抗菌薬適正使用

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬は使用しないが正解です。

2歳1ヶ月時に始めて急性中耳炎の診断を致しました。
a0082724_2122521.jpg

両側鼓膜は膨隆高度。
重症急性中耳炎です。
末梢血液白血球数 19,600/μl H
白血球3分類 リンパ球数  4,500/μl H
       単核球数   1,600/μl H
       顆粒球数   13,500/μl H

リンパ球数が3千以上はウイルス感染症です。
自信の判定です。
よって、ロイコトリエン受容体拮抗薬とメプチンドライシロップを選択します。

2歳9ヶ月時、
a0082724_21222955.jpg

左上鼓室の貯留液が少々残っておりますが治癒状態達成しています。

それ以降も、発熱・鼻汁・咳等の風邪症状を呈しますが、
抗菌薬は使っておりません。
幸いな事に、急性副鼻腔炎を繰り返しますが、急性中耳炎は起こっておりません。

現在、3歳7ヶ月児です。

糖質制限も指導しているのですが・・・・・・・・・。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:107mg/dl。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-07-19 21:37 | 急性中耳炎 | Comments(0)