貧血も

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
急性中耳炎・急性副鼻腔炎への抗菌薬使用は、耐性菌をまき散らす行為です。

現在1歳0か月児。
風邪症状で来院されました。
乳幼児は、必ず外耳道・鼓膜をチェックいたします。
a0082724_22085300.jpg
鼓膜膨隆、高度。
しかし、機嫌良好です。

末梢血液白血球数:12,300/μl H
白血球3分類  リンパ球数  4,300/μl H
        単核球数   1,200/μl H
        顆粒球数   6,800/μl
疑いようのないウイルス性急性中耳炎、です。

薬剤選択は、
モンテルカスト細粒
メプチンドライシロップ。

最も注目したのは、
ヘモグロビン(Hgb):10.1g/dl L

貧血は食事の問題です。
糖質は要りません。
タンパク・脂肪を重点的に食べるように要請しました。

乳幼児の貧血が、際立っています。
赤血球数・Hgbの数値をご確認下さい

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:93mg/dl。

================================================

鎮痛剤で心臓発作のリスク上昇か カナダ研究
CNN.co.jp 5/11(木) 12:37配信
(CNN) ドラッグストアで購入可能なものも含む一般的な鎮痛剤の服用と心臓発作のリスク上昇の間に関連性があるとする研究が11日までに英医学誌BMJで発表された。
この鎮痛剤は非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)と呼ばれるもので、イブプロフェンやジクロフェナクなどが含まれる。論文によれば、服用している人はそうでない人と比べて平均20~50%心臓発作を起こす確率が高くなるという。
いずれのNSAIDであっても、リスクの上昇は早ければ服用開始後1週目で始まる。また、投与量が多い場合のリスクが最も高くなるのは1カ月以内だ。
この研究を指導したモントリオール大学病院研究センターのミシェル・バリー博士は「心臓発作のリスク上昇はすべての一般的なNSAIDに共通して見られた」と語る。
研究によれば、どんな服用量でも、1週間、1カ月、またはそれより長い間について、心臓発作のリスクは上昇した。服用をやめると、1日から30日の間はリスクがわずかに減少した。服用後30日から1年の間にリスクは大きく減少した。
以前から、この種の鎮痛剤が心臓発作のリスクを高める可能性は指摘されていた。だが服用期間や投与量などとの関連ははっきりしていなかった。
研究チームはカナダと欧州の複数のデータベースから44万6763人のデータを分析。このうち6万1460人が心臓発作の病歴があった。研究は典型的な状況下でのNSAIDの服用に関連した心臓発作のリスクなどを算出することを目標とした。
ただし研究チームは、今回の発見は心臓発作に関わるすべての要因を勘案したわけではないと強調している。
ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院のスティーブン・エバンズ教授は、研究に参加した人々の喫煙やBMI(体格指数)といったライフスタイルに関するいくつもの要素が不明なため、そうしたことが不確実性につながっていると指摘する。たばこや不健康な食生活、肥満、過度な飲酒なども心臓発作の要因となる可能性がある。
エバンズ教授はまた、こうした薬を服用している人はもともと、そうでない人よりも心臓発作のリスクが大きい可能性もあると指摘。例えば痛みがひどくてNSAIDを処方された場合、その痛みが直後の心臓発作と関係があったというケースだ。

============================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-05-13 22:24 | 急性中耳炎 | Comments(0)