たとえ重症でも、

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、大抵の場合、判定出来ます。

現在、6ヶ月の赤ちゃん。
4月初旬、1ヶ月以上続く「咳・鼻詰まり・鼻汁」にて受診されました。
時々、掛かり付け医にて抗菌薬・咳止め等をいただいておりました。

初診時、右鼓膜著変なし。左鼓室内部部的な貯留液を認めました。鼻汁は少々。開口状態。
末梢血液白血球数 10,400/μl H。
ウイルス感染症です。
オノンドライシロップとメプチンドライシロップを選択しました。

2週間後、
右鼓膜著変なし。左鼓膜は高度膨隆。
咳は、やや改善。
末梢血液白血球数 15,500/μl H
白血球3分類 リンパ球数 7,700/μl H
       単核球数  1,400/μl H
       顆粒球数  6,400/μl

迷いのない、ウイルス性急性中耳炎です。

そしてまた1週間後、
a0082724_20563175.jpg

両側鼓膜、高度膨隆です。
赤ちゃんはニコニコです。
末梢血液白血球数 12,300/μl H
白血球3分類 リンパ球数  7,100/μl H
       単核球数   1,400/μl H
       顆粒球数   3,800/μl

鼓膜所見から、重症急性中耳炎ですが、
「白血球数とその分類」検査から、ウイルス性急性中耳炎です。
オノン・メプチンを続行します。
抗菌薬は、ウイルス感染症には不要です。

注意深い観察を続けます。
鼓膜切開・チューブ留置手術等は行いません。

なお、軽度の貧血を認めましたので、糖質制限を要請しました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:98mg/dl。

================================================

臨床ニュース
前DM肥満へのGLP-1で2型DMリスク減【米国内分泌学会】
減量、血糖値正常化の他、血圧や腹囲の減少も
米国学会短信2016年4月20日 (水)配信 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

 米国内分泌学会(ENDO)は4月4日、前糖尿病状態の過体重または肥満例への食事・運動療法にリラグルチド 3.0 mgの皮下投与を追加することにより体重や2型糖尿病発症リスクといった指標の改善が見られたとの研究を紹介。本研究の結果は、同日ENDO 2016年次集会で公表された。

 平均年齢約48歳の過体重または肥満、かつ高コレステロール血症または高血圧、その両方を合併する2254例をリラグルチド3.0mg投与群(1505例)、プラセボ群(749例)にランダムに割り付け。全ての患者が500カロリー/日の食事制限と週に150分の運動プログラムならびに、カウンセリングを受けた。

 追跡期間3年時点において、リラグルチド群で有意な体重減少ならびに2型糖尿病リスクの 低下が認められた。前糖尿病状態の解消ならびに血糖値の正常化が見られた割合はプラセボ群の36%に対し、リラグルチド群では66%と高かった。リラグルチド群ではこの他、腹囲の減少や収縮期血圧や空腹時コレステロールなどの心血管代謝危険因子の改善も認められた。

 副作用や重篤な有害事象の発現率は重篤なものも含め両群同等だった。研究グループは安全性に新たな懸念はないと結論付けている。同研究はリラグルチドを販売するノボ・ノルディスクファーマの資金提供により実施された。

 筆頭著者のKen Fujioka氏は、「低カロリー食療法を実施するとともに身体活動を増やし、これにリラグルチド 3.0 mgを3年間皮下投与する治療と組み合わせれば、減量につながるのみならず、2型糖尿病のリスクも低減して心血管代謝に関するリスクファクターが改善されるため、世界的な死亡原因の一つである心血管系疾患のリスクが大きく低減され得る」と説明。さらに同氏は、「肥満と糖尿病前症はともに米国での主な死亡原因となっている2型糖尿病発症のリスクを増大させるが、過体重や肥満で糖尿病前症を有する患者は、体重を5-10%減量すれば2型糖尿病などの肥満関連転帰のリスクを抑えられる」と付け加えた。
関連リンク
Liraglutide May Help Nondiabetic Overweight and Obese Adults Lose Weight and Lower Risks


研究デザインに疑問あり。
リラグルチド皮下注は、糖尿病患者さんには、日本では0.9mgです。3mgは多過ぎと思いますが。
500カロリー/日の摂取カロリーでは、3年間元気で生きていけないですよね。
500キロカロリーでも無理。
1500キロカロリーでも空腹感が続きます。
資金提供を受けた研究と述べておられます。

糖質制限で十分です。
高価な注射薬を使う必要ないと思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-04-22 21:43 | 急性中耳炎 | Comments(0)