翌日再検査をお願いしました。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす医療と言わざるを得ません。

4歳2カ月児。
お母さんの観察で、「鼻汁・鼻閉・目ヤニ・咳・38.9度の発熱」との事で来院されました。
「耳痛」はありません。
食欲は、やや低下。
表情は普通。


両側鼓膜は、中等度膨隆。
急性中耳炎です。
末梢血液白血球数:21,400/μl H
白血球3分類 リンパ球数  2,400/μl 
       単核球数   1,000/μl H
       顆粒球数   18,000/μl H
乳幼児の場合にはファイバースコープでの咽頭後壁の観察が出来ないので、情報不足の診察になります。
無理矢理でもしなければならないとも言えませんし。
従って、当院抗菌薬使用基準に該当しますが、
①急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
②苦悶状の表情がない。
③リンパ球数・単核球数、典型的な細菌感染より微妙に増加?

投薬は、モンテルカスト細粒とメプチンドライシロップを選択しました。

翌日再検査、お願いしました。
「解熱してすっかり元気になりました」との事。
a0082724_17011494.jpg
両鼓膜膨隆は増悪していました。
末梢血液白血球数:12,500/μl H
白血球3分類 リンパ球数  5,500/μl H
       単核球数   1,200/μl H
       顆粒球数   5,800/μl
初期経過観察で、
白血球数・顆粒球数が減少して、リンパ球数・単核球数が増加する場合は、ウイルス感染症です。
当然、
リンパ球数が3千以上で、顆粒球数1万以下は、ウイルス感染症です。

この場合も、観察所見に先行して、「白血球数とその分類」検査が改善していきます。
そして、ウイルス性急性中耳炎・副鼻腔炎は繰り返しながら沈静化していきます。

体力勝負の面がありますので、
糖質制限は必ず要請しております。

===============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:99mg/dl。

============================================

11月17日は、世界糖尿病デー、です。
それの徳島新聞特別企画と思われます。
a0082724_17261792.jpg
「インスリンが作用不足となり、慢性的な高血糖に陥った状態が糖尿病です」との事。
その原因は、「過剰糖質摂取」である事が明らかになっている昨今です。
「過剰糖質摂取」を放置して、糖尿病患者さんを救うことは不可能です。
糖尿病腎症患者さんも救えないです。

立場上こういう記事を書かざるを得ないお立場は分かっています。
徐々にでも改善の方向へ舵取りをお願いしたいものです。

==========================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-11-16 17:39 | 微妙な判定 | Comments(0)