カテゴリ:腫瘍( 4 )

甲状腺がんに新療法

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

先日に続き、がん新療法。

a0082724_21061534.jpg
世界規模でがん征圧に向けた研究が熾烈を極めております。
成功すれば、これが世界標準になると思います。
患者さんの為に、日本の為に、世界の為に、成功を望むものです。

がん征圧には
1、予防策の進歩
2、治療の進歩
3、治療・再発予防の為の栄養療法の進歩、
等の充実が必要です。

「オプシーボ」を超えて欲しいです。
治療費は格安でお願いしたいです。

=================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日21時血糖値:102mg/dl。

================================================


[PR]

by hanahanak2 | 2016-09-22 21:23 | 腫瘍 | Comments(0)

近赤外線と抗体でがん狙い撃ち!

赤外線で「がん細胞」だけを狙い撃ち!オバマも注目の新治療法を日本人が開発
2016年6月12日 MONEY VOICEビジネス・ライフ

人体に無害な光でがん細胞を壊すという、新しい治療法が米研究所の日本人によって開発され話題を呼んでいます。なんでもマウス実験では8割のがんが完治したうえ、副作用が少ない新治療法としてオバマ大統領も注目しているのだとか。3〜4年後にはがん治療薬として米国での承認を目指すというこの夢のプロジェクトに関して、メルマガ『週刊 サイエンスジャーナル』が現在のがん治療状況を交えながら詳しく解説しています。

米国での認可は3〜4年後か 人体に無害な光でがん細胞を破壊

先進医療で「がんは治る時代」へ

がんの治療というと第1に挙げられるのは外科的な手術。第2の方法が化学療法で、いわゆる抗がん剤による治療法。第3の方法が放射線治療ということになる。日本の現状は7から8割が外科的な治療であり、放射線治療は2から3割であるが、アメリカやヨーロッパで多いのは放射線治療で、がん治療の7から8割を占めている。

最近では重粒子線や陽子線などで、がんは治る時代になった。しかし、すべての人がこの先進医療が受けられるわけではない。設備が十分ではないからだ。治療には、加速施設が必要で、重粒子線は、千葉県の放射線医学総合研究所、兵庫県粒子線医療センター、群馬大学の3か所、陽子線は、福島県、つくば市など5か所に限られている。

また、がんの中にも向き不向きがある。ピンポイントのがんに放射線を照射する治療法なので、転移性のがんや白血病などの全身に広がるがんには効かない。また胃がんや大腸がんなどよく動く消化器官のがんには向いていないなどの問題もあった。

そして、通常の保険診療と費用の扱いが異なる。先進医療は保険対象外のため、患者が全額を支払わなければならないという点も問題だ。通常医療費は全て保険の対象となり、患者は一部負担金(3割分)を支払えばよい。先進医療の費用負担額は全額約250万円以上にもなる。

人体に優しいがん治療法~近赤外線と抗体でがん狙い撃ち!臨床実験へ

今回、人体に無害な光(近赤外線)を当ててがん細胞を壊す新しい治療法を米国立保健研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らが開発し、患者で効き目を調べる治験(臨床試験)を近く始める。光を受けると熱を出す特殊な化学物質をがん細胞の表面に結びつけ、がんだけを熱で狙い撃ちする。

近赤外線は放射線や陽子線と違い正常細胞には無害であるし、取り扱いが容易である。標的となるがん細胞に対しては抗体を使い、がん細胞に結びついた抗体は近赤外線に反応してがん細胞を効率的に攻撃するなどの工夫を取り入れた。

『週刊 サイエンスジャーナル』(2015年5月17日号)より一部抜粋

時代は急速に変わっていっているんですね。
費用対効果に注目が集まって来ると思います。

===================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:99mg/dl。

=================================================

台風16号、四国室戸岬を通過中。

================================================


[PR]

by hanahanak2 | 2016-09-20 11:52 | 腫瘍 | Comments(0)

受診理由は咽頭痛

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

20歳代の患者さん。
咽頭痛で受診されました。
ヘッドライト下にて口蓋扁桃に軽度白苔を認めましたが、念の為、ファイバースコープ検査を行いました。

a0082724_2118068.jpg

①咽頭後壁、軽度腫脹。
②ノドが狭い。
喉頭に血管腫
何コレ!!
呼吸で動いていますよ!!

基幹病院へ紹介しますからご家族と相談して下さいと説明しました。

末梢血液白血球数 7,200/μl

ウイルス性急性扁桃炎・咽頭炎。
ロイコトリエン受容体拮抗薬とコタロー麻黄附子細辛湯カプセルを選択しました。

症状が無くても、一生に一度は鼻腔咽頭喉頭ファイバースコープ検査を受ける事をお勧めします。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:101mg/dl。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-01-23 22:30 | 腫瘍 | Comments(0)

びっくりしました

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

先日の患者さんにはびっくりしました。

1ヶ月半前より咽頭痛が続く、治らないとの事で来院されました。

a0082724_214583.jpg


診察後、基幹病院へ紹介させてもらいました。

ただただ、回復を祈るものです。

血糖値10時:183mg/dl。
朝食:ご飯、味噌汁、野菜サラダ。
18年前より糖尿病治療していました。
大量糖質摂取では、血糖管理は不可能です。
これも恐ろしい現実です。

これからの闘病生活には、糖質制限が大きな武器になるはずです。

ネバって、ガンバレ!!

================================================

「スーパー糖質制限」実施中。
本日朝食開始60分血糖値:107mg/dl。

a0082724_21262854.jpg

全国の医師会に先駆けて「糖質制限」を普及しないと、現状の打破は叶わないと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-07-05 21:31 | 腫瘍 | Comments(0)