<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

白血球 症例2 その2

1歳3ヶ月の子供さん

依然、鼓膜膨隆が続いていました。

a0082724_12474046.jpg


こういう状態が続いていました。

以前なら、
①抗菌薬を換えて服用をつづける。
②鼓膜切開をやる。
でした。

現在は、
鼻汁が改善し、鼓室内貯留液が消失するのを待ちます。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-25 12:53 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例118

1歳7ヶ月の子供さん。
当院へは1歳4ヶ月時に初診でした。
繰り返し急性中耳炎を来します。
今回も、

a0082724_142730100.jpg


右は鼓膜が裂けて耳漏を認め、
左は鼓膜膨隆強いです。
鼻汁も多いです。

繰り返し繰り返しこういう状態になっても
抗菌薬は使わないんですよ。

中耳炎は、来年になるかも知れませんが、数年後かも知れませんが、
待っていれば治ってきます。
問題は、副鼻腔炎です。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-23 14:33 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例117

1歳4ヶ月
風邪にて他院で抗菌薬その他を1週間服用していました。
耳漏に気づいたので来院されました。
体温36.6度でしたが、夜は38度あったそうです。
表情は普通でした。
耳内所見では、急性中耳炎で耳漏が多量でした。

末梢血液白血球数 24,400/μl H

白血球3分類  リンパ球 30.0%    7,300/μl H
          単核球  19.6% H  4,700/μl H
          顆粒球  50.4%   12,400/μl H

現時点では、相当ひどい、ウイルス感染でした。
抗菌薬は要らないことを説明しました。
効いていれば、3日で治るはず、ほとんど治るはずです。
耐性菌感染であれば、白血球数とその分類は、上記の値にはならないと思います。
治るのを待つのです。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-22 12:06 | 急性中耳炎 | Comments(0)

白血球 症例4

5歳8ヶ月の患者さん。
鼓膜所見、症状ともピーク時に来院されました。

末梢血液白血球数 13,000/μl H

白血球3分類  リンパ球 19.9%    2,500/μl
          単核球   8.1%    1,000/μl H
          顆粒球  72.0%    9,500/μl H

白血球が15,000以下で少しの増加、顆粒球は10,000以下での増加です。
注目のリンパ球は、やや増加気味。

まず、ウイルス感染で間違いないと思います。

口実にしても良いから、抗菌薬の「取りあえず使用」は避けるべきなんです。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-07 18:25 | 白血球 | Comments(0)

白血球 症例3

4歳6ヶ月の子供さん
急性中耳炎のピークに来院されました。

末梢血液白血球数 18,400/μl H

白血球3分類  リンパ球 26.3%    4,800/μl H
          単核球  10.1% H  1,800/μl H
          顆粒球  63.6%    11,800/μl H

白血球が15,000以上ですが、
顆粒球が10,000を超えていますが、
リンパ球増多が認められるのは、
大多数、ほとんどが、
ウイルス感染と思うのです。

白血球がかなりな増加の場合であっても
即、
抗菌薬使用に走らないように。
ちょっと確認してみては如何でしょうか。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-05 13:01 | 白血球 | Comments(0)

白血球 症例2

1歳3ヶ月の子供さんです。

末梢血液白血球数 10,100/μl H

白血球3分類  リンパ球 42.2%    4,200/μl H
          単核球  23.0% H  2,200/μl H
          顆粒球  34.8% L  3,600/μl

白血球数が10,100/μlと少しの増加になっています。
この数値で、どうされますでしょうか。
遠い昔、白血球増多を示す場合は、抗菌薬投与と習いました。
白血球数の少しの増加には、
抗菌薬を使わないのです。

この患者さんは、鼓膜膨隆を認める、急性中耳炎でした。

抗菌薬を使わないとどうにかなってしまう、なってしまった、症例は経験していないのですが。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-03 18:09 | 白血球 | Comments(0)

白血球 症例1

4歳1ヶ月の子供さんが受診しました。

末梢血液白血球数 8,100/μl

白血球3分類  リンパ球 33.3%    2,600/μl
          単核球  10.7% H    800/μl 
          顆粒球  56.0%    4,600/μl

例外はあると思いますが、
この数値では、通常、抗菌薬は出さないですよね。
白血球は増加してないですから。

それが、どうして、
急性中耳炎・急性副鼻腔炎と診断すると、突如、抗菌薬が出てくるんでしょうか。
不思議????????
[PR]

by hanahanak2 | 2009-06-01 16:07 | 白血球 | Comments(0)