抗菌薬適正使用

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、ほとんどの場合に判定出来ます。

2歳児の患者さん。
両側耳痛にて来院されました。
直前の服用薬はありません。

a0082724_20445423.jpg

両側急性中耳炎は明かです。
抗菌薬は不要なウイルス感染症とは思いますが、
当院初診の場合には極力「白血球数とその分類」検査を行うようにしています。

末梢血液白血球数  11,400/μl H
白血球3分類  リンパ球数  4,200/μl H
        単核球数   1,000/μl H
        顆粒球数   6,200/μl


白血球数、1.3万以下ですのでウイルス感染症と診断出来ます。
リンパ球数、3千以上からウイルス感染症と診断出来ます。
顆粒球数、1万以下からウイルス感染症と診断出来ます。

「白血球数とその分類」検査により、
ウイルス性急性中耳炎と診断しました。

投薬は、ロイコトリエン受容体拮抗薬を選択しました。

鼓膜と鼻腔の注意深い観察を続け、治るのを待つのです。
改善と増悪をくり返しながら、ウイルスの活動が弱まり、子供さん自身の体力が増してくると治癒に向かうのです。

不要な抗菌薬は使わない。
「低糖質・高タンパク・高脂肪・高カロリー」な食事をお勧めしています。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:106mg/dl。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-05-08 21:05 | 急性中耳炎 | Comments(0)