<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

急性中耳炎 症例67 その3

初診は2歳3ヶ月
現在4歳4ヶ月
この間、経過観察を続けています。
1昨日と昨日38.6度、本日は37.1度、昨夜耳痛訴えていた。食欲良。
耳漏を認めました。

末梢血液白血球数 13,900/μl H

白血球3分類  リンパ球 20.7%    2,800/μl
          単核球  7.2%    1,000/μl H     
   顆粒球  72.1%   10,100/μl H

全身状態は回復傾向を呈しています。
白血球も15,000以下です。
ウイルス感染として、
抗菌薬なしで様子を観ます。
鼻汁の軽減に成功すれば、中耳炎は治ると思います。
待つのです。
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-30 14:57 | Comments(0)

急性中耳炎 症例89

5歳4ヶ月
初診1歳6ヶ月
未だ急性中耳炎を卒業出来てない子供さんです。

a0082724_1142027.jpg


右鼓膜は文句なし、
左はものすごく腫れていました。
膿性鼻汁も多量。
どなたが診ても、急性中耳炎・急性副鼻腔炎の診断になるはずです。
だから、取りあえず、抗菌薬となるのが、不思議なんです。
抗菌薬をもらわないと不安、
抗菌薬を出さないと不安、なんでしょうが、
抗菌薬を止めてみる少しの勇気(?)で 、日常診療が大きく変わると思うのです。
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-28 11:21 | Comments(0)

急性中耳炎 症例88

2歳
体温30.0度、不機嫌、食欲不振、鼻水、咳。
鼓膜はひどい膨隆を呈していましたが、緊張がほぐれて、皺が見られました。

末梢白血球数 14,400/μl H

白血球3分類  リンパ球 47.3%    6,800/μl H          
          単核球  12.0% H  1,700/μl H
          顆粒球  40.7% L  5,900/μl 

ウイルス感染ですので、抗菌薬は不要です。
急性中耳炎・急性副鼻腔炎では
抗菌薬は使わないで、診療を開始すべきです。
 
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-27 18:31 | Comments(0)

急性中耳炎 症例87

1歳3ヶ月
鼻汁・咳が治らない。体重が増えない。
体温36.6度、大量の膿性鼻汁、鼓膜膨隆ひどい。
抗菌薬を断続的に服用していました。

末梢血液白血球数 10,200/μl H

白血球3分類  リンパ球 46.9%    4,700/μl H
          単核球  12.9% H  1,300/μl H
          顆粒球  40.2% L  4,200/μl 

細菌感染ではないです。
抗菌薬は必要ないのです。
身体のあらゆる所に細菌は住んでいます。
この細菌は、現在、活動をしていません。
活動を開始しますと、顆粒球がぐ・・・んと増加し10,000/μlを超えて来ます。
ドクターとしての助言で一番大切なのは
抗菌薬の服用を中止して下さい、という事です。
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-26 15:40 | Comments(0)

溶連菌感染症 症例1

10歳
体温37.6度
発症初日初診
口蓋扁桃・咽頭扁桃は浮腫性腫脹のみ。

末梢血液白血球数 16,900/μl H

白血球3分類  リンパ球 17.4%    2,900/μl 
          単核球   8.8%    1,400/μl H
          顆粒球  73.8%   12,600/μl H
完璧な細菌感染パターンです。
しかし、視診では、所見が乏しい。
患者さんは、比較的元気。
1日待つことに。

翌日、

末梢血液白血球数 23,200/μl H

白血球3分類  リンパ球 11.6% L   2,600/μl 
          顆粒球  11.1% H   2,500/μl H
          顆粒球  77.3% H  18,100/μl H
溶連菌抗原迅速試験 陽性

この時点で、
抗菌薬使用を開始しました。
きちんと服用してもらえることを祈るばかりです。
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-15 09:21 | 溶連菌感染症 | Comments(0)

急性中耳炎 症例86

1歳7ヶ月
ずっといつも膿性鼻汁大量。機嫌が悪い。
鼓膜高度膨隆。

末梢白血球数 19,200/μl H

白血球3分類  55.9% H  10,700/μl H
          16.3% H   3,100/μl H
          28.8% L   5,400/μl 

白血球数のひどい増加、リンパ球もメチャ増加、
しかし、顆粒球の増加は無し。

細菌感染と判断して抗菌薬を使うのは止めて欲しいところです。
弱っている身体になお負荷が掛かってしまいます。
[PR]

by hanahanak2 | 2008-04-14 18:50 | Comments(0)