白血球数 13,300/μl。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。

40歳代の患者さん。
1週間前より鼻閉・鼻汁出現し、内科にてクラリスその他の投薬を受けていました。
前夜、右耳痛あり当院受診されました。

初診時、
a0082724_21151515.jpg

①両側中鼻道・嗅裂は、大量膿性鼻汁
②右鼓膜は中等度膨隆あり。
口蓋垂の軽度腫脹あり、ノドは前後に狭くなっていました。

末梢血液白血球数 13,300/μl H
白血球3分類 リンパ球数  3,100/μl 
       単核球数    800/μl
       顆粒球数   9,400/μl H。


「白血球数とその分類」検査が決め手になります。
診断は、ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎

投薬の選択は、
ロイコトリエン受容体拮抗薬
コタロー麻黄附子細辛湯カプセル。

1週間後、
a0082724_21154018.jpg

①大量膿性鼻汁は消失。
②鼓膜膨隆も消失。鼓室内貯留液も消失。
③ノドの狭さは同じ。

急性中耳炎は、急性副鼻腔炎の改善に左右されます

当患者さんも、最大の問題はイビキです。
睡眠時無呼吸もあるはずです。

初診時15時半血糖値:112mg/dl。
「昼、何食べたん?」
「カップラーメン」
1週間後も聞きました。
「昼、何食べたん?」
「すき家の牛丼」

まずは、糖質制限が必要です

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:108mg/dl。

================================================

原因不明まひ、26都府県で66人 6歳以下が6割超
朝日新聞デジタル 1月20日(水)18時29分配信

 原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。昨年8月から12月3日までに報告された患者は、大人も含めて26都府県の男女66人としている。

 原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。

 感染研によると、12月3日現在の患者66人のうち6歳以下は41人。20歳未満が全体の9割強を占めた。性別は男性35人、女性30人、不明1人。発症した時期は9月に集中していた。


感染症の疑いが濃厚。
いずれにしても、病気の予防には糖質制限が必要です。
大量糖質摂取で免疫の積み増しは不十分になると思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2016-01-21 21:41 | 急性中耳炎 | Comments(0)