カテゴリ:外耳道皮膚炎( 9 )

湿潤療法のつもりです。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

鼓膜炎・外耳道皮膚炎に対しても、湿潤療法を取り入れています。

60歳代の患者さん。
昨年8月です。
受診理由は。「右耳がゴトゴトいう」
年に何回か耳垢を取ってもらっているとの事でした。
両側外耳道の痂皮状の耳垢(ほとんど痂皮)を除去した直後の状態です。
a0082724_21460744.jpg
右外耳道皮膚ビランは高度。
左は軽度です。
フェノール処置+リンデロンV軟膏塗布
1回/月で繰り返していましたが、
今年4月、
a0082724_21515797.jpg
悪化の一途です。
方向転換です。
痂皮を剥ぎ取り
→ビラン部にリンデロンV軟膏たっぷり塗布
→リンデロンVローションを浸したアルゴダーム糸くくり留置
今日の状態、
a0082724_21572579.jpg
大量に覆っていた痂皮は激減していました。
出来た痂皮を除去後、同じ処置をいたしました。
出来るかぎりアルゴダーム抜去は辛抱とお願いしました。
糸くくりですので何時でも抜去は可能です。

難治性の傷治療には湿潤療法が効果的です

当患者さん、
やや過体重。
診察中、聞き返しが多く、両側約30dBの難聴あります。
HbA1c5%代ですが、食後血糖140mg/dl超えです。
何回かの血圧測定最良値:144/90mmHg。オルメテック服用中との事です。

受診の度に糖質制限を指導していますが、
見事に、毎回、裏切られています。

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:102mg/dl。

===============================================

ボーラスインスリンは止めることができました!
2007/05/13「ドクター江部の糖尿病徒然日記」
江部先生、こんにちは。
先日の糖質セイゲニストin北九州「肉盛り会」では、久し振りにお会いできて大変嬉しかったです。
さて、その席で江部先生と私の主治医でもある福岡糖質制限クリニック・堺先生の「両巨頭」から、インスリン注射からの離脱を強力に推奨いただき熟慮の結果、まずは食前のノボリンRを止めて、朝の基礎・トレシーバ3単位だけにしてみました。
結果は〇、インスリン減量2日目から早朝血糖は2桁をキープして、しかも徐々に下がってきております。
1型を発症して12年間、1日たりともインスリン注射を欠かしたことがないので、食前のボーラスだけでもカットするのは大変「勇気」が要ったのですが「案ずるより産むが易し」、この1週間の結果を見て本当にやって良かったと思っています。
まだ先生からアドバイスいただいた「インスリンをゼロに」という目標には達していませんが、それは「究極のゴール」として少しでも近づけるよう努力して参ります。
身近に福岡糖質制限クリニックの堺先生がいらっしゃるのでとても心強く、これからも糖質制限をしっかり続けて行こうという意欲がますます湧いてきました。今後ともチャンスがございましたら是非お会いいたしたく、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは取り急ぎ、先日の御礼と1週間のご報告まで!
2017/05/13(Sat) 14:35 | URL | IDDMランナー | 【編集】

1型糖尿病患者さんの一部の方は、インスリン使用せずを実現できます。
糖質制限をすれば。

つまり、
糖質制限すれば、2型糖尿病にクスリは不要ということです。
血糖を上げない食事では高血糖は起こりません。

=============================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-16 22:22 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)

神奈川県から10回目の受診

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
③糖質制限の提案・普及。

外耳道皮膚炎であっても簡単に治らない場合、ありますよね。

2013年1月7日、1月22日に書き込みした患者さん。
地元でいろいろ手を尽くすも治らない。
ある日、当ブログを見て当院受診されました。

2013年3月
a0082724_17223506.jpg
「痂皮」を認めます。
「非常にかゆい」との事でした。
地元の薬局でリンデロンV軟膏がなくクリームに変更しました。

2014年12月
a0082724_17280924.jpg
左鼓膜輪周辺の皮膚にビランあります。
右は耳漏を呈していました。
「メッチャかゆい」との事。
ここでパルデスローションに変更して、
「アルゴダーム糸くくり」を自作して自分で外耳道に挿入留置するように要請しました。
やや無茶ぶりでしたか?

2015年6月
a0082724_21220089.jpg
左治癒状態
右痂皮あるももう一息。
リンデロンV軟膏に戻し、塗布していただくようにしました。

2016年3月
a0082724_21255606.jpg
左治癒状態
右もう一息。
スギ花粉症、発症していました。

今月
a0082724_21281180.jpg
視診では、治癒状態です。
しかし、
「かゆい」との事。
かゆいですが綿棒を入れる事は辛抱して、2か月に1度くらい、リンデロンV軟膏塗布をしているとの事でした。

4年余り、10回の遠距離通院でした。

2014年12月の増悪が沈静化したのが幸運でした。
薬剤選択については、軟膏を基本とすべきと思います。
クリーム・ローションは最小限度に。

「新しい創傷治療 ヒルドイド」検索してみて下さい。

難治性皮膚炎の支持療法として糖質制限の指導も続けておりました。

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:99mg/dl。

==============================================

臨床ニュース
BPPVに頭位変換療法の普及図る指針【米国耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会】
不適切診療の減少と予後改善など狙う
米国学会短信2017年3月23日 (木)配信 神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患救急
 米国耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会(AAO-HNS)は、良性発作性頭位めまい(BPPV)の診断と管理に関するガイドラインを紹介した。Otolaryngology-Head and Neck Surgery誌に掲載。
 同指針の主な目的は、BPPV診療の質と予後の改善。前庭抑制薬や放射線画像診断などの不適切使用を減少させ、頭位変換療法の使用を増加させることが盛り込まれた。指針の対象医師はBPPV診療に携わる可能性がある全ての臨床医。患者は、BPPV疑いまたは診断の可能性のある18歳以上の人。
 同指針では、想定されている主要な予後評価項目としてBPPVに関連した症状の解決を、次いで、BPPVの正確な診断率を向上させることや不適切診療の減少、ならびに未診断・未治療による有害事象の減少や不要な可能性のある再受診を含む診療関連コストの縮小などが挙げられている。
関連リンク
Clinical Practice Guideline: Benign Paroxysmal Positional Vertigo (BPPV)

薬を使わない療法の勧めですから、利益相反はないとおもいます。
良性発作性頭位めまいに頭位変換療法と当然のように評価されておりますが、
そんなに上手くは改善しないのが現状と思います。

外れた、ほぼ使い物にならない耳石の破片は放置し本来の耳石への修復を急ぐのがベストと思います。
その為には、「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」食が必要です。
治療になります。
予防にもなります。

私の場合、糖質制限を始めて、約3年で再発しなくなりました。

============================================





[PR]

by hanahanak2 | 2017-04-06 22:16 | 外耳道皮膚炎 | Comments(2)

HbA1c:7.9%

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

慢性化した外耳道病変にも注目して診療しています。
昨年9月27日に書き込みした外耳道真菌症の患者さん。
抗真菌剤塗布にて間もなく真菌は消失しました。
しかし、
外耳道の細かいビランと 痂皮は続いています。
一気に治癒状態に至らない場合には、非常に難治となります。
軽微な変化のみですが、痒いのです。痒くてイライラなんです。

a0082724_2250164.jpg

こんな状態でした。
痒い時には、綿棒にパルデスローションを付けて外耳道を撫でるぐらいで辛抱して下さいと指示しています。
右中鼻道にポリープを見付けました。
当患者さんは、超恐がりさんですので、お知らせのみで終わりにしました。
月1度の点検処置をお勧めしております。

糖尿病問題。
10時半血糖値:128mg/dl。朝食は炊き込みご飯。
HbA1cも測定しました。
7.9%
昨年9月にお聞きした数値は6.6、でしたよ。

ジャヌビアとアマリールの後発品は、服用をきちんと続けているんですよ。
ジャヌビアは服用継続してもらい、
糖質制限を自分できちんとやらないと、他人は救ってくれない事を強調いたしました。

当患者で分かるように、
生活習慣病を克服する為には、
糖質制限を実行する必要があるんです。
クスリに頼ってしまうのは、非常に危険です。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:106mg/dl。

================================================

a0082724_2314343.jpg


その内、国債が売れなくなる時が必ず来るのですが・・・・。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-03 23:19 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)

無治療の高血圧・糖尿病

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

外耳道の痒みで、綿棒・耳かきを日常的に挿入してゴシゴシとやられている方が多いようです。
皮膚を擦ると、傷が発生してなお痒みが増すと思います。
限度を越えますと、時に耳漏を呈するようになってしまいます。

それが特にひどい患者さん。
60歳代の患者さん。
当院での初診は23年前。
今回も外耳道のトラブル。
「右耳漏」での来院でした。

a0082724_21251028.jpg

右耳漏あり、皮下組織肥厚無茶苦茶、鼓膜は視界に入ってきません。
真菌発生に注意しながら、ステロイド剤塗布からスタートです。
創傷被覆材アルゴダームの使用の機会を伺う事にしました。
左鼓膜の小さな 痂皮、治っていない傷のような気がします。
鼻腔は際だった高度病変はないのですが、
狭い、粘性鼻汁が気に掛かります。
のど、やや狭い。
「イビキ」をたずねると、有りでした。

まずは通院していただかないと処置が出来ません。
いつも中断して23年間です。

さらに、
血圧測定:207/131mmHg。
さらに、
血糖測定(食後4時間):242mg/dl。
やや肥満傾向。

内科受診していません。

①もちろん、糖質制限の実行を強く要請しました。
②降圧剤2種処方しました。一生服用を続けてもらうつもりはないですと説明。

当患者さんの将来は、糖質制限を実行出来るか否かに掛かっていると思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:110mg/dl。

a0082724_2155159.jpg

全ての人達が、糖質制限を実行すると、
がんの発生、再発が、激減すると思います。
2型糖尿病は無くなります。
高血圧症も皆無に近くなるでしょう。
高脂血症も同じです。
肥満にならないので、腰・膝の疾患もほとんど発生しなくなるでしょう。
精神神経分野の疾患も激減すると思います。

年1回の健康診断だけで良いようになると思います。

一挙に医師過剰時代の到来ですよ。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-01-28 22:05 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)

試行錯誤

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

徳島県は、糖尿病による死亡率日本一です。

外耳道・鼓膜、外耳のトラブルは非常に多いと感じています。
深刻度は低いですが、反復難治遷延いたします。

40歳代の患者さん。
「耳痛・耳漏」にて受診されました。
10年前にも「耳漏・痒み」で来院され、治癒に至らず当院での治療は終わっていました。

a0082724_1146191.jpg

①鼻中隔突出彎曲中等度~高度。
鼻閉は日常的との事でした。
②右鼓膜外耳道は分泌物により湿潤状態。一部外耳道には肥厚を認めました。
③左外耳道には擦過傷を認め、鼓膜には、真菌(かび?)。

左鼓膜所見から、真菌症を疑い、
両側、抗真菌剤:ニゾラールローションを塗布してみました。
抗菌薬・ステロイド薬、不使用。

後日、
大幅改善を認めました。
10年前とは大違い。

と言うわけで、外耳道の痒みを訴える患者さんに、抗真菌薬単独使用を試みておる所です。

それだけではないのです。
血圧は降圧剤を服用中との事。
154/90mmHg。
「いつもこんなんです。これ以上下がりません」でした。
15時半血糖値:145mg/dl。昼食は「ラーメン定食
糖質量、100g超えですよ。
「最近肥えてきた」でした。
何の疑問もなく、降圧剤を服用し、大量糖質摂取を続けております。
皆さん、こんな感じです。

歯止めを掛けるべく「糖質制限」を勧めますが、
私は、内科主治医ではありませんから、患者さんの反応は非常に弱いものになっています。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:114mg/dl。


a0082724_12391674.jpg

糖尿病管理での最重要検査は、
食後血糖値!
食後血糖値を140mg/dl以下に誘導すると、HbA1cは必ず6%以下になります。
「糖質制限」人に変身して下さい。
簡単単純なんです。
診療の「あいうえお」「ABC」レベルです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-10-30 12:47 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)

神奈川県からの再診でした。

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

年末、神奈川県から当院を受診された難治な外耳道皮膚炎の患者さん。
1月7日に書き込みしましたが、「ブロー液」でも治癒状態に至らなかった外耳道皮膚炎。

初診時には、書き込みしたように、フェノール液で傷を新鮮化後ステロイド剤リンデロンV軟膏を塗布しただけ。
後は、頻回に通院不可能ですので、自分で軟膏を塗布してもらっていました。

本日、突然の再来でした。

a0082724_2264883.jpg


ビックリの改善、でした。

軟膏塗布回数を減らす、撤退作戦を指示しました。

本当に、ビックリしました。

当患者さんから学んだ事は、
軟膏使用量はケチケチしない、事でした。

患者さんから教えていただいた格好になった出来事でした。

=================================================

「スーパー糖質制限食」実施、4ヶ月経過中。
本日昼食開始後60分血糖値:135mg/dl。
主食を豆腐に置き換えると非常にハードルが低くなります。
煮たり、焼いたり、炒めたり、そのままでも。

=================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-01-22 22:21 | 外耳道皮膚炎 | Comments(3)

神奈川県からの来院でした。

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

診察終了後、カルテの整理に時間を費やし、ブログの更新が減少しています。

年末、神奈川県から遠路遙々、この徳島市南昭和町の当院へ受診された患者さんがおいでました。
色々と手段を尽くしても改善しない外耳道病変。

学会で追試の発表が相次いでいる「ブロー液」にても改善しなかったとの事。
抗菌薬でも、ステロイド剤でも、イソジン液でも、ダメ。

a0082724_22233789.jpg

外耳道には、厚く 痂皮がビッシリと。
②鼻中隔彎曲で増悪したアレルギー性鼻炎による「鼻閉」に注意。

抗菌薬・消毒剤は使わない治療で治癒に導きます。

処置用顕微鏡下、
① 痂皮を全てはぎ取ります。
②キシロカイン塗布(麻酔)後、フェノール・グリセリン混合液(鼓膜麻酔液調製時使っているものです)塗布。
③再びキシロカイン塗布後、清拭。
④ステロイド軟膏を塗布。現在はリンデロンV軟膏を使用しています。
1~2週間毎に行います。

この処置を両耳にやりますと15分以上を費やします。
混み合っている医療機関では、どうなんでしょうか。
丁寧にやっても、改善は半年単位。

壷にはまった時に、急に治癒に向かいます。

鼓膜表面の皮膚のビランである鼓膜炎は、上記の治療に良く反応してくれます。

とにかく、

外耳道治らない「ビラン」は、治して上げないと治りません。

毎日、「綿棒・耳かき」を、外耳道に入れないようにしましょう。

近所の医療機関で充分可能な処置なんです。
当患者さんが受診されましたら、ご相談に乗って上げて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「スーパー糖質制限食」実施中。

本日昼食開始60分後血糖値:134mg/dl。

値に不満あり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by hanahanak2 | 2013-01-07 22:58 | 外耳道皮膚炎 | Comments(2)

再挑戦

四国徳島からです。

風邪、急性上気道炎(耳・鼻も含みます)、例外はありますが、ウイルス感染症です。
こじれても、ウイルス感染症を考慮した診療が望まれます。


60歳の患者さん。
昨年、10月23日に書き込みした外耳道皮膚炎の患者さん。
もう少しでゴールのはずでしたが、12月より来院されなくなっていました。
そして、
今年8月に「右耳痛と両耳漏」で来院。
他院での治療でも耳漏は治らなかったとのことでした。
a0082724_11235948.jpg

①右外耳道は腫れて痛々しい状態。
②左外耳道・鼓膜は分泌物でベッタリ状態。
今度は最後まで来て下さいと申し上げ、
フェノールとニゾラールとパルデスでの「いつもの治療」を再開。
外耳炎でも抗菌薬は使わないが原則です。
2ヶ月後、
a0082724_11241226.jpg

しっとりとした輝く皮膚がよみがえってきました
右に髪の毛1本見えますが、その後除去しました。

外耳道・鼓膜の皮膚欠損を来した場合には、治してあげないと治らないと思います。
小さい事ですが、生涯、耳漏が続くのは何とも不愉快と私は思います。

[PR]

by hanahanak2 | 2011-11-07 11:39 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)

耳垢を除去すると

四国徳島からです。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎だけでなく、あらゆる疾患で、抗菌薬(抗生物質)を使わずに済ませられる場合には使わないように心掛けています。

79歳の患者さん。
右の聴こえが悪い、と言う理由で来院されました。
右のみの、大きな耳垢の塊を状去しました。
a0082724_11562735.jpg

耳垢栓塞の原因はこれでした。
外耳道皮膚、一部が骨まで達する欠損を認めました。
年中無休の分泌のため右のみ瓦礫の山になったと思います。
自然治癒は期待出来ません。
治さないと治りません。
①1~2週間に1度の、フェノール処置。
②頻回の、ニゾラールローション塗布・パルデスローション塗布
抗菌薬は要らないです。
根気よくやれば治っていきます。
これで治らない場合は、処置のやり方の改良が必要です。
「道具は使いよう」とはよく言ったものです。

お試し下さい。
[PR]

by hanahanak2 | 2011-09-30 12:17 | 外耳道皮膚炎 | Comments(0)