<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

急性中耳炎 症例32 その2

7歳になりました。

a0082724_1831228.jpg


繰り返していた急性中耳炎は1年前より消えてしまいました。
抗菌薬はずっと使っていません。
待っていると治ってきました。
急性副鼻腔炎は相変わらず繰り返しています。
鼻汁は前方に溢れずに、後方に後鼻漏として大量に流れています。

この後鼻漏が生涯を通して私たちを苦しめるのです。

治らないからと長期に抗菌薬投与は止めてくださいよ。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-31 18:40 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例111 その2

10ヶ月になりました。
今回は、発熱、鼻汁、鼻閉。
機嫌は良好。
2週間前には、鼓室内は空っぽになっていました。

末梢血液白血球数 24,400/μl H

白血球3分類  リンパ球 21.3%    5,200/μl H
          単核球   9.4%    2,200/μl H
          顆粒球  69.3%   17,000/μl H

白血球が非常に多くなっていますが、
ウイルス感染なんです。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎には、抗菌薬は要らないんです。
毎月、1回~3回は風邪のウイルスをもらって帰ります。
これが仕事なんです。
その度に、副鼻腔炎、そして、中耳炎と発症します。
これが、自然の流れと思うんです。
これで、少しずつ、ウイルスの抗体を蓄積していくんではないでしょうか。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-30 22:18 | 急性中耳炎 | Comments(0)

急性中耳炎 症例116

3歳5ヶ月の患者さん。
微熱、絶え間ない咳、大量の鼻汁。

末梢血液白血球数 18,900/μl H

白血球3分類  リンパ球 25.4%    4,700/μl H
          単核球  11.4% H  2,100/μl H
          顆粒球  63.2%   12,100/μl H

中耳炎であっても、鼻汁が多くても、咳がひどくても、
抗菌薬は必要ではないのですよ。
上記の数値は、ウイルス感染を示しています。
抗菌薬投与は、耐性菌を増やすだけで、何のメリットもないと思います。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-28 21:03 | 急性中耳炎 | Comments(0)

インフルエンザ 症例2

6歳7ヶ月
当院初診2日前に、インフルエンザと診断されていました。
急性中耳炎と急性副鼻腔炎を合併していました。

末梢血液白血球数 8,000/μl

白血球3分類  リンパ球 20.2%    1,600/μl
          単核球   8.8%      700/μl
          顆粒球  71.0%    5,700/μl


白血球に関しては、異常値を示していなかったです。
当然、抗菌薬は使わないです。
抗菌薬の標的は、常在菌ばかりです。
常在菌が耐性化してしまいますよ。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-25 08:29 | インフルエンザ | Comments(0)

インフルエンザ 症例1

30代の患者さん

高熱にて来院。

まず、

末梢血液白血球数 6,700/μl

白血球3分類  リンパ球 17.4%    1,100/μl L
          単核球   4.5%      300/μl L
          顆粒球  78.1% H  5,300/μl

次いで

インフルエンザウイルス抗原検出用キットにて、A型陽性。

インフルエンザの場合、白血球数は増加しない傾向があるように思います。

この患者さんは、抗ウイルス薬はご希望されなかったです。
自然に治るのを待ちますとの事でした。
この選択、
非常に良い選択と思います。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-24 08:54 | インフルエンザ | Comments(0)

急性中耳炎 症例115

初診は4ヶ月の時
現在9ヶ月

繰り返す急性中耳炎にて経過をみています。
「抗菌薬を使わない」で、大変な事態を来すと言う場面には遭遇していません。

今回も、38度の発熱、不機嫌、膿性鼻汁、咳等にて受診されました。
鼓膜は風船を膨らませた様に膨隆していました。

末梢血液白血球数 19,600/μl H

白血球3分類  リンパ球 32.7%    6,300/μl H
          単核球  14.8% H  2,800/μl H
          顆粒球  52.5%   10,500/μl H

ウイルス感染のパターンでした。
現在まで当院では8回の処方がありますが、すべて、抗菌薬不使用です。

医師の皆さん、ご自分が風邪症状の時にお試し下さい。
熱が有るから解熱剤、咳が出るから咳止め、痰がからまるから痰切り、ではないんですよ。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-05-20 22:39 | 急性中耳炎 | Comments(0)