カテゴリ:アデノイド肥大( 2 )

鼻声

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

小学校低学年の患者さん。
受診理由は、鼻声。
a0082724_11570038.jpg


アデノイド肥大により軌道が狭くなっています。
どうするか?
まずは経過観察です。
アデノイド肥大がそのまま成人まで続くとは考えられないです。
成人の方で、アデノイド肥大中等症の方はほとんどありません。

滲出性中耳炎の治癒が遅れている。
イビキが高度。
睡眠時無呼吸がひどい。
こんな場合には切除術を提案します。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日12時食前血糖値:115mg/dl。

===========================================

臨床ニュース
SSI予防に術直前血糖値110-150を勧告【米国外科学会】
米国外科学会・米国外科感染症学会が新GL発表
米国学会短信2016年12月14日 (水)配信 内分泌・代謝疾患一般外科疾患感染症投薬に関わる問題

 米国外科学会と米国外科感染症学会は12月1日、手術部位感染(SSI)の予防、診断、管理に関する各種ガイドラインを発表した。

 米国外科学会によるとSSIは院内感染の20%と最も多く、入院期間を約10日延長させたり、入院コストの上昇をもたらしたりするだけでなく、死亡リスクを2-11倍上昇させるとのデータもある。一方、SSIの60%は予防可能と考えられている。

 今回、作成されたガイドラインは周術期だけでなく、入院前から退院後の感染管理を網羅。院内でのSSIリスク低減策として、糖尿病の有無にかかわらず全ての患者の手術直前の目標血糖値を110-150mg/dLとすることを推奨。推奨の合意形成においては(1)これまでの研究から糖尿病患者や糖尿病治療薬の使用がSSIのリスク因子として知られている、(2)一方、長期的な血糖管理が良好であることよりも手術直前の高血糖への介入がより重要であることも指摘されるようになっている、(3)手術中の高血糖がSSIリスクを上昇させること、極度の低血糖が有害事象や低血糖エピソードを増大させるがSSIのリスクを低下させるわけではないことも報告されている―などの知見が考慮された模様。

 また、各種先行研究で喫煙者のSSIリスクが最も高いこと、過去の喫煙歴がある場合も一度も喫煙歴がない人に比べSSIリスクが高まることが指摘されていることから、手術4-6週間前からの禁煙を指導することを推奨している。

 GL作成関係者は「今回のGLの重要なメッセージは患者の予後改善の鍵は患者自身が握っているということ。SSI予防を可能にするための行動として、禁煙、糖尿病患者の場合は良好な血糖管理、そして一部の患者においては減量などが挙げられる」と説明している。

関連リンク
American College of Surgeons and Surgical Infection Society Announce New Guidelines for the Prevention and Treatment of Surgical Site Infections


========================================================



[PR]

by hanahanak2 | 2016-12-23 12:10 | アデノイド肥大 | Comments(0)

2度目を。

四国徳島からです。

当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

数年前より、抗菌薬適正使用について、当ブログに訪問していただき、電話でのやり取りを行ってきた現在8歳の患者さんです。
4歳児当時、繰り返す急性中耳炎・急性副鼻腔炎で繰り返し抗菌薬投与を受けるも、
繰り返し急性中耳炎・急性副鼻腔炎を繰り返す状態が続いているとの事で相談を受けました。
「白血球数とその分類」検査の状況から、繰り返すウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎と診断し、ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレスの継続的な内服を勧めておりました。
それから間もなく、九州地方から当院に受診されました。

a0082724_2127742.jpg

①急性中耳炎は治癒状態。
アデノイド肥大が目立ちました。中耳炎と副鼻腔炎ばかりに注意が向けられていましたので、指導の方向転換が必要となりました。
③粘膿性鼻汁は中等量。

指示としては、
口蓋扁桃摘出+アデノイド切除、ですが、やるかやらないか、やるとすれば何時やるか、ご家族に決定を任せざるを得ないのです。
「やれば、直ちに楽になります。しかし、年々アデノイドは小さくなる傾向性質があります」
こんな説明をしました。

6歳時に全身麻酔下で地元の病院で手術を受けました
主治医より、アデノイドは3割ぐらいしか取れなかったとの話だったらしいです。
手術すれば必ず全て計画通り出来る事はあり得ないのですと、話したものでした。
しかし、しばらくの間、絶好調との連絡を受けておりました。

所が、最近半年前より、鼻汁・鼻閉・イビキがひどくなり、食事での嚥下がうまく出来ないようになり、2回目の受診となりました。
a0082724_21291347.jpg

①飛行機を利用しましたので、航空性中耳炎を発症していました。
②中鼻道前半は文句無し。後半部に粘膿性鼻汁、中等量認めました。想定以上のきれいな鼻腔でした。
③口蓋扁桃摘出は問題無し。アデノイドは、・・・・・・・・。
鼻腔・副鼻腔手術と同じで、1回目で解決出来ない時には、2回目の手術をと言う事になります。

アデノイド肥大さえ解決すれば、本来の鼻呼吸が復活し、全ての症状が大幅改善すると思います。

なお。
末梢血液白血球数 7,900/μl
でした。抗菌薬は不要です。

そして、最後に、ご家族での糖質制限の実行をお願いしました。

===========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:97mg/dl。

===========================================

私達の血液量は約5L。
血糖値100mg/dlとして、
5Lの血液中に、糖質は5g。

これを基準にして、私達はいくらの糖質を摂取すればよいかは、おおよそ分かります。
一日に200~300gの糖質は要らないと思います。
一食にご飯150gでも多すぎます。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-08-25 21:47 | アデノイド肥大 | Comments(2)