<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ウイルス性急性中耳炎・副鼻腔炎

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。


当ブログの書き込みも今年最後になりました。
今日、診察依頼があり来院された70歳代の患者さん。
鼻汁・痰・咳にて近医にて投薬を受けておりましたが、今日、耳痛・耳漏来たしましたとの事。
ムコダイン・ブルフェン・ペレックス配合剤・SPトローチの4種類の記載がお薬手帳に。

a0082724_23113295.jpg

①痰は大量粘膿性鼻汁でした。通常より著しく粘性が強いようでした。配合剤に含まれる抗ヒスタミン剤の影響が推測されます。
②右鼓膜は高度膨隆と自壊により原型をとどめない状態でした。

いつものように、急性中耳炎急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス性感染症です。

ウイルス性か細菌性かの鑑別は、「白血球数とその分類」検査を行うと容易です
「日本鼻科学会」での「急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン」解説では「鑑別は難しい」と述べられていることには、驚きあ然。

「白血球数とその分類」検査結果。
末梢血液白血球数  9,200/μl
分類を検討せずとも、ウイルス性感染症と、ほぼ断定出来るです。

こんな大量粘膿性鼻汁流出時に、気管支喘息発作を来す場合を頻繁に見受けます。

私の投薬は、シングレア、でした。

成人の急性中耳炎では、鼻腔・副鼻腔の不可逆変化の存在に注意する必要性を感じます。

決して治しに掛からないように。
待機作戦ですよ。

ここ当分は、何処まで治ってくれるか、経過観察に徹するのです。

なお、血糖値:125mg/dl(10:30)
血圧、137/83mmHg。
食後・食事開始後2時間も経過すれば、100mg/dl以下の表示が欲しい所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」3ヶ月を突破しました。
本日夕食開始90分後血糖値:88
主な食材:大量ブタ肉ミンチ・大量サラダ油・白菜・豆腐・スダチ 等。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

良いお年をお迎え下さい!
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-31 23:56 | 急性中耳炎 | Comments(0)

治らない咳と痰(後鼻漏)

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

当ブログ訪問された方から、11月1日書き込みに以下のコメントが届きました。

私もこのような症状で3年を迎えてしまっています。●●在住3●歳2児の子育て中なのですが、夏に百日咳にかかって以来、湧き出るような痰と喉風邪を引くたびに激しい痛みと拷問のような咽せ咳に襲われ眠れない日々と嘔吐きに苦しんでます。嘔吐きすぎると喉の下の方まで調子が悪くなります。
大きく違うのは慢性副鼻腔炎はなさそうで、鼻づまりしていません。慢性鼻炎は持ってますがクシャミと鼻水が何らかのきっかけに発作的にあるだけです。
今回12月21日に熱も無い喉風邪を引いて以来、咽せて嘔吐く咳が続いて、寝不足な状態です。嘔吐くピークは大分過ぎましたが、咽せ咳で出てくる淡が鼻水の一部なのかも分かりませんし、ネバッとしたものとゼリー状の固まりが、今も喉ちんこ裏辺からドバッと出てきてるような感覚です。カーっぺしすぎでか飲み込むときチクリとした痛みも出てきてます。
こちらのブログを発見して読んで、こちらなら詳しく分かって治す事が出来るのではと思いコメントに書き込みました。もう年末ですし、年明けてから1度診察して頂けないでしょうか?
お時間あるときにお返事頂けたら幸いです。


文面から、悲惨な日常生活が想像されます。
治療しても止めても治らない咳と痰(後鼻漏)。
最重要な検査、鼻腔・咽頭喉頭のファイバースコープ検査です。
診療の基本は、問診、視診、触診、聴診です。

ファイバースコープによる視診にて、今後の治療方針は判明するはずです。
治らない咳・痰(後鼻漏)。
何かせざるを得ないとは思いますが。

鼻腔・副鼻腔の連続的断続的症状をお持ちの患者さんは本当に多いです。
空腹時血糖100~110mg/dl以上、食後血糖140mg/dl以上の表示と非常に似ています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実施中。
たんぱく質、脂肪、葉物野菜、お茶、での日々です。
本日昼食開始後75分血糖値:125mg/dl

小学生であっても朝食を「糖質制限食」にすれば学校での授業中、眠気が格段に少なくなり成績上昇に寄与すると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-30 21:39 | コメントから | Comments(0)

内視鏡下副鼻腔手術の予定を予定しています

四国徳島からです。

来院患者さんの血糖値を観察していますと、高値を示す頻度にあ然としてしまう今日この頃です。

60歳代の患者さん。
当院初診は昭和59年。
20歳代で副鼻腔根本術
50歳代に鼻中隔手術。
その後、当院で内視鏡下鼻茸切除、3回。手術中ストップの号令が掛かるんです。

現在の主症状は、初診時より続く、「鼻閉」。

a0082724_16224389.jpg

両側嗅裂に大量粘膿性鼻汁を認めます。
増減しますが、解消する事はありません。

後篩骨洞蝶形洞の内視鏡下副鼻腔手術を予定。
局所麻酔下日帰り手術を予定。
高血圧・糖尿病・高脂血症での通院治療中でしたので、
血圧・血糖の測定を実施。
血糖測定は今回初めてでした。

血圧 120/66mmHg。
血糖値 244mg/dl。(10:00)

近所医療機関を回避し、車で20分前後は掛かる診療所へ通院しているに係わらず、これ?

当院では「糖質制限」の話は聞きたくないという表情がうかがわれるのですが、
本屋さんへGO!!!!

今回は、私自身の自信もあり、強い提案を致しました。

内視鏡下副鼻腔手術の件は、発熱のため中止になりました。

高血糖な生活には、危険な将来が待ち受けていますよ!。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実施中。
本日昼食開始後120分血糖値:99mg/dl
主要食材:豆腐、肉、野菜、スダチ 等。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-24 16:51 | 慢性副鼻腔炎 | Comments(0)

表情の減少が気掛かりな患者さん

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

最近は、「耳鼻咽喉科疾患」と「高血糖」をからめた診療にも取り組んでおります。

70歳代の女性の患者さん。
早朝、「糖質制限食」での食事中、携帯電話が鳴りました。
昨日の手術の患者さんからかと緊張が走りました。
「さっきから鼻血が出てとまらんです。診てもらいたいのですが」と患者さんの息子さんの嫁さんからでした。
慢性中耳炎で当院へ定期的に通院中の患者さんでしたが、「70歳代の高血圧のある鼻出血」でしたので、副鼻腔出血等の止血困難な出血で無いように祈りながら到着を待ちました。

嫁さんの運転の車で来院されました。
嫁さんが通院の世話をやってくれるなんて非常に稀な情景でした。
うらやましい限りです。

a0082724_21271512.jpg

鼻中隔前部粘膜に血管の突出を認めました。
出血は鼓膜穿孔を通って、外耳道に達していました。

全身状態チェック
①白血球数とその分類
白血球数4,700/μl、赤血球数350万/μl L、ヘモグロビン11,7g/dl、血小板5万/dl(指尖採血では低値になります)。
②血圧
161/90mmHg。興奮状態であることを考慮する必要有り。
③血糖値
144mg/dl。
空腹時としては高値でした。
1週間前の血糖値、137mg/dl(9時15分)でした。日本食を摂っておりました。

治療・指導。

①出血部位の瘤(こぶ)を鋭匙鉗子で切除しました。
切除部位を綿花で圧迫すること約10分でキレイに止血状態を達成しました。

②内科で降圧剤内服中との事も考慮して、
やっぱり、
「糖質制限食」療法を強く提案しました

仕事辞めてからの顔の表情が気掛かりでした。

お嫁さんの家族も巻き込んだ「糖質制限食」を、嫁さんに提案したものでした。

本屋さんへGO!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」続行中。
本日夕食開始後90分血糖値:106mg/dl。
主要食材、豆腐・イカ・大根人参葉物野菜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-23 22:01 | 鼻出血 | Comments(0)

突然の難聴耳鳴

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

今日も「突発性難聴」

70歳代の患者さん。
突然の難聴耳鳴にて来院されました。
外耳道鼓膜には著変認めません。

a0082724_2281897.jpg


12月17日
簡易聴力検査平均聴力損失(4分法):右63.75dB。
14:15血糖値:162mg/dl
血圧:168/70mmHg。

治療方針
①「糖質制限」。
糖質制限関係本の購入を要請、夕食からスタート指示。
②イソバイド液内服。
③自然治癒の期待。

12月18日
聴力損失(4分法):右43.75dB。
14:15血糖値:135mg/dl
血圧:138/47mmHg。

出来過ぎの、経過です。

「糖質制限食」だけの効果とは断定出来ませんが、始めると当日から自分の身体が何か変化が起きつつある実感が分かるんです。

何処まで改善するか楽しみです。

そして、現在内服中(他院処方薬)のメバロチン・ノルバスク・オルメテックの中止を画策しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」続行中。
本日昼食開始後120分血糖値:112mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-18 22:35 | 難聴 | Comments(0)

主訴は耳閉感

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上です。

80歳の患者さん。
関節リュウマチ、高血圧その他で通院中です。
それはそれは多数の薬剤が処方されております。
患者さんは、きちんと服用しているそうです。

当院には、「後鼻漏」で通院しています。
今回は、「左耳閉感」の訴えがありました。

a0082724_22301861.jpg

①咽頭後壁に、ひどいトロミ白苔を認めました。
②左上鼓室に、わずかな貯留液をみとめました。

一部に急性咽頭炎による中耳炎もありうるわけです。

急性咽頭炎の場合には、「白血球数とその分類」検査をやらないとウイルス性か細菌性かは決定出来ないと思います。

白血球数とその分類
末梢血液白血球数  9,800/μl
白血球3分類  リンパ球 2,400/μl
        単核球  1,200/μl
        顆粒球  6,200/μl


この時点で、ウイルス性急性咽頭炎と診断できるんです。
咽頭後壁に白苔が認めたから、細菌性だ、抗菌薬投与、ではないのですよ。

これはこれで抗菌薬非投与での経過観察をするのですが、
問題点をもう一つ発見しました。

血糖値です。

11月17日17:00血糖値:145mg/dl。
12月15日16:00血糖値:134mg/dl。

「糖質制限食」療法が必要と思うものです。
ダラダラと24時間365日続く軽度高血糖も非常に危険と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日昼食開始後60分血糖値:141mg/dl。
調味料にも注意して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-15 22:53 | 急性咽頭炎・扁桃炎 | Comments(0)

止まらない粘性鼻汁

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。

70歳代の患者さん。
高血圧症で降圧剤内服中。
脳ドッグで脳動脈瘤を診断されています。
眼底出血の経験あり。
ご主人が糖尿病からの腎不全で透析中です。
ご夫婦で不安な日々を過ごしております。

5年前、両側内視鏡下副鼻腔手術と鼻中隔矯正術を当院からの紹介で他院で受けられました。
どうしても、そこの医療施設で受けたいとの強いご希望がありました。

当院で、慢性副鼻腔炎+鼻茸+気管支喘息の診断名で、約30年間の長きに亘って通院加療中です。
しかし、手術療法は、5年前の手術以外、拒否を貫いております。

a0082724_22314352.jpg

こんな、大量粘性鼻汁を終始認めます。
「ノドに痰が掛かる」と、聞けば言うてくれますが。
「ノドの気持ち悪いのをどなにかして欲しい」とは言うてくないのです。
通院は欠かさず続くのです。

大多数の患者さんが、大なり小なり、こうなんでしょうね。
治りたい、
しかし、
手術はしたくない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実施中。
本日昼食開始60分後血糖:132mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-11 22:44 | 気管支喘息 | Comments(0)

突発性難聴

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

「糖質制限食」を実行すると、自分の身体に変化が起こっている事を実感出来ます。
これを耳鼻咽喉科疾患に応用しない手はないと思っておりました。

68歳の患者さん。
「急な右難聴」を訴え来院されました。
外耳道鼓膜を確認し聴力検査を致しました。
a0082724_2150742.jpg

11月18日初診。
右聴力損失:88.75dB(4分法)
血糖値:185mg/dl(10:00)
血圧:155/92mmHg

経験的に、急性感音難聴の治療でステロイド剤の有効性に疑問を持っておりましたので、次の方針を選択しました。

①「糖質制限食
②イソバイド液内服
③自然治癒

11月20日
右聴力損失:76.25dB(4分法)
血糖値:134mg/dl(9:30)
血圧:測定忘れました。

12月4日
右聴力損失:62.5dB(4分法)
血糖値:127mg/dl(11:00)
血圧:120/78mmHg

左聴力損失:35.0dB(4分法)ですから、同程度まで回復は至難ですが、どこまで改善してくれるか楽しみにしています。

血糖値も血圧も、絵に描いたみたいです。

「糖質制限食」で改善と言うのは早計ですが、手応え有りです。

「糖質制限食」を実行すると、確実に「血糖値」は改善します。
心身共に蘇る感じを実感出来ます。
心身に不調を抱えている方にはお勧めです。
理解のある医師と相談の上、実行して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実行中です。
本日夕食開始後60分血糖値:135mg/dl

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-09 22:23 | 難聴 | Comments(0)

医療ルネサンス 難聴

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

読売新聞から。
こんな記事が目に留まりました。

a0082724_16193461.jpg


聴力というのは、年齢と共に低下していきます。
高齢化するに連れて加速度的に進行していきます。
どなたも、「動脈硬化」が原因と申しております。
血管の問題、血液循環の問題、とするのは異論はないと思います。

記事には、こんな記載が。
「血管を若々しく保つことで予防も不可能ではありません」

何でここで終わりなん?
最も知りたい事を教えてくれないのはどんなん?

「糖質制限食」の効果を知ってしまった私、「ドクター上田」は、

急性慢性を問わず、難聴・耳鳴にも「糖質制限食」を提案しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実行中の私。

本日昼食開始後60分血糖値:133mg/dl

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-07 16:38 | 記事から | Comments(0)

持続的鼻閉

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。

本日の患者さん。
10歳代後半の患者さん。
何時も鼻が詰まっています、との事で来院されました。

a0082724_21475859.jpg


鼻腔の画像です。
お分かりでしょう。

患者さんと相談です。

「空気の通り道が狭すぎ。通るように削るか焼くかしませんか」

患者さん「・・・・・・・・・」

「飲み薬とかステロイドの点鼻薬を使うと、今より楽にはなりますよ」

患者さん「・・・・・・・・・」

「処方せんを発行しますから薬局でもらって、2週間後来て下さい」

患者さん「・・・・・・・・・」

患者さんの意図が不明な診察でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スーパー糖質制限食」実施中。
本日昼食開始後30分血糖値:143mg/dl。
       60分血糖値:154mg/dl。
       90分血糖値:110mg/dl。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2012-12-06 22:02 | アレルギー性鼻炎 | Comments(0)