<   2012年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

急性中耳炎での相談

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


インターネット上で、治らない急性中耳炎について、相談内容が掲示されていました。

本当に悩んでいまして、お時間ありましたら、相談にのっていただけたらありがたいです。
今6歳の子なのですが、チューブを入れるかどうかで迷っています。
1歳の時に急性中耳炎で切開。その後、急性のたびに抗生剤で治し、2歳の時から滲出性になり現在まで、5~6回切開もしたり抗生剤だけで治したりときました。
夏場は1ヶ月くらいは大丈夫な時期もあるのですが(この前の冬場は2ヶ月くらい大丈夫でした)、風邪をひくとまた水がたまって濁ってきます。その度に、軽い時は漢方で、ひどい時は最近はオゼックス、ジスロマックを飲んだりしています。先日の急性の時はオラペネムを飲みました。
チューブは、かかりつけの外来で出来ると言われていますが、うちでは大人も子供も大きい太いのを入れます、と。またチューブを取った後に、穴がふさがらなくなることもまあまああります、と言われ、穴をふさぐ手術は外来では出来ず転院して入院して手術になります、と言われて、チューブを入れることにためらいがあります。
このまま中耳炎の度に抗生剤を飲むことにも抵抗がありますし、かと言ってチューブ取った後の穴が残ったままになったらどうしよう、、、という不安もあります。
長々となってすみません。


こんな相談でした。

急性中耳炎が「肺炎球菌・インフルエンザ菌」等の細菌感染症であれば、抗菌薬(抗生物質)で治り、再発もほとんど起こらないと思います。

しかし、実際は、繰り返す傾向が高いです。

それは、ウイルス性急性呼吸器感染症との特徴です。

鼻腔・副鼻腔・鼓室は上気道です。

呼吸器です。

ウイルス性急性呼吸器感染症は生涯繰り返します。

その度に、抗菌薬使用は、身体にとって得るものは無いのです。


それでも就学時期前後までに治癒状態に至らない場合には、アデノイド肥大の確認とか鼻腔後半部の状態確認が必要です。

急性中耳炎の診療は

①抗菌薬を使わない。

②鼻・咽等の周辺整備に心掛ける。

事をモットーにやっております。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-31 16:45 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例293 RSウイルス陽性

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


急性中耳炎・急性副鼻腔炎の患者さんです。
1歳5ヶ月。
小児科通院中ですが、体温の不安定・大量膿性鼻汁のため耳鼻科受診を勧められての来院でした。

a0082724_11125912.jpg

当ブログの訪問者の方々はお分かりのように、
急性中耳炎は重症度に関係なく、ウイルス感染症です

鼻汁細菌培養同定検査、
a0082724_11131770.jpg

肺炎球菌・インフルエンザ菌が検出されますが、起炎菌である明確な説明を聞いた事はありません。

末梢血液白血球数  8,600/μl

そして、RSウイルス迅速検査、陽性

自信を持って、ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎です。

ですから、
2週間後、
a0082724_11133643.jpg

鼓膜の状態が初診時とほとんど同じで、改善していませんが、

抗菌薬、不使用、

鼓膜切開、いたしませんし、

鼓膜チューブ挿入とか、全く考えません。

週単位でのウイルス襲来増殖と居座りが、月単位になりますと、

繰り返す難治性の急性中耳炎・急性副鼻腔炎も、治癒改善に向かうのです。


くれぐれも、治そうとしてはならないのです。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-29 15:50 | 急性中耳炎 | Comments(0)

徳島新聞 読者の手紙から

おはようございます。
四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


本来は「急性中耳炎」についての書き込みが主体でありますが、

自分が、「食後高血糖人」で、「カロリー制限」と糖尿病治療薬(ジャヌビア・グルコバイ)で血糖コントロールに励んでおる関係から、糖尿病情報には敏感になっておりました。

しかし、コントロールは出来るんですが、次第に体力の低下傾向に歯止めが掛からなくなり、

そこに登場したのが「ドクター江部の糖尿病徒然日記」でした。

「糖質制限」、機序は直ぐに理解出来ましたが、米飯無し、パン無し、麺無しの生活。

このまま「玄米食」を続けても、お先真っ暗、

「糖質制限」を選択しました。

ジャヌビア服用中でした。

何か、めまいがする。

「低血糖発作」でした。

確信を得ました。

糖尿病治療薬は要らないと。

a0082724_9535719.jpg


こんな記事を読む度に、

信じて通院している患者さんが可哀想になるんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日朝食開始後60分血糖値:97mg/dl。

献立を自分で制御できて、運動も加わると、グルコーススパイクは出ません。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-28 11:13 | 糖尿病 | Comments(0)

急性中耳炎 症例292

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


5歳9ヶ月の患者さん。
反復性・難治性急性中耳炎」と問診から想像しました。
4日前から「オゼックス」を服用していました。
急性中耳炎の切り札として登場した新規抗菌薬です。
私は、未だ未使用です。

a0082724_1454455.jpg


細菌性急性中耳炎と診断し、抗菌薬を投与し、4日後に鼓膜膨隆は消失していました。

抗菌薬は無効だったと本当は判定しますよね。

有効であれば、2~3日で鼓室内貯留液の排出がほとんど完了しているはずです

抗菌薬が無効、

ほとんど、自然経過でないですか。

繰り返す急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、ウイルス感染症の特徴です。

だから、

急性中耳炎・急性副鼻腔炎はウイルス感染症です。

抗菌薬は繰り上げ100%抗菌薬は不要です。

ウイルス感染症に、どう対処するか、

次第に進行する鼻腔・副鼻腔のリモデリング(不可逆的変化)の対処法が年齢が進むにつれて重要になってきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「糖質制限食」の成果。

本日、昼食開始後60分:血糖135mg/dl(運動無し)

体重は減りすぎです。恐いです。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-26 14:30 | 急性中耳炎 | Comments(0)

慢性的高度鼻閉

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


本日提示の患者さん。
県境を越えて来院されました。
慢性的に経過している高度鼻閉。
下鼻甲介レーザー照射を今年の春に受けました。

a0082724_1252830.jpg


問題点
下鼻甲介肥大
左中鼻甲介のポリープ様肥大
右への鼻中隔彎曲


下鼻甲介と中鼻甲介と鼻中隔のアンバランスを是正する手術、

①左下鼻甲介超音波凝固+左中鼻甲介切除

次に
②鼻中隔手術

状況により
③右下鼻甲介・中鼻甲介の処理。

以上の手順で予定しました。

局所麻酔下日帰り外来手術で行います。

術後抗菌薬使用は、鼻甲介手術では不要です。

鼻腔・副鼻腔症状は、日常生活に多大な悪影響を及ぼします。

治せる病気は治しましょう。

やれば出来ると思います。



私の、本日朝食開始後1時間血糖、94mg/dl

「糖質制限食」のお陰です。

糖尿病治療の大転換が起こるでしょう。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-25 12:23 | アレルギー性鼻炎 | Comments(0)

糖質制限食

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


私は「食後高血糖人」。
発売直後から服用していた「ジャヌビア」を止めました。
「バランスを考えたカロリー制限」も止めました。
「カロリー制限」は地獄です。
「カロリー制限」では体力の減弱傾向に歯止めが掛からないのです。

「糖質」のみの計算をする「糖質制限食」を選択しました。



8月30日の「クローズドアップ現代」の内容に偶然行き当たりました。

糖質制限食 潜むリスクというものです。

しかし、この糖質制限食。
患者が自己流で行うと危険もあります。

長年、糖尿病に悩んでいたこの男性。
去年(2011年)、自己流で糖質制限を始めました。

「ごはん類とパン類を一切なくした食事です。」

糖質をほとんどとらなくなったことで、食事のカロリーは以前の3分の1にまで減りました。
2か月で血糖値の指標は大幅に改善しました。
ところがその後、体調が悪化。
足の筋力が衰え、手すりをつかまないと階段も上れなくなりました。
さらに視力にも異変が。

「このへんの表示とか、文字が全然見えない。」

病院で受診したところ、血糖値を急激に下げ過ぎたせいで、さまざまな異常が起きた可能性を指摘されました。

「自己流でやったんで、冷静にちゃんと指導でやっていればよかった。」

患者が暮らしの中で糖質制限を行う場合どんな課題があるのか。
糖尿病の食事療法を研究する金沢大学の篁(たかむら)俊成さんです。
篁さんは、糖質をどこまで減らしてよいのか、検証を進めています。
糖質を減らせば減らすほど、血糖値を下げる効果が期待できます。
しかし、十分なカロリーを保とうとすると、たんぱく質や脂質の量が増え、栄養のバランスが偏ってしまいます。
篁さんのチームでは、まず糖質を減らす場合、通常の食事の半分程度までとする基準を作りました。
そして、減らした分のカロリーは、動脈硬化のリスクや腎臓への負担が少ないオリーブオイルなど植物性の油で補うことにしました。

「糖質制限の食事になります。」

今、大学では工夫した糖質制限食を患者に食べてもらい、効果や安全性を調べる取り組みを進めています。

金沢大学医学部 篁俊成准教授
「患者が長く続けることができて、有効かつ安全な栄養のバランスを話し合いながら探っています。」


この失敗例は、「糖質制限」と「カロリー制限」を同時に実行した、初歩的なミスに過ぎません。

始める時には、「指導者」が必要です。

不具合があれば早めの相談が必要です。

「糖質制限」は、日本で、世界で、流布しなければならない貴重な手段です。

みんなで大きく育てる必要があります。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-24 22:33 | 糖尿病 | Comments(0)

急性中耳炎 症例273 その4

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


現在1歳3ヶ月の赤ちゃん。
8月17日、書き込みした患者さん。


a0082724_14201673.jpg

その後、8月20日、鼓膜自壊大量耳漏出現。
当然、大量膿性鼻汁
肺炎球菌・インフルエンザ菌等は検出菌です。
起炎菌ではありません。

25日の状態、
a0082724_14204252.jpg

両側大量膿性耳漏

9月15日、耳漏ほぼ停止。
a0082724_1421765.jpg


9月18日、耳漏完全停止、
a0082724_14213681.jpg

鼓室内貯留液の排出もかなり進行していました。

1か月間続いた耳漏ではありますが、急性中耳炎による耳漏は必ず停止します。

心配不要です。

挿入したチューブが感染源になっている場合には抜去が必要です。

繰り返すウイルス感染症・居座るウイルス感染症の場合には、何時までも肺炎球菌・インフルエンザ菌を検出します。

しかし、「白血球数とその分類」検査では、細菌感染症パターンは提示されません。

検出分離された肺炎球菌・インフルエンザ菌は、ウイルスの増殖が減弱するにつれて検出されなくなるはずです。

遺伝子を扱う時代、

分離菌検出菌と起炎菌の区別をやらない現在の急性中耳炎・急性副鼻腔炎抗菌薬診療、

不可解です。

信じられません。

もうひとつ、

私は「食後高血糖人」

昨日から、ジャヌビア50mgを止めました。

「糖質制限食」見習い中。

自分でやらないと、助言者はおいでません。

昼食スタート60分後:184mg/dl

おかずに思い当たる糖質がありました。

反省です。

昨日の昼食後:125mg/dlに油断しておりました。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-23 15:56 | 分離菌・検出菌と起炎菌 | Comments(0)

溶連菌感染症

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


本日提示の患者さんは30代。
「高熱・咽頭痛」でした。

口腔側からみても後鼻孔からみても、大量白苔

a0082724_153533.jpg


鼻汁の流れは認めません。

次の作業、

ウイルス性か細菌性かの判定が必要ですね。

「白血球数とその分類」検査。
末梢血液白血球数  21,100/μl H
白血球3分類   リンパ球   2,000/μl
         単核球     700/μl
         顆粒球    18,400/μl H


細菌感染症パターンです。

最後に、

溶連菌迅速検査

陽性でした。

溶連菌迅速検査は誤作動がありますので、信頼性の高い「白血球数とその分類」検査を優先します。

以上、

当院では、貴重な、抗菌薬使用患者さんでした。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-22 16:01 | 抗菌薬(抗生物質)使用患者さん | Comments(0)

左前頭部痛

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


60歳代の患者さん。
「左前頭部痛」にて近医受診されました。
脳外科紹介されCT撮影、副鼻腔病変を認め、近くの耳鼻科である当院を紹介され受診となりました。

発熱無し、鼻汁・後鼻漏は日常的にあります。

ファイバースコープ検査、

a0082724_21211928.jpg


大変な、大量膿性鼻汁を認めました。

細菌性か?

ウイルス性か?

大量膿性鼻汁です。

抗菌薬を出します?

抗菌薬をもらいたいですか?

私の選択は、

抗菌薬不使用でした。

数日後帰ってきた鼻汁細菌培養同定検査結果は、

α-溶連菌(1+)でした。

1週間後、

頭痛は消失して来ました。

しかし、

大量膿性鼻汁はそのまま?。

a0082724_21385841.jpg


粘性増加、量的減少傾向。

日常的症状が有る事を考え、CT検査を加味すると、手術を考えるのが妥当と思います。

抗菌薬を使わない努力が重要と思いますよ。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-21 21:47 | 急性副鼻腔炎 | Comments(0)

徳島新聞「減らさんで糖尿病」

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。
また、危惧しているのは、耳汁・鼻汁・咽頭喉頭からの検出菌分離菌を起炎菌と自動診断する伝統。


私は、「食後高血糖人」です。

試行錯誤してきました。

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」に出会い、衝撃を受けたのは昨年。

実行は困難と参考程度にながめておりました。

しかし、現在の「カロリー制限」療法では、地獄です。

昨日の徳島新聞掲載記事。

a0082724_9285856.jpg


徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター監修の記事です。

糖質・たんぱく質・脂質をバランス良く、かつ総量「カロリー制限」内に収める食事です。

一方、江部康二先生は、

「糖質制限」を掛けた食事を推奨しているのです。

ご飯、パン、麺、パスタ等は避ける、

肉、魚介類、脂質、一部を除く野菜、マヨネーズ等のかなりの調味料、その他色々は「可」なんです。

カロリーは計算しなくてよろしい。

「糖質」を計算しましょう、ということです。

例えば、糖質制限1食30gに設定すると、

ご飯150gは糖質約55gですから、確実に食後高血糖を引き起こします。

豆腐200gでは糖質約10gですから、食後高血糖にはなりにくいです。

マヨネーズ15gは糖質約0.6gです。

150gで約6gです。食べられませんが。

「糖質制限食」の方が楽です。

私にも、計算可能です。

「サンマ」1匹、安心して食べられます。

詳しくは、「江部の糖尿病徒然日記」その他「糖質制限食」のサイトを訪問下さい。

昨日、会社員の50歳代の患者さん。

昼食にラーメン、午後3時頃来院。

血糖:262mg/dl。

定期健診は毎年受けているにも関わらず「要治療」指示はなかったそうです。

私とソックリ?

「糖質制限食」を提案しました。
[PR]

by hanahanak2 | 2012-10-18 10:24 | 糖尿病 | Comments(0)