変化を認めます。
④咽頭後壁は中等度の腫脹。
⑤声門には、後鼻漏又は咽頭喉頭分泌物の付着を認めます。

末梢血液白血球数 8,000/μl

ウイルス性急性咽頭炎・喉頭炎・気管支炎と診断
投薬は、ロイコトリエン受容体拮抗薬とメプチンドライシロップ。

問題は、鼻腔・副鼻腔です。
鼻中隔矯正術+下鼻甲介手術を受けておられるに関わらず、手術を中断してしまっております。
理由をお聞きしてもはっきりしません。

鼻中隔肥大処理と内視鏡下副鼻腔手術を、いつか、何処かで受けて下さいねと言うに留めました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:95mg/dl。

================================================

Medical Tribune
SGLT2阻害薬の急性腎障害に関する安全性情報
カナダ保健省
薬剤情報 | 2015.10.20 12:55

 カナダ保健省は10月16日,SGLT2阻害薬カナグリフロジンとダパグリフロジンの急性腎障害に関する安全性評価報告書を発表した。

添付文書に急性腎障害を追加

 カナダ保健省によると,今回の安全性評価はカナグリフロジンとダパグリフロジンを販売する企業からの情報提供を受けて行われた。カナダ国内では2014年6月にカナグリフロジン,今年(2015年)1月にダパグリフロジンが販売開始。処方量が徐々に増加している。

 販売開始以降,カナグリフロジン使用患者において2件の急性腎障害が報告されている他,同薬およびダパグリフロジン使用との関連が疑われる腎障害の報告が国内外で集積している。同省はいずれの症例もSGLT2阻害薬使用と急性腎障害リスクの関連を示すエビデンスがあったとの判断を示した。今後,両薬剤の添付文書に急性腎障害に関する情報を追加するとともに周知を行っていく。なお,既に高度な腎機能低下例や透析患者への投与を行わないこと,同薬投与による腎機能低下の報告に関する記載は行われている。

 カナダでは今年8月エンパグリフロジンが発売されているが,添付文書には既に急性腎障害(急性腎不全)に関する記載があるとの理由で安全性情報の対象には含まれなかった。
(坂口 恵)


いきなりの急性腎不全は厳しいですね。
基本的には、SGLT2阻害薬を使って尿にブドウ糖を排出するのなら、糖質制限すれば良いと思います。
糖質制限では腎機能が良くなることもありますよ。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-31 22:22 | ポリープ | Comments(0)

メニエール病

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

「難聴・耳鳴・めまい」にも糖質制限を要請しています。

50歳代の患者さん。
約10日前より、「左難聴・耳閉感・耳鳴・めまい・吐き気」が治らないとの事で受診されました。
当患者さん、同様の症状が毎年2~3回起こるも数日で自然治癒するとの事でした。
今回は自然治癒に至らないので来院されました。

外耳道・鼓膜に著変なし。
聴力検査にて低音部に聴力損失認めました。
くり返す事から「メニエール病」と診断し、
投薬は、イソバイドシロップのみです。
そして、
糖質制限」を要請しました。
11時血糖値:129mg/dl。
HbA1c:5.8%。
200mg/dl前後の食後高血糖が想定される数値です。

食事記録です。
a0082724_2271279.jpg

ブランパンは1個糖質2.3gのローソンのものです。
とりのからあげ、きな粉とか?ですが、素晴らしいメニューでした。

初診日と翌日の聴力検査です。
a0082724_2274017.jpg

はっきりと改善傾向を示していました。
症状も改善傾向でした。

翌日の11時半血糖値:81mg/dl。
お見事でした。

末永く、糖質制限を続けて欲しいものです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:122mg/dl。

================================================

医療ニュース
>「講演でも金銭関係開示を」、医学会が要請
臨床 2013年6月26日 (水)配信池田宏之(m3.com編集部)

 日本医学会は6月24日、製薬企業主催・共催の招聘講演において、講演内容についての企業との金銭的な関係(COI状態)を、講演の冒頭で開示するように求める文書を、118の分科会へ要請した(資料は、日本医学会のホームページに掲載)。理由について、COI状態の公開がない場合、「最新情報が、臨床現場に正しく伝達されないと、社会からの疑惑・疑念を招く」としている。

 具体的には、企業と関わるあらゆる講演会で、講師として招聘された会員に対して、所属学会のCOI指針に従うことを求め、「講演発表の冒頭に、講演内容に関係する企業との金銭的な関係(COI状態)を聴講者へ開示することが必須の条件」としている。開示を求める理由として、「社会からの疑惑・疑念」を挙げ、結果として「(開示がない場合)産学連携による医学研究の推進に支障を来すことも懸念される」としている。

 日本医学会の説明によると、国内での企業主催・共催の講演会は、年間約10万回、招聘講演者として約30万人の医師や研究者が参加しているという。今回の項目については、日本医師会、医学会、全国医学部長病院長会議と日本製薬工業協会の4者が、今年3月に合意。製薬協が6月12日、医学会に対して配慮を求める文書を出しており、「製薬協の会員企業が合意に基づき、積極的に取り組むことになった」という。

 企業のCOIを巡っては、ノバルティスファーマ社の元社員が解析に携わった大規模臨床試験の論文で、社名が掲載されないなどの問題があり、論文が撤回される事態が起きている。


講演会の冒頭でそんな内容の開示は聞いたことないですよ。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-30 22:36 | 難聴 | Comments(3)

ポリープあり。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案しています。

70歳代の患者さん。
主訴は、いつまでも続く後鼻漏

a0082724_2245770.jpg

a0082724_2252348.jpg

右中鼻道に小さいポリープ(鼻茸)。
右膜様部には小さい上顎洞副孔。鼻汁の湧出あります。
左膜様部からの粘性の後鼻漏を認めます。

近所の医療機関でCT撮影お願いしましたが、副鼻腔異常陰影は認めませんでした。

解決方法は手術でしょうね。
いくらロイコトリエン受容体拮抗薬を服用しても無理と思いますよ。

右内視鏡下副鼻腔手術を提案しました。
ポリープの処理は当然ですが、上顎洞の開窓開放が最も重要と思います。
左もですが、今回は右のみと致しました。

当患者さんのお薬手帳。
タケプロン
ムコスタ
エディロール
デパス
ドグマチール
逆流性食道炎とパニック障害で治療中との事。

糖質制限で解決出来る疾患です。
16時半血糖値:109mg/dl。
10時半血糖値:104mg/dl。
糖尿病とは言えないですが、糖質制限をお勧めしました。

帳面に食事記録しておられます。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:107mg/dl。

================================================

臨床ニュース 
糖尿病予備軍でがんリスクが上昇
多目的コホート研究より
HealthDay News2016年1月8日 (金)配信 一般内科疾患内分泌・代謝疾患癌

 糖尿病患者だけでなく、HbA1c値が6.0~6.5%以上など糖尿病の可能性が否定できない、あるいは強く疑われる「糖尿病予備群」でもがんリスクが上昇することが、国立がん研究センターや国立国際医療研究センターなどの検討でわかった。詳細は「International Journal of Cancer」オンライン版に12月1日掲載された。

 これまで糖尿病患者では、糖尿病既往のない人に比べてすべてのがん罹患リスクが1.2倍高く、なかでも大腸がんや膵がん、肝がん、子宮内膜がんなどのリスクは1.5~4倍高まることが報告されている。今回、研究チームは多目的コホート研究(JPHC Study)の糖尿病調査のデータを用いてHbA1c値とがんリスクの関連を検討した。

 1998~2000年度および2003~2005年度に実施された糖尿病調査の参加者中、HbA1c測定データがあり、初回の調査時までにがんに罹患していなかった2万9,629人(男性1万1,336人、女性1万8,293人)を対象にHbA1c値とがん罹患リスクの関連を検討した。HbA1c値を(1)5.0%未満、(2)5.0~5.4%、(3)5.5~5.9%、(4)6.0~6.4%、(5)6.5%以上、(6)既知の糖尿病の6群に分けてがん罹患リスクを分析した。

 追跡期間中に1,955件のがんが発生していた。年齢や性別、BMI、身体活動度などさまざまな因子を調整した解析により、HbA1c 5.0~5.4%群に比べて5.0%未満群(ハザード比1.27)、6.0~6.4%群(同1.28)、6.5%以上群(同1.43)、既知の糖尿病群(同1.23)でがんリスクが上昇しており(5.5~5.9%群のハザード比は1.01)、糖尿病とは診断されないが糖尿病が疑われるHbA1c高値(6.5%以上)でもがんリスクが上昇することがわかった。

 また、HbA1cが5.0%未満と低値だった群でもがんリスクのわずかな上昇がみられたが、肝がんを除いて解析するとHbA1c値は直線的にがんリスク上昇と関連していた。

 研究チームは、この結果を「慢性的な高血糖がすべてのがんリスク上昇と関連することを裏づけるものだ」としており、この機序として、高血糖はミトコンドリア代謝などを介して酸化ストレスを亢進させることでDNAを損傷し、発がんにつながる可能性があることや、がん細胞の増殖には大量の糖を必要とするため、慢性的な高血糖状態はがん細胞の増殖を促進している可能性があることを指摘している。
HealthDay News 2016年1月4日


だから糖質制限をしつこく言うのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-29 22:48 | 後鼻漏 | Comments(0)

2週間後

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

3月4日書き込みした患者さん。
よほど苦しかったようで、突然電話で「〇日手術お願いします」との事。
事前に手術については説明してましたので、手術日を決めて実施しました。

日帰り局所麻酔下、鼻中隔矯正術+両下鼻甲介超音波凝固術です。
内視鏡下に行いました。
手術2週間後、
a0082724_22182656.jpg

左への強い突出が消失して総鼻道が広くなりました。
右への弯曲も大きく改善しました。術創の治癒と共にもっと総鼻道は広くなると思います。
下鼻甲介には厚い 痂皮が残っております。

鼻閉の強い場合には、鼻中隔弯曲の解消が有用な手段と思います。
薬物療法では鼻中隔弯曲を治すことは無理です。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:130mg/dl。

================================================

読売新聞から。
a0082724_22541917.jpg

日本とは基本的な医療制度が違うからでしょう。
検査をして多種の投薬をしても収入は同じなんでしょう。
または厳しく制限されているのかも。
風邪に抗菌薬が使われていない点が立派です。
日本では重症度に拠って抗菌薬が使われております。
それでも風邪症状は遷延すること、日常茶飯事です。
こんだけクスリを服用しているのに何で長引くのかと不満が起こってきますよね。
日本は出来高払いの制度を選択しています。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-28 23:07 | 鼻中隔矯正術 | Comments(0)

2週間後

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。

40歳代の患者さん。
1週間前よりの鼻汁・鼻閉・咳・微熱にて受診されました。

a0082724_2112931.jpg

大量膿性鼻汁です。
今回は、「白血球数とその分類」検査なしでウイルス性急性副鼻腔炎と診断しました。
細菌性急性副鼻腔炎に遭遇することはまず無いと思うからです。
投薬は、ロイコトリエン受容体拮抗薬とメプチンドライシロップ。

2週間後、
a0082724_21123410.jpg

症状解消、ファイバースコープ検査でも大量膿性鼻汁は消失していました。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎に使われている大量の抗菌薬は、無駄と思います。
そして、大量の耐性菌を作っておりますよ。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:120mg/dl。

================================================

医療ニュース
ヒトiPSから膵臓細胞、血糖値低下 サルに移植
臨床 2016年3月21日 (月)配信朝日新聞

 ヒトのiPS細胞から作った膵臓(すいぞう)の細胞をサルに移植し、血糖値を下げることに成功したと、東京大分子細胞生物学研究所などのチームが、大阪市で開かれている日本再生医療学会で発表した。ヒトiPS細胞を使ってサルの血糖値を正常に戻したのは世界で初めてという。

 チームはヒトiPS細胞を培養して変化させ、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を含む塊を作製。この塊を特殊な細い管に詰め込み、マーモセットという小型のサルの腹に移植した。

 マーモセットは事前に膵臓の一部を切除されるなどし、うまくインスリンが分泌されない「1型糖尿病」に近い状態になっていたが、移植後には血糖値が正常な値まで下がったという。マーモセットの血液中からは、ヒト由来のインスリンも確認できた。

 今回は移植後2週間ほどしか経過を見ていないが、特殊な管は入れ替えることもでき、1型糖尿病の治療法につながる可能性もあるという。東京大の宮島篤教授(細胞生物学)は「必要がなくなれば後から取り除くこともできる。細胞を入れる方法や培養にかかる費用など課題もあるが、効果が持続する期間などをさらに調べていきたい」と話す。(合田禄)
朝日新聞デジタルselect


1型糖尿病患者さんは、インスリンの自己注射から開放される画期的な手技です。
しかし、
糖質制限の必要性は揺るぎません。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-26 21:44 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

白血球数 8,700/μl。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

呼吸器感染症診療では、ウイルス感染症か否かを初動時に把握したいものです。

昨日書き込みした患者さん。
今月、咽頭痛・咳痰・微熱にて受診されました。

a0082724_21481763.jpg

中鼻道には少量の鼻汁を認めるのみです。
咽頭後壁には白苔なしですが、明かな腫脹を認めます。
気管粘膜の発赤を認めます。
末梢血液白血球数 8,700/μl
従って、診断は、
ウイルス性急性咽頭炎。
投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗薬。

当患者さん、3回の登場でしたが、3回ともウイルス感染症でした。

3回とも当院抗菌薬使用基準に拠ると簡単に判定できる「白血球数とその分類」検査の数値です。

顆粒球数1万以下は、ウイルス感染症。はっきりしています。
リンパ球数4千以上は、ウイルス感染症。はっきりしています。
これだけでも実行して頂ければ、呼吸器感染症での抗菌薬使用は3/4~4/5以上激減すると思います。
当院の感触では90%以上の減になっております。

================================================


ロキソニンに「重大な副作用」 実際のリスクは? 厚労省に聞いた
BuzzFeed Japan 3月24日(木)15時28分配信
第一三共ヘルスケアの「ロキソニンSプラス」

解熱鎮痛剤として広く使われている「ロキソニン」の使用上の注意に、「重大な副作用」として小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されることになったというニュースが、ネットで話題になっている。【BuzzFeed Japan 渡辺 一樹】

このニュースを見た人の中には、「ロキソニン」という薬に重大なリスクが見つかったのだと受け止めている人もいる。

だが、厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対し「ただちに使うのをやめてというような、緊急性の高い話ではない」と話す。

厚労省の通知によると、小腸・大腸の狭窄・閉塞の重篤な症状は、ロキソニンの副作用として「まれに」起こることがある。そのため、もし吐き気・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状があらわれたら「直ちに医師の診察を受ける」べきだということだ。
.
専門用語で誤解生じた?

それでは、「重大な副作用」というのは、いったい何だったのか。

今回の件は、専門用語で書かれたニュースが一般に広まったことで、誤解が生じたという側面があるようだ。

同課の担当者によると、「重大な副作用」は、医薬品分野の専門用語。「もし症状が起こったら、健康に重大な影響がある副作用」という意味で、症状が軽い副作用と区別するために使う言葉だという。

つまり、「重大な副作用」は、副作用が起きる確率が高いことを示す言葉ではないわけだ。

そもそも、「重大な副作用」という言葉が登場するのは、一般用ではなく医療用の薬に添付される文書の中で、読むのは医療関係者だという。
.

「副作用理解して使って」

今回、ロキソニンについての注意書きが改訂されることになったきっかけは、すべての医薬品について行っている安全調査で事例報告が集まってきたからだという。報告数は直近3年間で6例だったそうだ。

同課の担当者は次のように話していた。

「ロキソニンは長い歴史のある薬です。今回の副作用は、これだけ時間がかかってようやく見つかったものです」

「医療用のロキソニンの文書には10以上の『重大な副作用』が書いてあります。今回は、気をつけていただくべき副作用の種類が少し増えたということです」

「薬には副作用があります。そのことを理解した上で使ってください」
.
最終更新:3月24日(木)17時29分


NSAIDS:非ステロイド性抗炎症剤の代表がロキソニンです。
私は服用しません。
怖いです。
ぎっくり腰でも帯状疱疹でもひどい頭痛でも我慢を選択しました。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-25 22:23 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

白血球数 9,000/μl。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。

2014年平成26年12月1日書き込みした20歳代の患者さん。
2015年平成元年1月に、1週間続く鼻汁にて受診されました。
今回は薬物治療は受けず我慢していました。

a0082724_21311039.jpg

大量膿性鼻汁でした。
そして、
末梢血液白血球数 9,000/μl

診断は、ウイルス性急性副鼻腔炎
投薬は、ロイコトリエン受容体拮抗薬

何でもない鼻腔・副鼻腔症状を呈するウイルス性急性呼吸器感染症ですが、これに対して、これでもかこれでもかと抗菌薬診療が行われているのが現状です。

どなにかならないものですかねえ。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:94mg/dl。

================================================

臨床ニュース 
急性気道感染症への「抗菌薬不要」勧告【米国内科学会】
外来での抗生物質の半数が不適切
米国学会短信2016年2月5日 (金)配信 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

 米国内科学会(ACP)と米国疾病対策センター(CDC)は1月19日、共同で成人の急性気道感染症(ARTI)診療での抗生物質の処方について助言する勧告を発表した。同勧告は、Annals of Internal Medicine誌に掲載された。

 ARTIは一般的な風邪や、合併症のない気管支炎、咽頭炎、副鼻腔感染症などが含まれ、医療機関への受診理由で最も多い。CDCのデータによれば、外来診療部門で処方される抗生物質の50%は不要または不適切な可能性があり、それによる余分な医療費は30億ドルを超えると推測されている。また抗生物質は、医薬品関連の有害事象において最多の原因となっており、医薬品による副作用が原因となった救急治療の5件に1件が抗生物質によるものだという。

 同勧告では、一般的な風邪症状に対しては、抗生物質を処方すべきでないと明記。合併症を伴わない気管支炎に対しても、肺炎が疑われない限りは検査や抗生物質の処方を行うべきではないとしている。一方、持続的な発熱やその他の合併症状など、A群溶連菌咽頭炎が疑われる患者については、迅速検査または培養検査を推奨。A群溶連菌咽頭炎が確認された場合においてのみ、抗生物質で治療すべきとした。

 また、合併症のない副鼻腔炎については、細菌感染であっても抗生物質を使用しなくても軽快すると説明。10日間以上続く発熱、3日連続で続く膿性鼻汁や顔面痛、および5日間継続する典型的なウイルス感染に続発する症状悪化が認められるまで、抗生物質は温存すべきとしている。

 ACPは、「ARTIにおける不適切な抗生物質の使用は、抗生物質に強い抵抗性を示す感染症が広がっている重要な原因の一つであり、公衆衛生上の脅威となっている」と指摘するとともに、「抗生物質の過剰使用は、患者と医師が連携して予防できる」と強調している。

関連リンク
ACP AND CDC ISSUE ADVICE FOR PRESCRIBING ANTIBIOTICS FOR ACUTE RESPIRATORY TRACT INFECTIONS IN ADULTS


総論では評価出来ますが、何か変ですね。
抗菌薬適正使用の為には、ウイルス感染か否かの判定を「白血球数とその分類」検査でやるべきと思います。
溶連菌迅速検査は常在菌を効率に拾ってしまいますので慎重な評価が必要です。
重症度重視も抗菌薬診療に繋がりやすく危険です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-24 22:01 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

突発性難聴?メニエール病?

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

難聴・耳鳴・めまい診療に糖質制限が大きく貢献出来ると思います。

50歳代の患者さん。
1週間前から治療しているに関わらず改善しない右難聴・耳閉感にて受診されました。
同じ症状は10年前にも起こり、ステロイド内服その他の治療で治癒したとの事でした。
今回は、イソバイドシロップ、メチコバール、セルベックス後発品、デパスを内服されていました。
他科内服薬?
アマリール、ベイスン、エクメット(エクア・ビグアナイド系薬配合剤)
何コレ!
糖尿病ばかりの4成分3種類。
糖尿病薬の散弾銃でした。

測定しました。
9時半血糖値:154mg/dl。
HbA1c:6.3%
血圧:145/87mmHg。
BMI:27.5。

まとめ
①糖質制限。即刻の実行を要請しました。糖質制限で即血液循環の改善が期待出来るのです。
②耳鼻咽喉科の投薬はイソバイドのみを続けてもらいました。
③糖尿病薬はアマリールを中止してもらいました。低血糖を来す危険があるからです。
④病名は、2度目の発作ですのでメニエール病となります。

翌日、「先生!治った!」
a0082724_22114865.jpg

1週間改善しなかった症状が糖質制限を追加しての改善です。
糖質制限の効果と考えたいと思います。
14時半血糖値:101mg/dl

指示
①イソバイドは聴力が安定するまで続けてもらいます。
②糖尿病薬は全ていつ止めても結構です。
③糖質制限は、ずっとずっと続けて下さい。

素晴らしい実行力に乾杯です。

今後の体重減少にも期待しております。

非常に嬉しい経験でした。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:97mg/dl。

================================================

a0082724_22295084.jpg

「ぜんそくの死者は、かって年1万人を超えていました。発作で病院に運ばれる患者も多かったが、治療の進歩で2014年には1550人に激減しました。」
糖尿病はどうでしょう。
クスリでのコントロールが困難なのは分かりますが、3大合併症の患者さんは減っておりません。
足切断2万足ですよ

真剣に考えて下さいよ。
血糖を上げるのは糖質です。
糖質制限を指導すれば血糖を大きく上昇させる糖尿病の姿は消えるのです。
分かりきった理屈ですね。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-23 22:41 | 難聴 | Comments(0)

受診理由は耳下腺腫脹

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

40歳代の患者さん。
両側耳下腺腫脹にて受診されました。
「おたふく風邪」には罹った事があるとの事。

末梢血液白血球数 9,400/μl
腫瘍性の病変は経過に拠って考えるとして、
白血球数から、
ウイルス性急性耳下腺炎と診断、コタロー麻黄附子細辛湯カプセルのみ処方しました。

簡単にウイルス感染症と診断できる患者さんでした。

当患者さん、一瞥にて肥満でした。
尋ねてみると、2年前より糖尿病にて投薬を受けておられました。カロリー制限の指示もありますが到底続かずリバウンドしてしまったの事でした。

11時半朝食抜き血糖値:145mg/dl。
HbA1c:9.1%。


救出出来るのは、糖質制限です。
糖質制限のやり方を説明致しました。
①一般健診程度の血液検査データ
②お薬手帳
③食事記録
3点を要請しました。
特に、食事記録は重要です。
ひとつひとつ良い点改善点を指摘出来るので、糖質制限の実行を軌道に乗せやすいです。

まずは再診をしていただけるかどうかです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日21時血糖値:100mg/dl。

================================================

a0082724_21221064.jpg

交通事故死者数の数字をあげて、その予防策が奏功したと述べておられます。
当ブログでも、2014年9月28日、2015年2月15日、6月3日と死者数の著明減少を書き込みしました。
対して、循環器病は、
これから、「工夫次第で制圧できる」手応えを感じているそうです。
そのキーワードは「減塩」。

それは違います。
食後高血糖の鎮圧無しに循環器病の征圧は無理と思います

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-21 21:35 | 糖尿病 | Comments(0)

総鼻道・中鼻道を拡大

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

2009年平成21年11月8日に書き込みした患者さん。
その後も鼻閉の訴え消えず、頻回に風邪症状を来たし、どなにかならないものかとの事。
切実な訴えでした。

2011年平成23年の状態
a0082724_22582166.jpg

総鼻道、際立つ狭さです。

今年2月術前の状態です
a0082724_22585894.jpg

中鼻道をもっと広げると良さそうです。

2月と3月に、
①鼻中隔粘膜下肥大に対して超音波凝固。粘膜下組織に達する程度に実施。
②下鼻甲介下面を後端までマイクロデブリッダーで切除。やり過ぎに注意。
③中鼻甲介中鼻道面をマイクロデブリッダーで後端まで十分に切除。
a0082724_22592060.jpg

総鼻道も中鼻道も広くなりました。

日帰り局所麻酔下で3分割で行いました。
切除術の場合には止血タンポンが必要になります。
総鼻道にタンポン留置が必要になりますので片側を2回やるのが楽と思います。

今回は相当満足度の高い結果が想定出来ます。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:102mg/dl。

================================================

YAHOOニュース
ラーメンから「アレ」が消えた意外な理由とは?
山路力也 | フードジャーナリスト 2016年3月15日 14時34分配信

ラーメンが「麺料理」で無くなる日

ラーメンがこの世に生まれて百年余。中国料理の麺料理を祖とするラーメンは、日本で独自の麺料理として進化を遂げて、現在の世界食としてのラーメンになっていった歴史がある。塩味だったスープに日本独特の調味料である醤油や味噌を合わせた黎明期。ラーメンはスープの中に麺が浸っている食べ物だったが、つけ麺の登場でスープと麺は別々になり、油そばにいたってはスープすら無くなってしまった。それらをラーメンと同じ料理と呼んで良いかは異論もあろうが、世の中の認識として広義的に「ラーメン」のカテゴリに入ることは間違いない。

これまでに様々なスタイルのラーメンが生まれて来たが、当然のことながらどのスタイルにおいても「麺」は入っている。むしろ、つけ麺や油そばなどはスープよりも麺そのものを楽しむための料理だ。つけ麺ブームと相まって、ラーメン業界はスープから麺へと意識が傾注していったことも看過出来ない。そこには故山岸一雄(東池袋大勝軒創業者)や故佐野実(支那そばや創業者)など先達の尽力も大きいが、江戸時代より日本蕎麦やうどんなどを食べて来た日本人としてのDNAに依るところも多分にあるだろう。日本人は麺を啜るのが元来好きなのだ。

しかし、である。今年に入ってラーメン界に新たな動きが出て来た。それは「麺がないラーメン」の登場である。麺がなくて果たしてラーメンと呼べるのかどうかの議論は今後行っていくとして、ラーメン店が麺を入れないラーメンを出し始めたのは事実で、それが多くのリピーターを呼んで人気を博しているのだという。ラーメンから麺がなくなったら、私たちは何を啜ればいいのか。ラーメンに麺がなかったら何料理なのか。ラーメンは一体どこへ向かおうとしているのか。

野菜がたっぷり摂れる、秀ちゃんの「ラーキャベ」
秀ちゃんラーメンの「ラーキャベ」は麺の代わりにキャベツがたっぷり入る秀ちゃんラーメンの「ラーキャベ」は麺の代わりにキャベツがたっぷり入る
福岡の人気ラーメン店「秀ちゃんラーメン」で、今人気を博しているのが「ラーキャベ」というメニュー。見た目は通常の豚骨ラーメンと変わらないが、麺の代わりに入っているのは麺のように細く刻まれた「キャベツ」である。スープをたっぷりとまとったキャベツは、程よくしんなりとしていて意外にも豚骨スープと合う。キャベツの甘味がより強調され、さらにスープにキャベツの甘味も加わって、それでいてどっしりとした豚骨スープなのでラーメンを食べた感覚もある。
グルテンアレルギーの人のために生まれた「ラーキャベ」グルテンアレルギーの人のために生まれた「ラーキャベ」
「秀ちゃんラーメン」店主の河原秀登氏によれば、元々は海外で展開している店舗でのグルテンアレルギー客に対して考えたのが発端だったという。麺を使わずに何を入れるかと考えた時に思いついたのがキャベツ。福岡をはじめとした九州では、もつ鍋やチャンポンなどでスープにキャベツを合わせることは日常だったこともあり、ラーメンのスープに合うのも分かっていたという。さらにラーメンではどうしても不足になりがちな野菜をたっぷり摂れるということから、女性客やアスリートなど健康への感度が高い人たちにも訴求した。麺の食感に近づけるために、キャベツの切り方を長めにして麺の細さに近い細さにしているのも違和感が少ない秘密。現在「秀ちゃんラーメン」(福岡・警固)「秀ちゃんラーメン赤坂」(東京・赤坂)「初代だるま」(福岡・西中洲)の3店舗で販売し、好評を得ているという。

豆腐作りからこだわった、一風堂の「とんこつ豆腐」
一風堂の「とんこつ豆腐」にはオリジナルの豆腐が一丁まるまる一風堂の「とんこつ豆腐」にはオリジナルの豆腐が一丁まるまる
日本国内のみならず、世界にも進出している「博多一風堂」の新メニュー「白丸とんこつ百年豆腐」は、一風堂の看板メニューである「白丸元味」の麺を「豆腐」に代えたもの。中に入れる豆腐は、福岡県八女市を拠点とし、創業百年を迎えようという老舗豆腐店「豆藤(加藤豆腐)」とコラボレーションして生み出したオリジナルの豆腐。豆腐の製造段階から一風堂の豚骨スープを配合することで、豆腐のアルカリ性と豚骨スープの酸性が中和されて、まろやかにとろける食感を生み出しているのだという。
後からご飯を入れて雑炊風にしたり、替え玉の麺を入れる楽しさも後からご飯を入れて雑炊風にしたり、替え玉の麺を入れる楽しさも
実際に食してみると、まず箸よりもレンゲの方が食べやすいことに気付く。大きな豆腐をレンゲで崩してスープと一緒に頬張れば、鍋を食べているようでもあり、やはり豚骨スープなのでラーメンの味わいが強く感じられる。チャーシューなども細かく刻んであるので、レンゲで食べることを想定して作られているのだろう。博多一風堂では、以前もイベントで豆藤とコラボレーションして豆腐を使ったラーメンを創作して好評を得ていた。さらに昨年の福岡ラーメンショーにおける「替え豆腐」の試みもあって、豆腐とラーメンスープとの親和性は実証済み。麺の代わりに豆腐を入れることでカロリーも抑えられ、ヘルシー志向の人たちにも好評なのだという。後からご飯を入れて豆腐雑炊風にしたり、替え玉の麺を入れて豆腐ラーメンにすることも出来、自分好みの楽しみ方が出来るのも人気のポイント。当初は東京と福岡の3店舗のみの限定メニューだったが、現在は恵比寿店、銀座店をはじめ、関東と関西、福岡の9店舗に販売店舗も拡大。一日40丁、3月31日まで提供が予定されている。

どちらのメニューも食べた感想としては、何を食べたかと問われれば「ラーメン」と答えざるを得ないものだった。しかし、麺を食べてこそラーメンという思いも同時に強く感じた。ヘルシーやダイエットがキーワードとなる健康志向の時代において、何かと目の敵にされがちなラーメンではあるが、奇しくもどちらも福岡に本拠を構える人気ラーメン店による「麺なしラーメン」の登場は、今後ラーメン界に根付いていくのだろうか。いずれにせよ、常に新しいことにチャレンジしてきたラーメンの世界で、その先陣を切ってラーメンから麺をなくした試みに敬意を表したい。そして、まずは恐れずに「ラーキャベ」と「とんこつ豆腐」を食べてみて欲しい。これらの料理がラーメンか否かを論ずるのはそれからだ。


麺をキャベツや豆腐に置き換えると、確実に低糖質になります。
低糖質人にとって非常にありがたいことです。
糖質制限を指導する場合にも幅が広がります。
徳島にも広がってほしいものです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-03-20 23:27 | 鼻甲介切除術 | Comments(0)