急性中耳炎 症例117 その2

1歳8ヶ月になりました。
色々薬を服用しているに関わらず、ひどい咳が続くと、来院されました。
体温37.1度、食欲無し、鼓膜正常。

末梢血液白血球 22,600/μl H

白血球3分類  リンパ球 27.1%    6,100/μl H
          単核球
          顆粒球 62.9%    14,300/μl H

全項目で非常な増多、
ウイルス感染のパターンですので、抗菌薬(抗生物質)は要らないです。

そして、1週間後、 
体温36.4度、食欲回復、鼓膜正常、咳も少しになりました。
しかし、

末梢血液白血球 21,200/μl H

白血球3分類  リンパ球 33.4%    7,000/μl H
          単核球 
          顆粒球  50.2%   10,800/μl H

体調は良好に経過したので、抗菌薬を使わなかったのは正解と言えます。
ウイルスが居座っているのではないかと思うのです。

思うに、
①風邪(急性中耳炎・急性副鼻腔炎・急性咽頭喉頭炎・急性気管支炎等)の大部分はウイルス感染です。
②抗菌薬投与で治らない、経過が良くない時には止めてみるのです。
③抗菌薬を使う時には、白血球検査を是非お願いします。検査センターに外注して情報確認が1日遅れても患者さんへの対応が非常に正確になるはずです。
[PR]

by hanahanak2 | 2009-10-18 15:15 | 急性中耳炎 | Comments(0)