カテゴリ:マイクロデブリッダー( 3 )

イビキは小さくなっています。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

2015年11月3日書き込みしたイビキで悩んでおられた患者さん。
その後調子(イビキ)良くなったので次の手術はやりたくないとの事で通院も中断していました。
今回の来院は、「鼻をかむと血が付いてくる」でした。

a0082724_21183476.jpg
イビキはありますがパートナーの言では「小さい」との事でした。
アチコチに狭い箇所がありますが前回の手術での効果が持続していると思われます。
最初の手術前と比べ随分鼻道は広くなっています。
左中鼻甲介・下鼻甲介の超音波凝固とマイクロデブリッダーによる切除を2015年に行いました。

今回の鼻出血は、鼻中隔弯曲による左鼻腔の狭さから来ていると思います。
鼻中隔手術とか下鼻甲介・中鼻甲介の追加手術とかは全く考えておられませんでした。
本人さん自らは、手術はやりたくないのです。

また、パートナーの方からの激励がありましたらやりましょう。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:113mg/dl。

==============================================

a0082724_22040297.jpg
カロリー制限食(エネルギー制限食)では防げません。
糖質制限食、
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食で防げます。
医療の世界の方々は、この日本の沈没を願っておられるのでしょうか。

=============================================




[PR]

by hanahanak2 | 2017-02-14 22:10 | マイクロデブリッダー | Comments(0)

イビキがうるさい

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

鼻閉・イビキ・睡眠時無呼吸に対し、鼻甲介に対しての手術を行っていますが、
術後無タンポンが可能な超音波凝固切除では、術後鼻閉が1週間は続くのが欠点です。
それで、考えたのが、マイクロデブリッダーでの切除です。
熱を加えないので術創の反応が少ないです。
しかし、術後止血タンポンが必要になってきます。
勿論、創傷被覆材アルゴダームを使用します。

昨年10月3日に書き込みした20歳代の患者さん。
「イビキ止まった」と言って、中断していました。

今回、「またイビキうるさいと言われる」との事で受診されました。
a0082724_16513967.jpg

左右共、総鼻道と中鼻道が狭いです。
鼻中隔弯曲も右へ左へです。
ご家族からのクレームでイヤイヤの受診ですから、鼻中隔矯正術は勧められません。
侵襲のより少ない手段を考える事になります。
それで、下鼻甲介・中鼻甲介のマイクロデブリッダーでの切除を勧めました。

まず、左から実施しました。
日帰り局所麻酔下内視鏡下手術です。
下鼻甲介下面を前端から後端までマイクロデブリッダーで削りました。
次いで、中鼻甲介外側を前端から後端まで削りました

中下鼻甲介後端部はポリープ状肥大を呈していました。
総鼻道の止血アルゴダーム(大)は手術翌日抜去しました。
中鼻道のアルゴダーム小5連結は1週間後に抜去しました。
直後の状態です。
a0082724_16515757.jpg

総鼻道は、明らかに広くなっています。
中鼻道は、現時点の評価は困難です。

経過を見ながら、右の同じ手術を予定しています。

イビキ・睡眠時無呼吸の原因は、
鼻道とノドの狭いことが原因です。
鼻道の拡大とノドの拡大が必要です。

鼻道拡大の為の手術と、
糖質制限でのダイエットが必要なんです。

当患者さんも、2年の中断の間に明かな体重増加を来しておりました。
「昼何食べよん?」
「大体、うどん」
再度、糖質制限を指示しました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日17時半血糖値:103mg/dl。
食前も食後も、100前後で推移しております。
糖質制限の素晴らしさです。

================================================

「徳島県糖尿病トータルケア懇話会2015」講演会に出席しました。
a0082724_17565052.jpg

糖尿病学会推奨の「カロリー制限」の話でした。
高度肥満に対しては、手術です。

糖質制限、完全無視でした

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-11-03 17:44 | マイクロデブリッダー | Comments(0)

鼻呼吸が出来ない。

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

高校生です。
「鼻呼吸が出来ない」との事で来院されました。
確かに、安静時でも口が開いていました。

視診、
a0082724_16525619.jpg

下鼻甲介前半部の高度肥大が原因のようでした。

まず、左下鼻甲介切除をマイクロデブリッダーでやりました。
この場合には術後出血防止の為にタンポンを留置する必要がありました。
アルゴダーム糸結びです。

1ヶ月後、
a0082724_16532476.jpg

高度鼻閉は解消していました。
まあ、当たり前と言えば当たり前。

よくもまあ15年以上に亘ってこんなひどい鼻詰まりを我慢出来たなあと感心しきりでした。

次の右側は、超音波凝固切開での手術を予定しました。
後方も広くしたいので、内視鏡下に行う予定です。
術後止血タンポンは不要になります。

治らない「鼻腔・副鼻腔症状」には、何か、手術的療法が必要と思います。

=================================================

「スーパー糖質制限食」実施中。
本日昼食開始後60分血糖値:110mg/dl。
マカロニサラダは一口にして残しました。

===============================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-01-29 17:24 | マイクロデブリッダー | Comments(0)