急激な改善

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は、耐性菌をまき散らす行為と言わざるを得ません。

現在2歳5か月児。
3月9日に「耳を痛がっているようす」との事で受診されました。
a0082724_21310508.jpg
左鼓膜に一部膨隆あります。
鼓室内貯留液は部分的です。
急性副鼻腔炎あり、鼻腔後方に大量膿性鼻汁が想定されます。
末梢血液白血球数:10,600/μl H
ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎ですから、
投薬は、
モンテルカスト細粒。
ヘモグロビン11.5g/dl。
貧血傾向です。
朝食:パンと果物ジュース。
緩くても良いから糖質制限をと言いました。
以後小さな波の改善増悪を繰り返し、
4月20日、
a0082724_21373136.jpg
治癒状態達成。

しかし、5月8日、
a0082724_21385284.jpg
完全増悪。
鼓膜膨隆中等度。
投薬に変更なし。

本日、
a0082724_21401989.jpg
急激な改善で、再び治癒状態達成していました。

鼻汁も改善していましたので投薬中止とし、経過観察のみに移行します。

鼻汁の改善が先行し、中耳炎が治癒に向かう印象です。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:92mg/dl。

===========================================

a0082724_21565865.jpg
心療内科へ通院中の患者さんは非常に多いと思います。
お薬手帳を拝見しますと、ホント多くの内服薬が並んでいます。
それで、糖質制限を勧めるのですが、ほぼ100%無視されてしまいます。
どっぷりと内服薬に浸かっております。
現在の状態が良いとは思っておりませんが、もう一歩の努力が出来ないようです。
15分~30分、糖質制限を説明しても返事していただけません。
通院もそれっきりになってしまっています。

=================================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-22 22:08 | 急性中耳炎 | Comments(0)