カテゴリ:好酸球性副鼻腔炎( 1 )

再び悪化

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

6月15日書き込みした患者さん。
ロイコトリエン受容体拮抗薬に切り替えて大いに喜んでいましたが・・・・。

今月、
a0082724_18571621.jpg

上顎洞粘膜がポリープ状変化。
中鼻道に大量膿性鼻汁。ニカワ状ではないようです。
悪化しましたが、細菌感染ではありません。
ロイコトリエン受容体拮抗薬
ナゾネックス点鼻液
フルティフォームエアゾール
を続けます。
沈静化を待ちます

より良い状態にする為に、
a0082724_18574188.jpg

上顎洞開窓部と前頭窩の追加内視鏡下副鼻腔手術をと勧めております。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:101mg/dl。

================================================
2016年6月18日読売新聞
a0082724_21422862.jpg

競技中に何をどのくらい補給するかは、
例えば、血糖やケトン体を測れば良いのです。
本当に低血糖が起こっているのか、ケトン体不足になっているのか分かると思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-07-14 19:04 | 好酸球性副鼻腔炎 | Comments(0)