<   2015年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

癒着防止策

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

内視鏡下副鼻腔手術では、中鼻甲介癒着の多発があり、その防止策を試行錯誤しています。

6月22日に書き込みした患者さん。
昨日、日帰り局所麻酔下右内視鏡下副鼻腔手術を行いました。
CTで陰影の無かった蝶形洞以外の副鼻腔手術になりました。
術後タンポンは、「アルゴダーム(小)糸くくり5連結」その他でした。

5連結の内、2本を抜去し、3本目のアルゴダームを、
a0082724_21584921.jpg

中鼻道前端部に留置しました。
今回は、中鼻甲介外側面を削っていないので、粘膜損傷は最小に押さえられているはずです。
癒着の発生率は低いですが、最善の予防策を取りました。
数日後に全てのたんぽんはを抜去し、
日帰り局所麻酔下鼻中隔矯正術を予定しました。

一歩一歩前進していきます。

糖質制限も欠かせません。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:114mg/dl。

================================================

6月28日「ドクター江部の糖尿病徒然日記」
初コメ失礼します
こちらのコメント欄でよいのか分かりませんが、書き込ませていただきます。
今さらながら、先生の「主食をやめると健康になる」を購読させていただきました。
知人の広島の医師から糖質制限を勧められたものの、方法に迷っていたところだったので、大変助かりました。

ところで、私は3年前に突発性難聴になり、ステロイド治療したものの、左耳が低音のみしか聞こえない状態なのですが、
最近、糖質制限を始めてから、症状が緩和されている(中音もやや聞こえる)ことに気が付きました。
突発性難聴になった当時、仕事中に清涼飲料水(アクエリアス)を多飲し、またウイルス性の風邪が長引いていました。
その後、食事量は変わらないのに、3年間で体重が13kgほど増え、周りから驚かれました。
これまで血糖値と難聴の関連性を疑ったことは一度も無かったのですが、症状の緩和を不思議に思い、もしそういう研究事例があればと思い、お尋ねする次第です。
もしご無理で無ければ、事例の有無をご存知でしたら、お教えいただければ幸甚です。
何卒よろしくお願いいたします。
2015/06/28(Sun) 13:43 | URL | M | 【編集


難聴・耳鳴・めまい・顔面神経麻痺等の耳鼻咽喉科疾患でも、
一番に、糖質制限、です。

豆腐・卵・チーズ・肉・魚・油・マヨネーズ・葉物野菜、です。
信じてやって下さいと、言うんです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-30 22:16 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

修正手術

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

改善しない鼻腔・副鼻腔症状には、出来たら手術をと説明しています。

1月6日に書き込みした患者さん。
4月中旬に左、下旬に右内視鏡下副鼻腔手術を実施。
ポリープを追って行くと全副鼻腔の手術になってしまいました。

5月より隣県へ転居されました。
今月、2ヶ月での点検に来県されました。

a0082724_21572010.jpg

予想外の癒着が多発していました。
両側中鼻甲介と右下鼻甲介に癒着がありました。
左上顎洞前端部付近よりの大量粘膿性鼻汁も。
術前のポリープの処理は良好です。

修正追加手術も含んでの来県でしたので、当日午後から両側内視鏡下副鼻腔手術を実施。
侵襲程度が低い予定でしたので両側をやりました。
局所麻酔下です。
癒着を解除し、ポリープ様粘膜をマイクロデブリッダーで削っていく作業。
左上顎洞前端部とそれに続く眼窩壁の病的粘膜除去を丁寧に行いました。
術後止血タンポンはアルゴダーム小糸くくり5連結です。
翌日、左右3個ずつ抜去し2個ずつ残しました。
そのままでは同じ事が起こります。
4個目のアルゴダームを中鼻甲介前下端部に引き出して数日置くことにしました。
a0082724_21574137.jpg

こんな感じです。
ファイバースコープで観察しながら行いました。

数日後、隣県よりご足労していただく事になります。

中鼻甲介癒着対策が、また一歩前進したと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:100mg/dl。

================================================

a0082724_2225835.jpg

がんの早期発見技術なんですね。
CT、PETでは発見出来ない初期のがんにも反応すると報道されていました。

もし、陽性となったら、糖質制限ですよ
がん細胞にエサを与えない努力を致しましょう。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-29 22:30 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

鼻出血での3回目の受診

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

夏場は少ない鼻出血の患者さんが時々受診されます。

50歳代後半の患者さん。
右鼻出血にて受診されました。
継続的に内服している薬はありません。

a0082724_21442328.jpg

右鼻中隔前半部(キーゼルバッハ部位)に血管の突出を認めました。
粘膜下の動脈が何らかの原因で露出したものと思われます。
受診時には止血していましたが、そのままでは必ず出血しますので、20mm径綿球にキシロカインを浸し絞って鼻内に挿入しました。
ガーゼでは必ず再出血します。
48時間後に抜去します。
血管の露出の改善を期待します。
投薬?
無し。

当院カルテの記載から。
平成2年。数ヶ月続くめまい。前医も私も「良性発作性頭位めまい」と診断していました。
アポデール 脳血流改善剤?効果無しで販売中止になっているはずです。
メンドン ベンゾジアゼピン製剤
未熟な投薬でした。
平成8年1月。開口障害。顎関節腫脹あり
バクシダール 抗菌薬
ナイキサン 鎮痛消炎剤
ビオフェルミンR
当時は、炎症の存在を疑うと抗菌薬でした。
平成8年7月。歯科での治療でも開口障害は治っていませんでした。
他医へ変更したらと意見したのみでした。
平成8年11月。自然に治っていた開口障害が再発。
ロキソニン 鎮痛消炎剤
マーズレンS
抗菌薬無しだけましか?
平成10年。左鼻出血で来院。左キーゼルバッハ部位からの血管の突出あり、高周波凝固をやりました。
投薬 コタロー黄連解毒湯カプセル。
鼻出血に頻繁に使用していました。
平成15年。右鼻出血。同じように高周波凝固を。
投薬 コタロー黄連解毒湯カプセル。

そして今回の右鼻出血となったのです。

いつもの検査。
過体重無し。
血圧:124/88mmHg。
落ち着くと正常値になりました。
血糖値(昼食後約5時間):112mg/dl。
外食だったとの事でした。
ライス、鶏肉ソテー、ポタージュ、コーヒー、ケーキ。
糖質100gクラスです。

めまい、顎関節症、そしてくり返す鼻出血。
過剰糖質摂取がその原因と想定されます。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:86mg/dl。

================================================

a0082724_22222929.jpg


ヨーグルトの真実はどうなんでしょう?
糖質制限的には、糖質量を計算して食するだけです。
乳酸菌の量とか種類にはこだわって購入していません。
あくまで糖質量で決定します。
そういう分けで、ギリシャヨーグルトプレーンを選んでいます。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-28 22:27 | 鼻出血 | Comments(0)

来院理由は、鼻閉でした。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
急性中耳炎・急性副鼻腔炎は細菌感染症だというガイドラインは改める必要があります。

高学年の小学生。
2週間前より、ひどい鼻閉が続いているとの事で受診されました。

初診時、
a0082724_21113267.jpg

左大量膿性鼻汁、右中等量膿性鼻汁。
ウイルス性急性副鼻腔炎です。
咽頭扁桃と耳管扁桃の肥大?腫脹?中等度。
両側滲出性中耳炎を認めました。
高学年での、この中耳炎。
投薬は、ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレスのみ。
鼻汁と鼓膜所見の経過観察が必要です。

2週間後、
a0082724_21114242.jpg

鼻汁は依然、大量膿性鼻汁が続いていました。
両側滲出性中耳炎は改善傾向を示していました。

鼓室内貯留液、膿性鼻汁、咽頭扁桃・耳管扁桃肥大等の課題が認められますが、
最大重点ポイントは、膿性鼻汁の改善です

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:106mg/dl。

================================================

a0082724_21371234.jpg

読売新聞でも認知症について、かなり重点的に記事にされています。
しかし、
しかし、
「高血糖・高血糖を来す食事が認知症発症と関係あり」という情報は当然入手しているはずです。
過剰糖質摂取と疾患の関係を、是非探って欲しいです。

糖質摂取は、限りなくゼロが理想です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-26 21:45 | 滲出性中耳炎 | Comments(0)

迷走するコレステロール

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

脂質異常の管理について迷走状態が続いています。

薬局なんでも相談室
コレステロール摂取制限はなぜ撤廃されたのか
2015/6/18
【質問】
 「2015年日本人の食事摂取基準」では、コレステロール摂取制限に関する記載がなくなったと聞きました。なぜ撤廃されたのでしょうか。取り過ぎに注意する必要はないのでしょうか。また患者から相談を受けた場合、どのようなアドバイスをすべきなのでしょうか。(40代男性)

回答者 ◎ 佐藤靖史(日本動脈硬化学会理事長)

 2013年秋、米国心臓病関係学会(ACC/AHA)が発表した「心血管疾患リスク低減のための生活習慣マネジメントのガイドライン」の中で、「コレステロール摂取量を減らして血中コレステロール値が低下するかどうか判定する証拠が数字として出せないことから、コレステロールの摂取制限を設けない」との見解が示されました。

 また15年2月に発表された米国農務省(USDA)の一般向けのガイドライン作成委員会リポートでも、コレステロール摂取制限をなくすことが記載されています。

 わが国でも米国と同様に、健常者において食事中コレステロールの摂取量と血中コレステロール値の間の相関を示すエビデンスが十分ではないことから、「2015年日本人の食事摂取基準」では、従来定められていたコレステロールの食事摂取基準(18歳以上の男性では750mg/日未満、女性では600mg/日未満)が撤廃されました。

 日本動脈硬化学会は、健常者に対する摂取基準の撤廃には賛同の立場です。食事によるコレステロール摂取量を制限しても、血中コレステロール値が下がる人と、下がりにくい人がいて、個人差が大きいことが理由です。ただし、LDLコレステロール値が高い人は、動脈硬化性疾患を発症するリスクが高いことから、従来通りコレステロール摂取を制限することを推奨しています。

 さらに、血中コレステロールを下げるためには、食事によるコレステロール制限だけではなく、運動、生活習慣を包括的に見直すことが必要です。

 そこで「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」では、(1)禁煙し、受動喫煙を回避する、(2)過食を抑え、標準体重を維持する、(3)肉の脂身、乳製品、卵黄の摂取を抑え、魚類、大豆製品の摂取を増やす、(4)野菜、果実、未精製穀類、海藻の摂取を増やす、(5)食塩を多く含む食品の摂取を控える、(6)アルコールの過剰摂取を控える、(7)有酸素運動を毎日30分以上行う──を挙げています。

 標準体重を維持するには、エネルギーの多い食品を控えるのが効果的です。特に、炭水化物、脂肪ともに多く含む菓子類などは控えるべきです。さらにラード、バターなどの動物性油、肉の脂身は飽和脂肪酸が多い食品です。飽和脂肪酸はLDLコレステロール値を上げることが知られていますので、摂取は控えた方がよいでしょう。同様に乳製品のうち、生クリーム、バターが飽和脂肪酸の多い食品として知られています。

 一方、コレステロールの排出を促す食品には大豆、魚類、海藻、野菜などがあり、これらは抗動脈硬化的な作用を持つことが多数の研究で示されています。そのため本学会では、これらの食品を使った伝統的な日本食の摂取を推奨しています。なお、海外で紹介されることの多い寿司、天ぷらなどは、伝統的な日本食ではなく、“和食”であることに注意が必要です。

 LDLコレステロール高値の原因は人によって様々です。主治医や管理栄養士と話し合いながら、きちんと原因を突き止め、その人に合った包括的な管理を行うことが肝要といえるでしょう。
(「日経ドラッグインフォメーション」2015年6月号より転載)


迷走しています。
伝統的な日本食が解決手段ですか?
世界の人達はどうすれば良いんでしょうか?

糖質制限で、HDLコレステロールは確実に上昇します。LDLは減少する事が多いですが、ビックリの高値を示す事があります。
過剰糖質摂取では、HDLは低い傾向でLDLは高い傾向の印象です。

食事指導で重要なのは、糖質・蛋白質・脂肪の管理です。
糖質制限的な考え無しの健康情報は迷走し易いと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:94mg/dl。
HDLコレステロールもLDLもビックリの高値です。
糖質制限人では、それが自然な値と思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-25 22:52 | 生活習慣病 | Comments(0)

糖質ゼロ

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

毎日、何度も、「ドクター江部の糖尿病徒然日記」を訪問して、糖質制限を勉強させてもらっています。

6月21日「ドクター江部の糖尿病徒然日記」コメント欄から。
国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告

「炭水化物(この場合は糖質とほぼ同義)の理論的な最小必要量はゼロである」

Eur J Clin Nutr. 1999 Apr;53 Suppl 1:S177-8.
Report of the IDECG Working Group on lower and upper limits of carbohydrate and fat intake. International Dietary Energy Consultative Group.
Bier DM, Brosnan JT, Flatt JP, Hanson RW, Heird W, Hellerstein MK, Jéquier E, Kalhan S, Koletzko B, Macdonald I, Owen O, Uauy R.色付きの文字

2015/06/23(Tue) 09:55 | URL | ドクター江部 | 【編集】


私の秘蔵のスクラップです。
2007年朝日新聞です。
a0082724_22233432.jpg


釜池豊秋先生は1999年から「かまいけ式糖質ゼロ食」を始められたんですね。
「1999」は繋がっているようにも思えます。

それにしても、朝日新聞は、糖質制限を無視してしまったのですね。
16年も前に重大情報を握っていたに関わらず、どうしたことなんでしょう。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-24 22:37 | 糖質制限 | Comments(0)

CT画像、副鼻腔には病変なし。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

治らない鼻腔・副鼻腔症状では、内服を続けるだけでなく、何か手術をしてはと思います。

昨年11月19日に書き込みした後鼻漏でお悩みの隣県からの患者さん。
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレスを続けていましたが、
後鼻漏の症状は、改善なしとのことでした。

今月、
a0082724_2133843.jpg

目立つのは、鼻中隔の突出と弯曲でした。
後鼻漏、よーく見ると流れていました。
CT撮影を近所の医療機関へお願いしました。
しかし、鼻中隔弯曲症は認めるも、副鼻腔病変は無しでした。
ということは、副鼻腔の換気障害が原因の大部分と考えられます。

鼻中隔矯正術から始める事にしました。
副鼻腔手術での術野の拡大にもなりますので。

鼻腔通気度を改善させると後鼻漏がどうなるか観察することに致しました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:106mg/dl。
今月から、内服薬、無しを達成しました。

================================================

a0082724_21491612.jpg


驚きました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

無理な大量糖質摂取の犠牲と思います。
肥満と心房細動は強い関係があります。
引退後は糖質制限を勧めて実行して欲しかったです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-23 21:54 | 後鼻漏 | Comments(0)

受診理由は鼻閉。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

大きな鼻茸(ポリープ)を認めた場合には、薬で様子を見ましょうでは・・・・・・?
するしないに関わらず、一応、鼻腔・副鼻腔の鼻茸を取り除きましょうと説明しています。

50歳代の患者さん。
数日前より鼻閉がひどくなったとの事で受診されました。
受付から鼻声が聞こえてきました。

初診時、
a0082724_22245.jpg

鼻腔後方ほど大きくなる鼻茸を認めました。
鼻中隔は、右へ突出中等度、左へ弯曲中等度。
鼻茸の範囲を確認する為に、直ちにCT撮影を近所の医療機関へ依頼しました。
a0082724_2221417.jpg

ほとんど全副鼻腔に波及している鼻茸の様相を呈していました。

15時血糖値:135mg/dl。
昼食:ご飯とラーメンとびわ、でした。
血圧:138/95mmHg。

手術するなら、糖質制限をやって下さいとお願いしました。
手術延期するとしても、糖質制限は必要です。

日帰り局所麻酔下で慎重に行います。
予定としては、
右内視鏡下副鼻腔手術→鼻中隔矯正術→左内視鏡下副鼻腔手術
です。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:103mg/dl。

================================================

a0082724_22205224.jpg

将来は、高血圧のワクチン、糖尿病のワクチン・・・・・・となるんでしょうね。
ワクチンの無い疾患は従来通りですよね。
ワクチンの採算性も考慮されるはずですから、医療費はどうなるんでしょう。
削減の方向には行かないでしょうね。
医学の進歩の為には必要な研究でしょうね。

糖質制限の優越性は揺るがないと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-22 22:31 | ポリープ | Comments(0)

ウイルス感染でした。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

今回、ウイルス性扁桃周囲炎を経験し経過を追えました。
抗菌薬使わない診療に、よくぞ信用して通院して頂き感謝しています。

6月11日に書き込みした扁桃周囲炎・喉頭蓋炎の患者さん。

初診翌日、
a0082724_21301434.jpg

視診では変化なしでしたが、咽頭痛は若干改善していました。
末梢血液白血球数 7,100/μl
白血球数は著明改善でした。
初診時の判断に間違いは無かったと確信出来ました。

その翌日、
a0082724_21302741.jpg

扁桃周囲・喉頭蓋の腫脹、明らかに改善してきました。

初診から1週間、
a0082724_21304353.jpg

扁桃周囲の腫れは消失しました。
喉頭蓋・咽頭側索に軽度の腫れが残っていました。
末梢血液白血球数 5,600/μl

この扁桃周囲炎の咽頭痛は非常に強いものです。
ウイルス感染です、峠を越えるまで辛抱して下さいとは言っても我慢し辛いものです。
抗菌薬を求めて他医受診されることがほとんどでした。

良い勉強をさせていただきました。
改めて、「白血球数とその分類」検査の有用性を実感出来ました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:107mg/dl。

================================================

a0082724_21541371.jpg

ウナギの餌に「蚕」
人類の将来のたんぱく源に、繋げて欲しいものです。
糖質制限の世界的な拡大が予想されますので、たんぱく源の確保がより重要になってきます。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-21 21:57 | 扁桃周囲炎 | Comments(0)

白血球数 8,500/μl。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、ほぼ診断可能です。

20歳代の患者さん。
年中、右半分の頭痛が続いているとの事で受診されました。
夜間には、咳と痰。
頭痛には「イブ」という鎮痛剤が効果的との事でした。

a0082724_1732992.jpg

右中鼻道外側寄りを、大量膿性鼻汁が流れていました。
上顎洞の病変が疑われます。
問診から、消長はあるものの大量膿性鼻汁が年中と想定されます。
末梢血液白血球数 8,500/μl

ウイルス性急性副鼻腔炎、です。
細菌感染症との診断は私には無理です。

投薬は
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス
アドエアディスカス
でした。

大量膿性鼻汁の経過によっては、CT撮影をお願いする事になります。
また、内視鏡下副鼻腔手術を勧めざるを得ないかも。

どうしても改善しない鼻腔・副鼻腔疾患は、外科的な治療が視野に入って来ます。

それと、
赤血球数337万/μl。
軽度の貧血は、糖質に偏った食事が原因と思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:116mg/dl

================================================

m3.com トップ>m3クイズ>クイズ解説
投薬に関わる問題 出題日:2015年6月18日

最近の研究によれば、生後2年間の抗菌薬使用と最も強くかつ用量依存的関連性を示す疾患は次のうちどれか。
「SmartestDoc米国版」より出題
答えと解説
C喘息
正解は喘息。4952人の小児を対象とした最近の研究によれば、生後2年間の抗菌薬使用と小児喘息には強くかつ用量依存的関連性が見られ、抗菌薬使用と枯草熱または湿疹には弱い関連性が見られたと報告されている。
Hoskin-Parr L, et al. Pediatr Allergy Immunol. 2014;24(8):762-771.
「SmartestDoc米国版」より出題


================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-06-19 16:59 | 急性副鼻腔炎 | Comments(10)