<   2014年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

39.6℃の発熱

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症の診断には、「白血球数とその分類」検査が非常に有用と思います。
その場で、細菌性かウイルス性かの判断が出来てしまうのです。

30歳代の患者さん。
受診2日前に39.6℃発熱あり、咽頭痛もありとの事で受診されました。

a0082724_1757918.jpg

咽頭後壁は腫れていましたが、白苔なし。
口蓋扁桃と舌根扁桃には軽度~中等度の白苔を認めました。
視診だけで、ウイルス性か否かの区別は、私は出来ません。
比重は、いつもウイルス感染に置いていますが。

末梢血液白血球数 5,100/μl。

抗菌薬不要のウイルス性急性扁桃炎でした。
扁桃炎、即、抗菌薬診療はNGです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:95mg/dl。

================================================

a0082724_18313739.jpg


熱中症予防には、血糖値を上げない食事です。
その一環としての、糖分含有飲料水対策です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-30 18:36 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例351

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、容易に理解出来ます。

20歳代の患者さん。
受診理由は「耳痛」。
手持ちの抗菌薬と鎮痛解熱剤を服用していました。

a0082724_20424643.jpg

ごなたが見ても、急性中耳炎・急性副鼻腔炎ですよね。
当患者さんの場合は重症ですが、軽症でも、
繰り上げ100%ウイルス感染症です。

末梢血液白血球数 8,700/μl

間違いなく、自信を持って、ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎です

抗菌薬は、不要です。

患者さんは、半信半疑で帰られました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:104mg/dl。

================================================

a0082724_20581132.jpg


とんでもない博識の方と思うのですが・・・・・?
糖分・でんぷんがダイエットの大敵である事は当然お分かり。
ダメダメではリバウンドを来します。
大量糖質は止めて、低糖質を選んで摂って下さいと指導してあげたらと思います。

糖質制限を実行しないと非常に危険です。
密かにでもやって下さい。
おもしろがっている場合ではありません。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-29 21:10 | 急性中耳炎 | Comments(0)

翌日、再検査

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

感染症診療では、「白血球数とその分類」検査の有用性が際立つ事を痛感しているものです。

昨日書き込みした患者さん。
顆粒球が1万超えの患者さん。
具合により翌日受診して下さいと言うておきました所、
本日、来院ありました。
解熱傾向ですが、咽頭痛が出たとの事でした。

ヘッドライト下で口腔を観察すると、前口蓋弓にアフタ様発疹を認めました。
ヘルパンギーナ、でした。

末梢血液白血球数 10,800/μl H

細菌感染症ではありません。
抗菌薬は不要でした。
昨日は、「高熱と頭痛」だけでした。
状態を上手く説明出来ない場合には、翌日の再度検討が功を奏するんですね。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:92mg/dl。

================================================

a0082724_2218838.jpg


美味しそうでね。
しかし、
穀物に、ハチミツ・黒砂糖にドライフルーツに牛乳ですよ。
大量糖質摂取、です。

世の中、怖いものが沢山あります。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-28 22:23 | 白血球 | Comments(0)

迷いました。

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

抗菌薬を使い慣れていない私は、時に逡巡するのです。

7歳の小学生。
さっき、38.8度の熱が出て、頭が痛いと、来院されました。
ややしんどそうですが表情あり。
鼻閉鼻汁咳咽頭痛、無し。

末梢血液白血球数 16,300/μl H
白血球3分類  リンパ球数   2,700/μl
        単核球数    1,000/μl H
        顆粒球数    12,600/μl H


意外でした。
細菌感染症パターンでした。
ん・・・・・・・・・。
どうしよう。

明確な細菌感染症の症状・所見が不明でした。
ウイルス感染症の初期に見られる細菌感染症パターンではないかと考えました。

明日、体調が依然不良でしたら、白血球検査を再度行いましょう、という事にしました。

投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアorキプレス)。

なお、当患者さんは、
2010年11月19日、20日に書き込みした患者さんです。

現在は、風邪症状を呈しても、急性中耳炎を発症する事はなくなっています。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:108mg/dl。

================================================
ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」から。
糖質制限の効果
江部先生 こんにちは。
以前に一度質問をさせて頂いたものです。
そのせつはありがとうございました。
糖質制限を始めてから3ヶ月半が経ちました。
3ヶ月辺りから、炭水化物中毒の禁断症状が出なくなってきました。(低血糖症状、怒りなど)
今あらためて、糖質制限に辿り着けたこと感謝しています。
現在31歳ですが、高校に入学した頃から体調がどんどん悪くなって行っていたように思います。
考えてみれば、中学校までは給食でおかずをしっかり食べていたのが、高校にはおにぎりやパン、コンビニのうどんなどを毎日持って行っていましたので、体調が悪くなって当たり前だと思いました。
体調不良の症状としては、低血糖、イライラ、気分の浮き沈み、自責の念、疲労感、アトピー、掌蹠膿疱症、目の疲れ、唇の荒れがありました。
アトピーは、まだ野菜を食べ過ぎたり、甘い野菜を取るだけでふわっと痒くなりますが外側は完全にクリア、掌蹠膿疱症はものすごくゆっくりではありますが確実に改善の方向、他の症状は嘘のように消えました。
まるで別の身体を手に入れたように毎日元気で、楽しいです。これが健康なんだと。
過去の辛さ思い出すと涙が出ます。
スペイン在住で、周りに糖質制限を理解してくれる人は殆どおらず、説明しても変な顔をされるばかりですので、ただただ自分が元気になって行く姿を見てもらうことにしました。ここに書かせていただいたのは、他にも実は私のように長年解決出来ていない体調不良で悩んでいる方がいるんじゃないかと思い、そういうかたの励みになればと思ったからです
そしてあらためて、こうして日々ブログを綴って勇気づけて下さる先生に感謝いたします。
糖質制限が日本だけでなく、世界中に広まり、より多くの人がそれぞれのベストな状態に戻ることが出来ますように。
2014/06/25(Wed) 20:13 | URL | España | 【編集】


大量糖質摂取の危険性と糖質制限の有効性は、一人一人の体験から明らかと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-27 22:05 | 微妙な判定 | Comments(0)

繰り返す真菌症

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

耳鼻咽喉科の診療でも、視診は非常に重要です。
ファイバースコープ・内視鏡・顕微鏡による観察が必要です。

40歳代の患者さん。
毎年のように外耳道真菌症を発症しています。
約10年前からです。

今回、
a0082724_22201112.jpg

拡大して観察すると非常に簡単に診断出来ます。
右は乾燥状態ですが、真菌の存在は疑われます。
何時ものように左は、真菌塊を除去してニゾラールローションを塗布。
右も塗布しました。

いつも、2~3回のニゾラール塗布をすると非常に楽になります。
その時点で通院中断してしまうんです。
自分で通院出来る間に治してしまいましょう。
自己判断で通院中断しないように。

毎回言うんですが、どうなんでしょう。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:97mg/dl。

================================================

a0082724_22434471.jpg

そんなら、食後血糖値が、140mg/dl未満の人達には、もっと大きな特典が欲しい所です。
生活習慣病関連薬は不要なんですから。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-26 22:46 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

急性中耳炎 症例311 その4

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、細菌性かウイルス性かの判別は可能です。

昨年12月2日に書き込みした患者さん。
急性中耳炎は治癒状態に至りましたので、風邪症状の状態により母さんが判断して服用してもらうようにしていました。
今月4ヶ月ぶりの来院でした。
受診理由は、2週間続く鼻汁でした。

a0082724_2141750.jpg

大量粘膿性鼻汁を認めました。
ウイルス性急性副鼻腔炎です。
決め付けてしまいます。
鼓膜は全面、透明性非常に良好でした。

つまり、風邪をひいても、急性中耳炎を発症しない状態に至りました。
急性中耳炎の治癒です。
バンザイ!!!

問題は、繰り返すウイルス性急性副鼻腔炎です。
それに、アレルギー性鼻炎・鼻中隔弯曲症がどうからんでくるかです。
折々の受診の度に、鼻腔内の観察を続けたいと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:104mg/dl。

================================================

a0082724_2204635.jpg


年齢が上がるにつれて、ひどい状態です。
強い規制大きな号令が掛からないと、大量糖質摂取は続くでしょう。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-25 22:11 | 急性中耳炎 | Comments(0)

受診理由は咽頭痛・鼻閉

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性咽頭炎では、視診だけでウイルス性細菌性の判別は出来ません。私には。

20歳代の患者さん。
受診理由は、咽頭痛と鼻閉

初診時、
a0082724_21262875.jpg

両側耳管扁桃に厚い白苔。
両側咽頭側索と咽頭後壁に薄い白苔。
左中鼻道に大量粘膿性鼻汁。
末梢血液白血球数 7,800/μl

ウイルス性急性咽頭炎・急性副鼻腔炎と診断しました。
正解かどうか翌日再検査させていただきました。

a0082724_21273382.jpg

どうも、翌日がピークでした
昨日の白苔が、なおも厚くなっていました。
末梢血液白血球数 5,500/μl
白血球数の減少から考えて、病勢はピークを越えたと思われました。

1週間後、
a0082724_21274350.jpg

厚かった白苔は、ほぼ消失していました。

この間の投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアorキプレス)
コタロー麻黄附子細辛湯
でした。

はっきりとウイルス感染症と判定出来る場合には、抗菌薬は不要としています。
しかし、
顆粒球1万以上の場合に、ポロッと使ってしまう事は確かにあるんですよ。
本当は。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:97mg/dl。

================================================

a0082724_21552697.jpg


大量の糖質摂取が原因であることは明白です。
総論は賛成ですが、各論の実行となると各国とも実効性のある対策が打てないのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-24 21:59 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

急性副鼻腔炎と急性咽頭炎

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
しかし、急性咽頭炎は断定する事は出来ません。

50歳代の患者さん。
来院理由は、「37度代の発熱、嚥下痛、嗄声、咳」でした。

a0082724_21244466.jpg

①中鼻道を大量膿性鼻汁が流れていました。
急性副鼻腔炎です。
②咽頭後壁に、厚い白苔を認めました。
急性咽頭炎です。

「白血球数とその分類」検査で確認を取ります。

末梢血液白血球数 17,200/μl H
白血球3分類  リンパ球数   2,400/μl
        単核球数    1,400/μl H
        顆粒球    13,400/μl H


細菌感染症のパターンが出ました。

そこで、理屈を付けたいと思います。

急性咽頭炎が細菌感染症です。
急性副鼻腔炎及び急性喉頭炎・急性気管支炎はウイルス感染症と判断しました。

過去の経験からです。
時々、このパターンを経験してきました。

咽頭炎があって細菌感染症パターンには抗菌薬を使うのは根拠があります。
1週間後の観察で、咽頭の白苔は消失していました。
しかし、膿性鼻汁は減少していますが依然流れておりました。
この違いは、細菌感染症とウイルス感染症の合併と考えると納得できると思います。

それで、
ジスロマックSR
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアorキプレス)
フルティフォーム125エアゾール
の、3剤の投薬をしました。

1週間後の再来をお願いしましたが、どうなりますか。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:94mg/dl。

================================================

a0082724_215738.jpg


高糖質の食事が続く限り、生活習慣病の脅威に晒される事になるのです。
米国政府も分かっているので、「糖分摂取に関する勧告」が出されるのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-23 22:04 | 抗菌薬(抗生物質)使用患者さん | Comments(0)

県外からの患者さん

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

改善しない鼻腔・副鼻腔症状に対しては、手術を説明する事が多いです。
治そうと努力するとそれなりに結果が得られる機会を逃してしまうのは不幸と思います。

そんな機会を探してした、四国内からの30歳代の患者さん。
当ブログの閲覧がきっかけでした。
主訴は、鼻閉・後鼻漏。
データのやりとりで、
両側下鼻甲介肥大と両側上顎洞内ポリープが、その原因と結論しました。

行動は迅速でした。
5月初診時に、下鼻甲介超音波凝固切除を実施。

術前の状態。
a0082724_21535371.jpg

経過から考えて、数ヶ月に亘る急性副鼻腔炎が、ほぼ収束した状態と思います。
下鼻甲介下面と後端を重点的に凝固切除しました。
一部は骨に達する操作を行いました。

そして6月、左内視鏡下副鼻腔手術の為に、1泊での来徳でした。
次いで最近、右内視鏡下副鼻腔手術での来徳でした。
術前の状態です。
a0082724_2154621.jpg

①左下鼻甲介に凝固時の 痂皮が残っていました。骨に達していたの傷の治りが遅れているだけです。
②左中鼻甲介の癒着?接着?を認めます。
③現在、鼻腔副鼻腔状態は、最良です。最適の手術時期と思います。

左中鼻甲介癒着解除と周辺ポリープ様組織切除と右内視鏡下副鼻腔手術、実施、
翌日、タンポン抜去直後の状態です。
a0082724_21553375.jpg

上顎洞内ポリープ切除
後篩骨洞・篩骨胞・前頭窩のポリープ様粘膜切除
出来た手応え十分と思っています。

県外の患者さんは、近所の宿泊施設での1泊が必要にはなります。

今後の予定は、6ヶ月後の点検の為の来徳をお願いしました。
もし、修正が必要な場合には、その診察時に行います。

術後投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗剤(シングレアorキプレス)のみです。
抗菌薬の長期投与は致しません。

当患者さんは医療関係者です。
医療情報には精通されています。
そして、糖質制限を実行されておりました。
その割りに、クスリの使用が多い傾向でした。
ロイコトリエン受容体拮抗剤以外は全て中止するように指導しました。
今回の来徳時のお話では、ゴチャゴチャクスリの中止、実現していました。

公私ともに、充実した生活の基盤が確立していくと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:94mg/dl。

================================================

「三大栄養素のうち、血糖値を上げるのは糖質のみ」
分かりきった生理のABC。
血糖値を上げるような食事を推奨して、クスリを使おうとする現実。
悲しいです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-22 22:37 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)

平成20年の手術です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

改善しない鼻腔・副鼻腔症状の訴えには、手術を提案しています。

昨日の書き込みの患者さん。
画像の訂正させていただきます。
鼻中隔矯正術術後の画像は左右間違いでした。

右鼻中隔手術術後。
a0082724_215044.jpg


この手術以降、手術は中断してしまいました。

それが、今年1月下旬、咳と嗄声が出現、
a0082724_21151958.jpg

上顎洞よりの大量粘膿性鼻汁を確認。
末梢血液白血球数 8,400/μl


ウイルス性急性副鼻腔炎と診断、
ロイコトリエン受容体拮抗剤(キプレスorシングレア)
フルティフォーム125エアゾール
の、投薬いたしましたが、咳の消失には約1ヶ月、
嗄声はその後2ヶ月を要しました。

患者さんは言いました。
「あの風邪では殺されそうだった」と。

それで今回、左右内視鏡下副鼻腔手術を決断したわけです。
近所の方ですので、手術当日、自転車で来られていました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:108mg/dl。

================================================

a0082724_21313013.jpg

通院中でも、費用の割にコントロールが良くない、治療費が高い等で、治療を止めたい患者さんは、非常に多いとの調査がありましたよ。
糖尿病だと知っていても、実状を知っておられるのか、受診しない方も多いです。

糖尿治療薬の新薬は、雨後の竹の子状態です。
医師も右往左往では?
今回の、SGLT2阻害薬副作用情報で、またしても短期安全性さえも否定されました。
SGLT2阻害薬で、余った糖質を尿に出すんでしたら、
糖質制限して、不要な糖質を摂取しなければ良いではないですかという理屈が出るのは当然です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-21 21:44 | 鼻中隔矯正術 | Comments(0)