繰り返します

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす行為と言えます。

1歳4カ月児。
1か月前に、抗菌薬を1か月飲み続けているのに中耳炎が治らないとの事で受診されました。
オゼックス→オゼックス+クラリス→オラペネム→クラリス→クラリス→オゼックス、です。

当院初診時、
a0082724_21164904.jpg
末梢血液白血球数:16,200/μl H
白血球3分類  リンパ球数 8,900/μl H
        単核球数  2,400/μl H
        顆粒球数  4,900/μl
これって、RSウイルス感染症でよく見られるパターンです。
年齢からも難治性ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎と想定されます。

1週間後
鼓膜所見は、やや改善。
末梢血液白血球数:22,600/μl H
白血球3分類  リンパ球数  3,300/μl H
        単核球数   2,200/μl H
        顆粒球数   7,100/μl H
ウイルス感染症の暴風雨は居座っております。

その1週間後、
a0082724_21271697.jpg
鼓膜膨隆ははっきりと改善しています。

しかし、初診から1か月、元の木阿弥状態です。

繰り返すウイルス感染の襲来が続く間は、辛抱です。
必ず、夜明けは来るのです。

ヘモグロビン:10.9g/dl。
体力増強の為に、糖質制限の指導も続けます。
そして、
はっきりと分かるウイルス感染症には抗菌薬は使わないで欲しいです。

たんぱく・脂肪摂取不足と抗菌薬とで、成長を阻害する恐れもありますよ。

=========================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:103mg/dl。

========================================
a0082724_21432426.jpg
スポーツの世界でも、今までの「バランス栄養食」では太刀打ち出来なくなります。
世界は、
「低糖質食」へと変化していますよ。

============================================





[PR]

by hanahanak2 | 2017-08-16 21:47 | 急性中耳炎 | Comments(0)