順調に経過しています。

四国徳島からです。
当院の基本方針
①抗菌薬の適正使用
②改善しない鼻腔・副鼻腔疾患には手術を提案。
①糖質制限の提案・普及。

9月11日・12日に書き込みした患者さん。
CT画像、
a0082724_15572300.jpg
後鼻漏改善の為に行います。

19日、左内視鏡下副鼻腔手術。
27日、鼻中隔矯正術。
日帰り局所麻酔下手術です。

本日、
a0082724_16082335.jpg
緑丸:中鼻甲介
赤丸:上鼻甲介
黄丸:最上鼻甲介

前頭洞への交通路、OK
篩骨胞・後篩骨洞・蝶形洞の開放、OK。

鼻中隔矯正術もOK。

今の所、手応え十分です。

次は、右内視鏡下副鼻腔手術を予定しています。

==========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時血糖値:110mg/dl。
「FreeStyleLibre」装着中。

==========================================

血糖値管理、採血いらずに 糖尿病患者の「痛み解放」
2017/9/28付 日本経済新聞 夕刊
 糖尿病のためインスリンを自己注射している患者が、血糖レベルを常時確認できる装置が2017年に登場、9月からは保険適用になった。指から血を採って血糖値を測る従来の方法と比べ、身体の負担が少ない上、数値の上がり下がりを連続的に見られるため、危険な低血糖になるリスクを減らせる。糖尿病治療の姿を大きく変える可能性を秘めている。
 「血糖値が下がりすぎたりしていないか、気になったときにいつでもさっと確認できる。長年のストレスから解放された」。華道家の假屋崎省吾さんはこう語りながら、シャツの左袖をまくって見せた。左上腕には五百円玉大の白いセンサーが貼り付けてある。
 そこにスマホを一回り小さくしたような読み取り装置を近づけると、約1秒で皮下のグルコース(ブドウ糖)値が、無線で読み取られてディスプレーに表示される。服やコートの上からでも、データの読み取りができる。
 假屋崎さんが装着しているのは、アボットジャパン(東京・港)が今年から国内で医療機関を通じて供給している「フリースタイル リブレ」という装置だ。センサーは微小な針が、皮膚のすぐ下にある間質液中のグルコース濃度を常時測っている。センサーは2週間ごとに取り換える。装着中に入浴や水泳・ランニングなどの運動も可能だ。
 假屋崎さんは約15年前にストレスによる過食が原因で糖尿病を発症。食事療法などに加え、血糖値をコントロールするためのインスリン注射を行っている。血糖値や注射のタイミングなどを知るため、指先に針をさして少量の血を採って血糖値を測ることを続けてきた。
 インスリンを使っている患者が最も気にしているのが、インスリンの効きすぎや過剰な運動によって低血糖状態になってしまうことだ。低血糖は発見が遅れると意識障害や意識不明になるリスクがある。このため患者は食事の前後や就寝前後など多い人は1日7~8回も採血を伴う測定を行っている。
 假屋崎さんが「痛みを伴う採血が苦痛だった」というように、この方法は患者の負担が大きかった。今回の装置は、連続測定をしているため、変動のパターンをたどることができるほか、血糖値が上昇中なのか下降中なのかの判断もできるメリットも大きい。
 西村理明・東京慈恵会医科大学准教授は日本に先行して「フリースタイル リブレ」を使っている海外の検証例をもとに「1日当たりの血糖値のチェック回数が増えるほど、低血糖になるリスクが下がる傾向がある」という。血糖値の変動パターンを見て、インスリン注射の回数やタイミングを工夫できるためだ。
 同様の装着型センサーを使って、最長14日間の計測を行い、患者がこれを医師に持ち込んでデータを見てもらう方法もある。これは昨年12月から保険適用になった。
 これまでに100件近い実施例がある松浦クリニック(東京・渋谷)の松浦憲一院長は「長期の連続データをもとに患者の血糖の変動パターンを見える化できるので、治療方針の見直しなど的確な指示ができるようになる」という。
 患者の負担額は、自分でチェックする装置を使う場合、3割負担で月額5000円ほどになる。現在は、インスリンなどを使っている患者だけが対象だが、西村准教授は「健診で血糖値が高めだと言われた人が、こうした装置でチェックして進行を予防するといった利用法も有望だ」と話す。
◇  ◇  ◇
■糖尿病の疑い 1000万人 インスリン使用は130万人
 糖尿病は血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が異常に高くなる病気。血糖値を正常に保つホルモンであるインスリンが膵臓(すいぞう)の障害で全く分泌されなくなる1型糖尿病と、肥満や運動不足、ストレスなどをきっかけにインスリンの分泌が減ったり、効きが悪くなったりする2型糖尿病に大別される。
 血糖値が高いと血管が傷つき、網膜症や腎症などの合併症のほか、脳梗塞や心筋梗塞の原因になる。血流障害によって足が壊疽(えそ)を起こして切断を余儀なくされることもある。治療は食事制限や運動療法、血糖値をコントロールするインスリン療法などがとられる。1型の場合はインスリン使用が必須となる。
 厚生労働省が4~5年ごとに行っている国民健康・栄養調査によると、2016年に糖尿病が強く疑われる人は、全国で約1000万人に上ると推計された。高齢化を背景に、前回推計の12年調査から約50万人増えて、初めて1000万人の大台に乗った。インスリンの使用患者は130万人を超えるとみられている。
(編集委員 吉川和輝)
[日本経済新聞夕刊2017年9月28日付]

健康な人も、血糖が高い人も、血糖管理をきちんと行う必要があります。
その手段として、「FreeStyleLibre」は非常に有用と思います。
特に、糖尿病・糖尿病予備軍の方々は、必須アイテムです。
一度、試して下さい。
クスリではコントロール出来ていないのが暴露されます。
血糖コントロールの基本は、糖質制限です。

それにしても変ですね。
假屋崎省吾さんは、糖質制限実行で全ての糖尿病薬を中止して快適生活を取り戻したとの記事を読んだはず。
インスリン療法は血糖値のジェットコースター必発で危険なはずですよ。
「FreeStyleLibre」により血糖値のジェットコースターが暴露されるのです。
糖質制限の再実行をお願いしたいです。

==============================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-10-04 17:43 | 内視鏡下副鼻腔手術 | Comments(0)