<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

急性中耳炎 症例49

8才
体温37.9度、咳少々、しかし、急性副鼻腔炎が猛烈。

末梢血液白血球数 10,400/μl H

白血球3分類 リンパ球 26.0%    2,600/μl
          単核球  16.6% H  1,700/μl H
          顆粒球  57.4%    6,100/μl

ウイルス性副鼻腔炎がウイルス性の急性中耳炎を誘発したと考えました。

大多数の急性中耳炎はこのパターンです。

抗菌薬を使う前には、白血球数とその分類をやってみては如何でしょうか。
やってもらうように頼んではどうでしょうか。
[PR]

by hanahanak2 | 2007-02-25 17:53 | Comments(0)

急性中耳炎 症例48

10ヶ月
37.8度、咳少々。鼻汁は水様性・粘性・膿性のがずっと続いていると。

末梢血液白血球数 17,500/μl H

白血球3分類 リンパ球 48.9% H   8,500/μl H
          単核球  15.3% H   2.600/μl H
          顆粒球  35.8% L   6,400/μl

猛烈なウイルス感染、ですね。
抗菌薬は出さないように、もらわないように。

水分補給が最も大切です。
[PR]

by hanahanak2 | 2007-02-15 15:02 | Comments(0)

急性中耳炎 症例47

4才
37.1度、咳は少なくなってきたが、鼻汁が続いています。
鼓膜は大きな風船を作っていました。

末梢血液白血球数 7,800/μl

白血球3分類 リンパ球 46.8%    3,600/μl H
          単核球  10.1% H    700/μl
          顆粒球  43.1%    3,500/μl

細菌感染ではないです。
抗菌薬は使いません。
急性中耳炎のほとんどの症例が、抗菌薬不要でないかと思ってしまいます。

  
[PR]

by hanahanak2 | 2007-02-13 14:39 | Comments(0)

急性中耳炎 症例46

4才
38~39度の熱が続く、咳もひどくなって、鼻もつまってきた、と言って来院。

末梢白血球数 8,500/μl

白血球3分類 リンパ球 27.2%    2,300/μl
          単核球  14.8% H  1,200/μl H
          顆粒球  58.0%    5,000/μl

症状はやや強いですが、抗菌薬は出さないように、もらわないように。
水分補給が必要です。

発熱で抗菌薬、咳で抗菌薬、青ばなで抗菌薬、
急性中耳炎だから抗菌薬ではないのです。
取りあえず抗菌薬、ではないのです。
[PR]

by hanahanak2 | 2007-02-05 23:10 | Comments(0)