<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

繰り返す耳下腺炎

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症診療では、抗菌薬使用の適正が求められます。
取り敢えずの使用は、どうかと思います。
「白血球数とその分類」検査が、威力を発揮いたします。

昨年9月7日に書き込みした、現在3歳児の患者さん。
当院初診(平成24年3月)以来、抗菌薬が必要な感染症は、無しでした。
現在、急性副鼻腔炎の繰り返しは続いていますが、急性中耳炎の発症はありません。

6月、39℃の発熱と左耳下腺腫脹で来院。
鼓膜には著変なし。
末梢血液白血球数 8,500/μl

迷う事無く「おたふくかぜ」・・・確定の検査はしていません。
抗菌薬は出しません。
大量膿性鼻汁の為、ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレスの内服指示。

所が、7月、38℃の発熱と右耳下腺腫脹で来院。
迷う事無く「ウイルス性反復性耳下腺炎」と言うて検査をしました。・・確定の検査は未実施です。
末梢血液白血球数  14,500/μl H
白血球3分類  リンパ球数  2,300/μl
        単核球数    900/μl
        顆粒球数   11,400/μl H

ウイルス感染症初期の細菌感染症パターンと思い、翌日再検査をお願いしました。
翌日、解熱し、耳下腺の腫脹は軽減していました。
末梢血液白血球数 11,400/μl H
白血球3分類  リンパ球数  3,400/μl H
        単核球数    900/μl H
        顆粒球数   7,100/μl H

予想通りのウイルス感染症パターン移行で、胸をなで下ろした次第です。

抗菌薬適正使用の試行錯誤でした。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:98mg/dl。

===========================================


徳島新聞 読者の手紙 から。

a0082724_20405165.jpg

生活習慣病の克服には、糖質制限が欠かせません。
公共団体、医師会の対応が遅れていると思います。
一般の方々への浸透が早い速い印象ですよ。
クスリクスリは可哀想です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-31 20:45 | 白血球 | Comments(0)

修正術前術後

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

内視鏡下副鼻腔手術。
簡単な手技ではない事を痛感しながらやっております。

昨年10月12日、13日に書き込みした中学生。

依然、
a0082724_2116162.jpg

左上顎洞前端部(と思います)からの中等量粘膿性鼻汁の排出を認めました。

今月、左内視鏡下副鼻腔手術(上顎洞のみ)。
外来日帰り局所麻酔下手術でした。
術後タンポンは、アルゴダーム糸結びでしたので、翌日に抜去しました。
a0082724_21162678.jpg

左上顎洞前端部からの鼻汁排出は認めません。
タンポンの断片?

翌週、
a0082724_21165129.jpg

タンポンの残存なしを確認しました。
鼻汁の排出、なしでした。

2年半に及ぶ副鼻腔炎の治療も終わりが近づいてきました。

お母さんの応援があればこそでした。

================================================

a0082724_21355881.jpg

同じ栄養成分での実験結果ではカロリー制限に軍配が上がったという事です。
後半の部分は、従来の常識の罠にはまったかのご発言?
アレ!
「糖分」と「糖質」の区別が・・・・・・。

動物実験で、「糖質制限」VS「カロリー制限」の実施を願うものです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-30 21:51 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

白血球数2万超え

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症診療では、重症度で抗菌薬投与を判定するのは疑問です。
細菌感染症の疑いが強いときに、抗菌薬投与するべきと思います。

10歳代後半の患者さん。
受診1週間前より咽頭痛あり、我慢出来ずに受診されました。

a0082724_17593192.jpg

中鼻道・嗅裂には、粘膿性鼻汁認めず。
咽頭後壁・舌根扁桃・口蓋扁桃・耳管扁桃には白苔がベッタリ。
末梢血液白血球数 20,500/μl H
白血球3分類 リンパ球数  9,400/μl H
       単核球数   5,000/μl H
       顆粒球数   6,100/μl

顆粒球1万以下は、疑いなくウイルス感染症です。
投薬は
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス
コタロー麻黄附子細辛湯
フルティフォームエアゾール

白血球数2万超えでしたので、翌日受診してもらいました。
a0082724_1802033.jpg

各扁桃の状態は変化なし。
末梢血液白血球数  23,000/μl H
白血球3分類  リンパ球数 7,100/μl H
        単核球数  7,800/μl H
        顆粒球数  8,100/μl H

白血球数増加しているも、ウイルス感染症状態には変わりなし。
投薬は変えませんでした。

翌日受診をお願いしましたが、叶いませんでした。

当院だけが医療機関ではありません。
ご不満があれば当然指示に対して拒否反応は当然です。

そんな分けで、激しい初診時症状を打開する為、ウイルス感染症に限って、
リンデロン注4mg筋注を試行しています。
13日と22日書き込みの患者さんです。
そこで問題なのは、1週間後の確認受診が得られない事です。

患者さんの受診回数が少なくて、私の勉強にもなるという診療を目指し、
試行錯誤を続けています。

===========================================

昨日の続きです。
a0082724_1813732.jpg

会員数10万人の内、ほとんどの医師・歯科医師の目に止まるはずです。
大きなインパクトが想定されます。
素晴らしい企画だったと思います

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-29 18:11 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

術前術後

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

鼻閉で悩んでおられる方は、非常に多いと思います。
そんな10歳代後半の患者さん。
通年性アレルギー性鼻炎とスギ花粉症を持っておられますが、重症なんです。

下鼻甲介超音波凝固切除術、術前の状態。
a0082724_21421236.jpg

術後、
a0082724_21433662.jpg

術後1週間後には、改善が実感出来ると思います。

お母さんの応援が無ければ手術は、実現しなかったと思います。

鼻詰まりの人生は、解消出来るのです。

日帰り局所麻酔下手術です。
術後の抗菌薬・鎮痛剤は、通常、なしです。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:107mg/dl。

===========================================

a0082724_21472381.jpg


2013年6月、日本糖尿病学会が高らかに熊本宣言を行いました。
その熊本県の先生からのご投稿です。

糖尿病患者さんだけでなく、全ての方々に浸透してもらいたいと願っております。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-28 21:55 | 超音波凝固切除 | Comments(0)

血糖値に注目。

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

中高年の方々の鼻出血。
血糖値からの視点が重要です。
そんな、50歳代の患者さん。

当院受診前日、左鼻出血(大量との表現でした)。
基幹病院救急外来を受診し、ガーゼタンポンで止血後帰りました。
そして翌日当院受診されました。

体調チェック
血圧:139/89mmHg。
不整脈無し
救急外来での結果。
CRP:1.1mg/dl H
ALT(GPT):46U/dl H
血糖:222mg/dl H
HbA1c:9.6% H
白血球数 9,400/μl H

定期内服薬
トラゼンタ 糖尿病薬
アマリール 糖尿病薬
ユニシア 高血圧薬

当院受診時、タンポン抜去後の状態。
a0082724_2046458.jpg

左鼻中隔前部(キーゼルバッハ部)からの出血でした。
中鼻道・嗅裂には血液の流れは認めません。
止血処置は不要です。

まとめ。
自宅での止血対処方法を説明。
生活習慣病にはクスリ診療は疑問があります。
その結果が、検査値で示されています。
糖質制限を実行すれば、即日検査値は改善します
近日中に、豆腐・ゆで卵・ブロッコリー・マヨネーズを、しっかり摂って来院してみて下さい。
アマリールを中止していただく事は忘れません。

私の処方は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス。

健康を勝ち取るには、クスリに頼りきると墓穴を掘る事になります。
他人に任せてしまうので無く、自分の意思で行う糖質制限を実行するのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:101mg/dl。

================================================

a0082724_2162229.jpg

なんか、?
読者は、「あいうべ体操」と「口テープ」で鼻閉が治り、アトピー性皮膚炎が著明改善し、花粉症も大きく改善するんだ、と理解してしまいます。
鼻閉改善手術で花粉症の改善は当然ですが、アトピー性皮膚炎の改善は経験していません。
私が未熟?

各臓器の適正な処置は当然必要です。
最も重要なのは、血糖を上げない食事であることに変わりはないのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-27 21:32 | 鼻出血 | Comments(0)

急性中耳炎 症例355

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
ウイルス性感染症ですから、抗菌薬使用に無関係に改善増悪するのです。

1歳9ヶ月の赤ちゃん。
近所掛かり付け医療機関で、気管支炎と診断され、メイアクト等を服用中でした。
しかし、耳痛を訴え、当院受診されました。

a0082724_2226197.jpg

両側鼓膜は内陥傾向あり、繰り返す急性中耳炎が疑われます。
左鼓膜は軽度膨隆。
右鼓膜は膨隆なし。
左右鼓室内貯留液は鼓室の半分前後程度と思われます。
末梢血液白血球数 9,200/μl

ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎との診断が自然と思います。
投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス
メプチンドライシロップ

2週間後、
a0082724_22262910.jpg

左鼓膜の膨隆は消失し、本来の内陥傾向がお分かりと思います。
左鼓室内貯留液は約半分になり、
右は一部を残すのみと順調に改善が進んでおりました。

こういう風に、次回のウイルス性呼吸器感染症に罹るまでは改善の路をたどっていきます。
風邪ウイルスの免疫が十分になると、繰り返す急性中耳炎は治癒するのです。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎に、抗菌薬は要らんと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:97mg/dl。

================================================
a0082724_23243051.jpg

糖質は、炭水化物-食物繊維、です。
血糖値を上げるのは、糖質です。

糖尿病及び糖尿病予備群患者さんの増加傾向と図が合わないのです。
肥満・糖尿病・高血圧・脂質異常の増加は、糖質摂取の増加と歩調が合うはずなんですが。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-26 23:31 | 急性中耳炎 | Comments(0)

披裂軟骨隆起

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性喉頭炎も、日常診療で頻繁に遭遇する疾患です。
最も危険なのは、急性喉頭蓋炎 です。
呼吸困難を来すからです。

そんな、軽い程度ではありますが、呼吸困難を訴えて来院された患者さん。
40歳代の患者さん。

a0082724_21295794.jpg

右の披裂軟骨隆起の高度腫脹を認めました。
確かに気道が狭くなっておりました。

急性喉頭炎では、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
私は、そう思っています。

末梢血液白血球数 10,300/μl H
白血球3分類 リンパ球数  2,300/μl
       単核球数    500/μl
       顆粒球数   7,500/μl H
典型的なウイルス感染症のパターンです。
抗菌薬は不要です。

投薬
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレス
リンデロン注4mg筋注。1回のみの予定。

翌日。
a0082724_2130829.jpg

披裂軟骨隆起の高度腫脹は崩壊の始まりを呈していました。
呼吸困難は消失していました。
危機は脱したと判断しました。

末梢血液白血球数 12,400/μl H
白血球3分類 リンパ球数  2,600/μl
       単核球数    800/μl
       顆粒球数   9,000/μl H

「白血球数とその分類」検査では、ピーク状態が続いていました。

注意深い観察が必要です。
しかし、患者さんは、当方の思うようには動いてくれません。
3回目の受診が無いままで終診となりました。

喉頭蓋炎を含む喉頭炎でも、細菌感染症に遭遇することは、まず無いのが現状です。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:忘れました。

================================================

a0082724_2263975.jpg


従来の、運動療法、カロリー制限での食事療法、
そして、薬物療法では、
現在の延長線上でしかないと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-25 22:13 | 急性喉頭炎 | Comments(0)

抗菌薬を飲んでいたのに治らない。

四国徳島からです。

抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症診断では、「白血球数とその分類」検査を重視するべきと思います。
抗菌薬投与可否の参考になります。

20歳代の患者さん。
主訴は、咽頭痛。
4日前より抗菌薬服用するも効果得られないとの事。

a0082724_2183330.jpg

口蓋扁桃には白苔がベッタリでした。
急性扁桃炎に違いないのですが。
末梢血液白血球数  11,100/μl H
白血球3分類 リンパ球数  3,800/μl H
       単核球数   2,400/μl H
       顆粒球数   4,900/μl
顆粒球1万以下はウイルス性。
診断は、ウイルス性急性扁桃炎となります。
抗菌薬は不要です

翌日、
a0082724_2185423.jpg

末梢血液白血球数  10,200/μl H
白血球3分類  リンパ球数  3,700/μl H
        単核球数   1,900/μl H
        顆粒球数   4,600/μl
症状と局所の改善は著明でしたが、
「白血球数とその分類」では、改善とは言えません。
しかし、峠を越えたと思われます。

使用薬剤。
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアまたはキプレス)
コタロー麻黄附子細辛湯
リンデロン注4mg筋注。初診時のみ。苦渋の選択です。

なお、画像からお分かりのように、鼻腔の狭い部位有り、ノド狭いです。
よって、イビキ発生します。
患者さんも、そうですとの事でした。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:111mg/dl。

================================================

a0082724_21244617.jpg


日本には、糖尿病及びその予備軍の方達は、2050万人。
巨大な市場を巡って熾烈な戦いが続いているのです。
メーカーは売らなければならないのです。

患者さんの為に、医者のスタンスが問われる所です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-24 21:29 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

術後5ヶ月

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

基本方針②に該当する30歳代の患者さん。
主訴は高度鼻閉。待合室からグスグス連続音が聴こえてきました。

24年の状態。
a0082724_21122517.jpg


今年2月に鼻閉に耐えきれなくなり、
下鼻甲介の超音波凝固切除術をやりました。
下鼻甲介下面と後端を重点的に凝固切除しました。
骨に達する程度です。

本日、時々の鼻閉と外耳道のかゆみで受診されました。
a0082724_21125693.jpg

ビックリの美しさ。
右中鼻甲介後端に小さいポリープは認めましたが、
それにしても、美しい。

アレルギー性鼻炎には、ナゾネックス点鼻液を、
外耳道皮膚炎には、パルデスローションを処方しました。
外耳道皮膚炎に対しては、専門的処置が必要と思われました。

もう一つ、うれしい事がありました。
今年1月、88kgあった体重が80kgに減量成ったとの事でした。
手術と平行して説明した糖質制限を無理の無い範囲で実行していたのです。
若い人達が多い職場での普及をお願いしました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:89mg/dl。

================================================

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」からです。

2年にわたる糖質制限で、40kg減、A1cも最大9.9あったのが5.4程度になりました。
腎機能も糖尿病性腎症3期Aから2期まで回復しました。
感謝の念にたえません。今後も続けていきたいと思います。
2014/07/21(Mon) 23:21 | URL | のぼる | 【編集


糖質制限の効果は明かです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-23 21:37 | 超音波凝固切除 | Comments(0)

受診理由は、声がれ・嚥下痛・咳

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症の診断には、「白血球数とその分類」検査が非常に有用と思います。

50歳代の患者さん。
受診2日前より、声がれ・嚥下痛・咳、出現し軽快しないので来院されました。

a0082724_21401123.jpg

①鼻中隔弯曲を認めました。イビキありそうです。
②咽頭後壁には白苔中等量。
③喉頭は全体に腫脹軽度。声門に分泌物の絡まりを認めました。

末梢血液白血球数  11,900/μl H
白血球3分類  リンパ球数 3,000/μl
        単核球数  1,100/μl H
        顆粒球数  7,700/μl H

白苔が認められても、ウイルス性急性咽頭炎喉頭炎気管支炎です。
投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアorキプレス)
フルティフォームエアゾール

1週間後、
声がれ・嚥下痛は無くなったが、咳が続いているとの事で再来されました。
a0082724_21402677.jpg

①白苔は消失していましたが、中等度腫脹が残っていました。
②喉頭の腫れは、改善を認めました。

末梢血液白血球数 11,200/μl H
白血球3分類  リンパ球数  2,900/μl
        単核球数    900/μl H
        顆粒球数   7,400/μl H

白血球数と顆粒球数の正常化が遅れているようです。
診断には、間違いはないので症状が無くなるまで処方薬を続けるよう指示しました。

こんな場合、治らないから抗菌薬、早く治したいから抗菌薬は、くれぐれも止めて下さいよ。

糖質制限を取り入れた食事をと言う事は忘れません。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:98mg/dl。

================================================

a0082724_2211030.jpg

健康寿命を伸ばすには、生活習慣病を制御する必要があると思います。
それが可能なのは、
従来のクスリ診療で無く、
糖質制限、なんです。
食後、自己血糖測定器で、ご自分の血糖を測ってみて下さい。
クスリが大切なのか、食事が重要なのか、明確に分かるはずです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-07-22 22:16 | 白血球 | Comments(0)