たくさんの内服薬

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬は必要なしですよ。

20歳代の患者さん。
「両側耳閉感」にての受診です。

a0082724_21441741.jpg
末梢血液白血球数 12,100/μl H
白血球3分類 リンパ球数 3,600/μl H
       単核球数   900/μl H
       顆粒球数  7,600/μl H

ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎の診断です。

投薬は、
ロイコトリエン受容体拮抗薬。
フルタイド200ロタディスク 


当院受診直前までの服用薬
フロモックス 第三世代セフェム系抗菌薬
ロキソニン 鎮痛解熱薬
アレロック 抗ヒスタミン薬
ペレックス配合
 サリチルアミド 鎮痛解熱薬
 アセトアミノフェン 鎮痛解熱薬
 クロルフェニラミン 抗ヒスタミン薬
フスコデ配合
 ジヒドロコデイン 咳止め 便秘を誘発します。
 メチルエフェドリン 気管支拡張薬
 クロルフェニラミン 抗ヒスタミン薬
マーズレンS配合 胃潰瘍薬 消化器症状防止の為の投薬。
ホクナリン 気管支拡張薬
ムコダイン 痰切り
スナイリン ラキソベリンの後発品 便秘薬 コデインでの便秘予防でしょうか。

これはどんなんですか?
ダブル・トリプルは良くない、危険と思います。

「経口三世代セフェムへの決別」 検索下さい。

風邪症状は、たいていウイルス性感染症です。
自然の治りを補助する単純処方で良いと思うものです。

==============================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日10時血糖値:115mg/dl

================================================


[PR]

by hanahanak2 | 2017-01-02 22:10 | 急性中耳炎 | Comments(0)