カテゴリ:外耳道真菌症( 41 )

中断は再発しやすいです。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道真菌症は抗真菌薬の塗布で治るのですが、治療中断で再発を繰り返す場合があります。

20歳代の患者さん。
左耳閉感の訴えで来院されました。

8月28日(初診)
a0082724_21020944.jpg
左外耳道・鼓膜に真菌の塊。
右鼓膜も疑われます。
抗真菌薬:ニゾラールローションを塗布しました。
都合のつく日に受診して続けました。

9月10日
a0082724_21055925.jpg
左、消失したかに見えますが、白い粒状の小さい塊が無数にあります。。
右、まだ消えていません。

10月8日
a0082724_21075499.jpg
左、点状物がそのまま。
右、はっきりと大きい真菌塊に成長しています。

11月12日。
a0082724_21124724.jpg
2週間、来院が途絶えると、元の木阿弥。

本日、
a0082724_21142119.jpg

大きな塊は消失していますが、点状の真菌塊が残っています。

非常に手強い真菌症の患者さんです。
再発がなくなるのを確認出来るまで抗真菌薬塗布が必要と思います。

=================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:92mg/dl。

===============================================-=

医療ニュース
眼底の病気、AI画像診断 成功率8割超、早期発見へ光
大学 2016年11月15日 (火)配信朝日新聞

 目の底の病気を早期発見するために、名古屋市立大と情報システム会社「クレスコ」(東京都)が人工知能(AI)を使った画像診断システムを開発した。80%以上の確率で診断に成功し、人間ドックなどの健診での利用をめざしているという。

 AIが診断するのは「光干渉断層計(OCT)」と呼ばれる網膜の中心を撮影した画像。機器の前に座るだけで、数マイクロメートルの解像度で目の底の様子を撮影できる。必要な時間は数秒。自覚症状が無くても、老廃物がたまっていたり、異常な血管が生えていたりしないかなど病気の初期段階がわかるという。

 研究には、健康な目も含めた300人の両目のCT画像1200枚を使用。そのうち1100枚には、20年以上の臨床経験を持つ医師の診断をつけ、AIに学習させた。残り100枚の画像をAIに診断させ、1枚につき可能性の高い診断名を五つ挙げさせた。1番目に挙げた診断名が医師の診断と合致したのは83%、2番目までに合致したものを加えると90%だった。残り10%は症例数が少ない病気だったという。

 OCTはすでに普及しているものの、一つの病気でも多くの異常があり、複数の病気を併発していることも多いため、画像の診断には専門的な知識と経験が必要だ。研究チームの名市大大学院医学研究科、安川力(つとむ)准教授(視覚科学)は「すでにスクリーニングに使えるレベルは突破できている。人間ドックにOCT検査とAIによる診断を導入すれば早期発見、早期治療につながる」と期待する。検査機器を開発する企業と共同で、AIの診断システムを組み込んだOCT検査機器を開発中だという。(月舘彩子)

眼底の疾患も、早期発見早期治療は大切です。
しかし、予防が最も大切です。
糖質制限をおいて外にないと思います。

==================================================


[PR]

by hanahanak2 | 2016-11-17 21:32 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

来院理由は、右耳閉感

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

右耳閉感の症状で来院された50歳代後半の患者さん。
メニエール病?と思いながら鼓膜の観察をしました。

a0082724_2120585.jpg

右外耳道は、白い真菌塊と黒い真菌塊で充満されていました。
外耳道壁にかみついているので鉗除と吸引を繰り返し真菌塊を除去。
そして、外耳道と鼓膜に抗真菌薬を入念に塗布しました。

診察も処置も、処置用顕微鏡下に行います。

額帯鏡下またはヘッドライト下の視診・処置は不適当と思います。

外耳炎とか中耳炎とか診断して抗菌薬を使うと、火に油を注ぐ事になります。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:88mg/dl。

低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリーが、正しい糖質制限です。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-07-24 21:32 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

耳鼻科病歴が色々と。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

またも外耳道真菌症の患者さんに遭遇しました。

60歳代前半の患者さんです。
3日前より、右拍動性耳漏を自覚し来院されました。
問診で、過去両側内視鏡下副鼻腔手術・鼻中隔矯正術・下鼻甲介手術を受けておられました。
左突発性難聴の経験もあり、治らなかったそうです。

a0082724_2181867.jpg

右外耳道には真菌塊。
左鼓膜には擦過傷。綿棒の使い過ぎです。
左中鼻甲介は癒着強く、ポリープを認めました。残ったのか再発生したのかは不明です。
鼻中隔・下鼻甲介には問題ありません。

まずは真菌症治療です。
吸引清拭しては抗真菌薬の塗布を続けたいと思います。
左外耳道鼓膜皮膚炎は、清拭しステロイド剤塗布です。
鼓膜外耳道はこの治療を繰り返し、治癒状態達成を目指します。

中鼻甲介癒着と鼻茸は追加手術をと説明はいたしました。
この状態では後鼻漏が続くはずです。
内視鏡下副鼻腔手術では、術中の痛みで中断してもらった経緯があります。
前向きな反応はありませんでした。

突発性難聴と関係ありと思っている、
血糖値(10時半):101mg/dl。朝食はパンでした。
血圧:138/80mmHg。内服中との事。

60歳からが本当の人生と思います。
地雷を踏まないように、
健康生活を送る為には、
糖質制限生活を是非とも実行して欲しいのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
21時半血糖値:104mg/dl。

================================================

a0082724_2138117.jpg

納得の記事でした。
病的皮膚の修復には、毛細血管の正常化が欠かせないと思います。
それには、糖質制限の実行は欠かせないと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-08-23 21:42 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

指示通りの受診をお願いしました。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道真菌症も時々遭遇する疾患です。
皮膚炎と診断してステロイド剤を塗布しても治りません。
抗菌薬を使っても治りません。
抗真菌薬をきちんと塗布すれば治癒いたします。

30歳代の患者さん。
何故か25年ぶりに受診されました。

1年前より外耳道真菌症の診断で通院していたが治らないとの事で受診されました。

a0082724_20593443.jpg

拡大すれば診断は容易です。
カビ(真菌)です。
鼻中隔、左への突出中等度認めました。

真菌塊を除去しては抗真菌薬を塗布するを、くり返すと治るはずです。
最低1週間に1回は処置に来て下さいとお願いしました。
10回~15回繰り返します。

そして、
体型は、一瞥で過体重。
9時血糖値:107mg/dl。
食後としては高値ではありません。
「朝何食べたん」
「食パンとブラックコーヒー」
鼻中隔弯曲症と合わせ考えると、イビキ必発です。
「イビキかいてないで」
「自分では分からない」

糖質制限を勧めました。
糖質ばっかりの食事、糖質に偏った食事は、全ての人達に是正して欲しいです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日21時半血糖値:96mg/dl。

===============================================-

昨日の当ブログ記事で、
「日本人の肉、油の消費量はこの40~50年で3、4倍に増え、高脂肪・高カロリーの食生活に変わった。草食のウサギが肉ばかり食べたら、病気になってしまうのではないでしょうか」
という小泉武夫先生の発言がありました。

この記事で思い出しました。

HP「ローカーボ・プラスワン」 から。
いわゆる「コレステロール悪玉説」は、1960年頃に広まったとされています。しかし、その源流となる実験は、100年も前に行われたものでした。
 1913年、ロシアの研究者がコレステロールの豊富な脂肪食をウサギに大量に与えるという実験を行いました。すると、ウサギの血管に動脈硬化が見られたため、両者には相関関係があると考えたのです。
 動脈硬化とは、血液の中にある老廃物(プラーク)などが血管内壁に張りついて、その部分の血流を遮ること。最悪の場合は、血流が完全にゼロになってしまいます。
 しかし、このロシアの実験はとても無茶なものでした。草食動物であるウサギに大量の脂肪分を与えても、体が受け入れられるはずがありません。しかも、このときウサギにできた動脈硬化は血管の外側で、内側にできる人間のそれとはまったく違う疾患といっていいものでした。
 それなのに、この実験の広報効果は絶大で、今でも「コレステロール=悪」という教育が医学・栄養学の現場でなされているほど。ところが数々の研究により、コレステロール値が高い人のほうが長生きするというデータが世界中にあるのです。

 国内での研究結果を見てみましょう。
 神奈川県の約2万6000人を調査したデータでは、LDL-Cの値が100~120mg/dlを境に、数値の低い人たちのほうが死亡率が高い結果になりました。茨城県の約9万1000人を対象にしても行われ、こちらでも神奈川県と同様の結果が出ています。
 LDL-Cだけでなく、総コレステロール値や中性脂肪値においても結果は同様で、がん・脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクについても、数値が高い群のほうが低い結果になりました。

 つまり、コレステロールは重篤な病気を引き起こす原因だとは考えにくいのです。

 何より、ホルモンや細胞膜や脳や神経の材料として、人体には不可欠な物質です。「体に悪い」などといって避けるのはまったく無意味であり、もっともっと積極的に摂取するべきなのです。



無茶苦茶な実験結果が脈々と生きているんです。
最近まで信じ切っていたんです。

実験するなら雑食性の動物を選択して欲しいです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-07-12 21:46 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

耳痛・耳漏・耳閉感・難聴

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

またしても、外耳道真菌症の患者さん。
60歳代でした。

a0082724_2136681.jpg

真菌塊が外耳道に寄生しているかのように観察できます。
除去すると出血ありビラン面が現れてきます。
吸引・清拭・抗真菌薬塗布を続けます。
右も乾燥していますが、真菌有りとし抗真菌薬を塗布しました。

真菌症で間違いないか、処置の度に確認する事が大切です。

耳痛・耳漏でも、真菌症を念頭に置いて観察する習慣が必要と思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:112。

================================================

a0082724_221276.jpg


私でも分かります。
魚介類中心のたんぱく質・脂質摂取は危険です。
水銀等の重金属摂取への配慮が必要です。
おせち料理?
砂糖みりん日本酒での味付けです。
お雑煮は?
基礎インスリンは必要です。
追加インスリンが肥満ホルモンとして働くと思います。
「どのようなメカニズムが働いているか」を考えるようにしましょう。

活字になれば、正しいという分けではないのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-11-27 22:13 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

耳痛・耳閉感・難聴

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道真菌症では、症状として、耳痛・耳閉感・難聴等の外耳炎や中耳炎と同じ訴えになる事が多いと思います。
それに、抗菌薬を続けてしまうと真菌症は、なお増悪傾向になります。

そんな、20歳代の患者さん。

a0082724_2120112.jpg

左外耳道は、多数の傷状態。
右は真菌塊が外耳道を塞いでいました。
診断が付けば、真菌塊を吸引除去、清拭除去し、抗真菌薬を塗布です。
通院可能な日に受診し、吸引清拭抗真菌薬塗布をくり返すことになります。

観察と処置は、処置用顕微鏡下に行います。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:116。

===========================================

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」から。

糖質制限の受け止め方
初めまして、糖質制限半年目のたまごと申します。
「主食を抜けば糖尿病は良くなる」とブログをいつも参考にさせて頂いています。
身近に糖質を我慢するのが難しい、辛いという方がいます。私もふと炭水化物を食べたくなるときもあるのですが、ある日思ったんです。
健康を考えて、私はこの半生、ずっと脂質制限で生きてきたじゃないかと。焼き肉やバターやチーズやナッツなんてたまに(か、少しの)お楽しみでしたし、カロリーもほどほどに気をつけて、卵なんてあまり買わなかったし、「脂肪ゼロ」と書かれた食べ物なら糖質なんか見もせず安心して食べてました。
スーパー糖質制限で以前より脂質を増やし、今まで避けていた美味しいものが食べられるようになって、なんか制限というより『解禁』という方が合ってるような感覚です。バターを使ったプレーンオムレツの美味しさ、糖質制限しなかったら味わえない幸せでした(笑)
制限というと我慢と同じように感じる方もおられるかも知れませんが、『解禁』と思えば楽しい気持ちで続けられるんじゃないかなーなんて思いました。受け止め方次第で辛さは変わるんじゃないかなと。
その上健康になりますしね!私は食生活を変えて、貧血が劇的に改善されました。
これからも勉強させて頂きます。
そして、エリスリトールチョコレートは常備させて頂きます!
2014/11/21(Fri) 14:08 | URL | たまご | 【編集】


 本日の記事を見て本当に驚きました、拙い文章のコメントを取り上げて頂いてありがとうございます!恐縮の極みです!
実は母(64歳)が糖尿病で江部先生の御著書で糖質制限を知り、付箋をつけたり文章にラインを引いたりとしっかり読み込んで実践した結果、8ヶ月で11㎏減量し、血液データも改善して減薬もでき、膝と足首の痛みもなくなって大変喜んでおります。
母に代わってお礼申し上げます。ありがとうございました。
京都の冬は底冷えがきついと聞いたことがあります。お忙しいと思いますが、風邪など引かれないよう、御自愛くださいね。
2014/11/24(Mon) 15:02 | URL | たまご | 【編集】


================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-11-26 21:25 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

耳閉感、耳漏

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道真菌症は、診断治療が的確であれば簡単に治る疾患です。
それには指示通りの受診が欠かせません。

20歳代の患者さん。
当院へは全くの初診でした。
耳閉感・耳漏の症状では何回か通院した事があるとの事でした。
外耳道真菌症と診断された事もあるそうでした。

a0082724_231520.jpg

主な真菌塊は吸引してしまった後の状態です。
ドロドロの分泌物内容が不均一です。
真菌症の特徴と思います。
誤診かどうかをはっきりする為に、治療薬は抗真菌薬のみに致しました。
真菌症であれば必ず改善致します。

耳掃除のやり過ぎです。

中途半端に治療を中断すると、一生の付き合いになるのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:106mg/dl。

================================================

徳大病院だより no45からです。
a0082724_23252063.jpg

糖質を炭水化物と表記しています。
この上に、ご飯、フルーツ又はデザート、牛乳?等が付いているはずですから、総糖質量は90g超えますね。
推奨例として、上記3品+ゆで卵1個+チーズ1個とかはどうでしょう。
糖質25gぐらいになります。
砂糖・小麦粉・酒を、エリスリトール・おから粉・焼酎に替えれば、糖質20gになりますよ。
脂肪・たんぱく質の摂取をケチっては生活習慣病に負けてしまいます。

茨城県鹿島労災病院では、糖質制限給食を実施しているそうですよ。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-10-12 23:46 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

治療中断

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道真菌症は、適切な治療をすれば容易に治癒に至る疾患です。
それには繰り返しの通院が欠かせません。

8月16日に書き込みした患者さん。
数回の通院治療で中断しました。

9月耳閉感・難聴で受診されました。
a0082724_22161613.jpg

予想通りの再発です。
「ちゃんと来て下さい」
「お昼何食べたん」
「ラーメン」
HbA1c:5.4%。予想外の正常値でした。
これ1回きりの受診でした。

今月、受診ありました。
a0082724_22163359.jpg

1回の吸引清拭抗真菌薬塗布で治る分けはないです。
「昼何食べたん」
「カレーライス」
14時半血糖値:180mg/dl。
糖質に偏った食事を変えられないのです。
近い将来に食後血糖は200超えが想定されます。
血圧:128/70mmHg。

「何食べたん」と聞かれるのが嫌で通院が続かないの?

いらつく私でした。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:103mg/dl。

================================================

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」から。

14/04/05 ロードアンドスカイ お礼です。
昨年12月末 糖尿病と診断された50歳の男性です。

その時 空腹血糖値259 HbA1c11.6でした。その時から糖尿病について色々調べて3日後 先生のブログ 糖質制限に出会いました。インシュリンをどうしても打ちたくなかった私は、糖質制限の効果を信じて先生の著書をかたっぱしから読み、見様見真似で実行始めました。
最初の2週間はスーパーを。効果は抜群で 空腹90朝食2時間後120 HbA1c9.3 それから3か月 今はスタンダード(昼のみごはんを80g食べます)を実行していますが 今日時点 空腹105 2時間後105 HbA1c5.8になり 今朝の通院診断で、今まで飲んでいた薬も飲まなくて良いといわれました・。これからは3か月に1回くらいの通院 数字が今の状態を保てれば 通院しなくても良いと医者から言われました。
長年糖尿病で苦しんでいる方がみえる中 約3か月で正常値に戻り コントロールさえできれば問題ないと言われ本当にうれしい限りです。
糖尿病と糖質制限で 体重も12kg減り 体は軽くなりましたし、昼食後の眠けがなくなったり γ-GTP コレステロールなどの数値も以前より良くなり 今は以前よりも健康な状態です。
先生にお会いできたお蔭で健康体に戻ることができました。お会いしていなかったら今頃どうなっていたか・・・ 本当にありがとうございました。
余談ですが、最初の医者は糖質制限に対して絶対的な否定でした。そんなキワモノをやりたい方はお世話できないといわれました。ひたすらインシュリンを打て、食事はカロリー制限をしろとも。知り合いの紹介で今の医者に変わりましたが、今の医者も最初は少し否定的でした。ただ、最初の医者と違い、最初の診断時の話し合いでこちらの意見(糖質制限)を聞き入れてくれたのと、短期間での効果で今は穏やかに見守ってくれています。
糖質制限について否定的な意見・記事などを時々みかけますが 糖質制限で健康体を取り戻した私としてはこれ以上の方法はないと確信しています。
本当にありがとうございました。どうしてもお礼が言いたくて、この場を借りてお礼申し上げます。  これからも糖質制限を継続します。
以上です。】


糖尿病の真実を体験される患者さんは増加の一途です。
医師も食事療法を真剣に考えるべきです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-10-10 22:39 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

受診理由は、耳漏・耳閉感

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

最近、外耳道真菌症の患者さんが目に付きます。

30歳代の患者さん。
数日来の左耳漏・耳閉感の訴えにて受診されました。

a0082724_21191713.jpg

真菌塊が湿った状態と診断しました。
急咽・清拭しては、抗真菌薬の塗布をくり返すことになります。

心配は、治療の中断です。
再発例が非常に多いです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:101mg/dl。

================================================

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」で指示されたページにありました。

日本医事新報
【 質疑応答 】掲載:No.4713 2014年8月23日発行
内科:腎臓 - 糖尿病合併CKD患者への食事指導[Pro/Pro](今井圓裕→和田隆志)
金沢大学大学院医薬保健学総合研究科血液情報統御学教授 和田隆志

【Q】「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013」には,CKD患者の食事療法として,具体的な数値は記載されていません。本文中には,推奨される蛋白質摂取量として,「標準的治療としてのたんぱく質制限は,0.6~0.8g/kg・標準体重/日で指導することを推奨する。軽度の腎機能障害では,0.8~1.0g/kg・標準体重/日から指導を開始してもよい」と記載されています。
一方で,糖尿病性腎症患者では,蛋白質摂取制限による腎保護効果が認められないことが,CianciarusoやKoyaらの研究で示されています。糖尿病患者の蛋白質摂取量を制限すると,炭水化物や脂質によるカロリー摂取量の増加もあり,血糖コントロールにも問題が生じる症例もあります。
糖尿病合併CKD患者に具体的にどのような食事指導をするのがよいか,厚生労働省「糖尿病性腎症ならびに腎硬化症の診療水準向上と重症化防止にむけた調査・研究」研究班班長の金沢大学大学院・和田隆志先生にご回答をお願いします。
【質問者】
今井圓裕 中山寺いまいクリニック院長


CKD:慢性腎臓病
回答を待たずに、質問内容そのもので正解と、「ドクター江部の糖尿病徒然日記」でも説明があったと思います。

腎臓に負担を強いているのは糖質と思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-09-03 21:45 | 外耳道真菌症 | Comments(0)

生活習慣病が最大のポイント

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

お一人の患者さんを診察すると、色々と問題点がこんなにもと言うぐらい出てくるのです。
そんな50歳代の患者さん。

受診理由は、右耳痛・耳漏、でした。

体格が、一瞥で過体重の印象でしたので、ファイバースコープ検査をやりました。
a0082724_205849100.jpg

①右外耳道の腫脹がひどく、ファイバースコープ挿入が上手く出来ません。湿性の耳垢? 痂皮?で充満。ステロイドと抗真菌剤を塗布しました。真菌ならステロイドは止める予定です。
②左外耳道には真菌でベッタリ状態。真菌塊を除いて、抗真菌剤のみ塗布しました。
③中鼻道・嗅裂の鼻汁過多はなし。
④鼻中隔弯曲は中等度ありました。
⑤ノドが若干狭いです。

かなり痛がっていましたが、抗菌薬は原則使いません。
外耳炎は、自然治癒効果が高いからです。真菌の増悪も阻止したいです。
抗真菌薬ニゾラールローションのみ投薬しました。
日日の注意深い観察が必要です。

これからが重要です。
お薬手帳を拝見。
ミコンビ配合錠 高血圧薬2成分配合されています。
アダラートの後発品 高血圧薬
高血圧薬3成分を服用していました。コントロールが困難な患者さんと思われます。

BMI:27.8。過体重でした。
9時半血糖値:100mg/dl。朝食抜きでの来院でした。
血圧:128/92mmHg

主治医からは、運動しなさい、痩せなさいのアドバイスのようでした。

糖質制限を実行している方々はお分かりと思います。
糖質制限、です。
糖質制限で、オートマチックに体重正常化、血圧正常化、その他、脂質異常も肝機能障害も解消するのです。

糖質制限では、不思議な世界が体験できるのです。
それが、普通なんです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:101mg/dl。

================================================

ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」で教えてもらった日本医事新報のページです。

【 質疑応答 】掲載:No.4713 2014年8月23日発行
内科:腎臓 - 糖尿病合併CKD患者への食事指導[Pro/Pro](今井圓裕→和田隆志)
金沢大学大学院医薬保健学総合研究科血液情報統御学教授 和田隆志

【Q】「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013」には,CKD患者の食事療法として,具体的な数値は記載されていません。本文中には,推奨される蛋白質摂取量として,「標準的治療としてのたんぱく質制限は,0.6~0.8g/kg・標準体重/日で指導することを推奨する。軽度の腎機能障害では,0.8~1.0g/kg・標準体重/日から指導を開始してもよい」と記載されています。
一方で,糖尿病性腎症患者では,蛋白質摂取制限による腎保護効果が認められないことが,CianciarusoやKoyaらの研究で示されています。糖尿病患者の蛋白質摂取量を制限すると,炭水化物や脂質によるカロリー摂取量の増加もあり,血糖コントロールにも問題が生じる症例もあります。
糖尿病合併CKD患者に具体的にどのような食事指導をするのがよいか,厚生労働省「糖尿病性腎症ならびに腎硬化症の診療水準向上と重症化防止にむけた調査・研究」研究班班長の金沢大学大学院・和田隆志先生にご回答をお願いします。
【質問者】
今井圓裕 中山寺いまいクリニック院長


糖質過多は、血糖を過度に上昇させます。
糖質過多は、脂質異常を起こします。
大量のたんぱく質は、アミノ酸に分解されて血となり肉となり血管の修復にも使うので全ての臓器にとって有難い成分と思います。
高血糖の血液、脂質異常の血液があらゆる臓器を壊していると思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-08-31 21:42 | 外耳道真菌症 | Comments(0)