安易な抗菌薬診療は疑問です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です.

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬診療は耐性菌をまき散らす行為と言わざるを得ません。

2歳11か月児。
右耳痛にて受診されました。
6月から中耳炎にて通院されていました。
オラペネム 4日分
オゼックス後発品 4日分
オゼックス 4日分
耐性菌用に承認された抗菌薬です。
右鼓膜切開も受けておりました。
a0082724_21400383.jpg
右鼓膜膨隆は高度。
自壊し耳漏を呈していました。
左も上鼓室貯留液が残っていました。
末梢血液白血球数:17,900/μl H
ヘモグロビン(Hgb):11.9g/dl。鉄摂取不足です。
白血球3分類 リンパ球数   6,400/μl H
       単核球数    1,400/μl H
       顆粒球数    10,100/μl H
疑いようのないウイルス性急性中耳炎、です。

これでもか抗菌薬診療は止めて欲しいです。
WHOの声明にあるように特にカルバペネム系とフルオロキノロン系抗菌薬を安易に外来診療に使うのは止めましょう。

当たり前のように乳幼児の貧血傾向が際立ちます。
糖質制限かつ高脂肪・高たんぱく・高カロリーの食事習慣が必要です。
食事で、繰り返す呼吸器感染症を克服出来るのです。

============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
8時半血糖値:106mg/dl。

=============================================

体格、疲労蓄積、ライバル… 錦織敗退を英紙分析「グランドスラムでの限界」
7/8(土) 18:32配信

ウィンブルドン3回戦、アグートに1-3で敗戦…ラケットを投げつける場面も
 男子テニスのウィンブルドン3回戦で、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同19位ロベルト・バウティスタ・アグートと対戦し、4-6、6-7、6-3、3-6で敗れた。試合前まで4戦全勝だった相手に白星をあげられず、今季はいまだタイトルなしの日本のエースに対し、英紙「インディペンデント」は「グランドスラムでの限界」と報じている。
 第3コートで行われた試合は、3時間21分の死闘となった。2セットを連取され、追いかける展開を余儀なくされた錦織は、ダブルフォルト7本、アンフォーストエラー48本を記録(アグートのダブルフォルト3本、アンフォーストエラー29本)。最終セットの第6ゲームには、苛立ちからラケットを投げつける場面もあった。
 自滅のような形で16強進出を逃し、今季まだツアーで優勝できていない錦織について、英紙「インディペンデント」電子版は、「ウィンブルドン2017 ケイ・ニシコリの敗北はこのレベルでの彼の限界を露呈した」と特集している。
 記事では、まず錦織の持つ才能を評価。「IMGアカデミー出身者で、ケイ・ニシコリほどの才能の持ち主はほとんどいなかった。彼は素晴らしいショットメーカーで、素晴らしいストロークの持ち主。ほとんど誰よりも早くボールを見極め、動作も美しい。この男は疲れた足でもコート中を飛ぶように移動し、バレエダンサーのような動きを見せる」と賞賛している。
 ただその一方で、錦織は厳しい足枷をかけられているという。同紙は「今日の試合での残酷な真実は、ケイがフィジカル的な部分でほぼ毎回苦しんでいる」と分析。錦織の身長178センチ、体重75キロというデータを紹介し、「もっと体の大きな相手と戦わなければいけない」と報じている。
長年の疲労蓄積により、グランドスラムを戦い抜く難易度が高くなっていると指摘
 男子ツアーでは比較的小柄な体格を物ともせず、猛者を倒してきた錦織だが、記事では肉体的な不利はサービスに象徴されると指摘。さらに、故障などコンディションに苦しむ現状は、フィジカル的なダメージの蓄積が響いているとしている。
「(ここまで)ケイはライバルに対抗し続けなければいけなかったが、それがのし掛かってきている。度重なる故障を負っており、彼の脆さは大会を通じた高いレベルを維持することに対する苦心を意味している。特に、グランドスラムのレベルでは」
 錦織は2014年の全米オープンで準優勝を果たし、16年のリオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得した。しかし、長年最前線で戦い続けてきた反動から、5セットマッチでハイレベルな相手を破らなければならないグランドスラムを戦い抜くことは難易度が高くなっているという。
 グランドスラムの今季戦績は全豪オープンで4回戦、全仏オープンでは準々決勝、ウィンブルドンは3回戦で敗退となった。日本のテニス界を力強く牽引してきた錦織は、8月の全米オープンで海外メディアの厳しい声を払拭する活躍を見せられるだろうか。
ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer
  。

栄養サポートの重要性が問われています。
日本のオリンピックチームと同じような糖質たっぷりでは、身体も精神も持たなくなります。

============================================



[PR]

by hanahanak2 | 2017-07-09 22:12 | 急性中耳炎 | Comments(0)