治ろうとする気配が出現。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「小児急性中耳炎診療ガイドライン」では細菌感染症を前提とした診療を提示していますが、
当院では、ウイルス感染症としての診療を続けています。

現在4歳3カ月児。
11月16日に書き込みした患者さん。
初診から2週間目、
a0082724_15502345.jpg
鼓室内貯留液の排出が始まっております。
R-Sウイルス(多分)の活動が軽減したと思われます。
引き続き、モンテルカスト細粒内服をお願いしました。

終着駅までもう少し、
糖質制限も加味して、
治るのを待ちましょう。

=============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:111mg/dl。

============================================

a0082724_16191068.jpg
認知症発症前投与の新薬開発です。
対象患者さんは莫大な数に上ります。
これが医学の進歩なんですが、・・・・・・

==========================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-12-08 16:28 | 急性中耳炎 | Comments(0)