急性副鼻腔炎が引き金です。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
従って、抗菌薬使用に関係なく、改善増悪を繰り返します。

30歳代の患者さん。
右耳痛・耳閉感・難聴の訴えで受診されました。

a0082724_2047152.jpg

①右鼓膜、中等度膨隆。
②大量膿性鼻汁
その他、
③左への鼻中隔の突出、中等度。
④ノドは、やや狭い印象。
⑤声帯と気管粘膜に軽度発赤あり。

末梢血液白血球数 10,300/μl H

診断は、
ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎と、しました。

従って、抗菌薬は不要です

またまた、測りました。
12時血糖値:112mg/dl。
食前ですよ。
昼食はどうするんでしょう。
ご飯?パン?麺?
食後高血糖は必発と思います。
鼻腔で狭い箇所があり、ノドもやや狭く、やや過体重のお姿?
イビキ・睡眠時無呼吸は必発です。

糖質制限を簡単に説明致しました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:100mg/dl。

================================================

a0082724_21192965.jpg

色々のクスリを使っても改善しない、大量のクスリでも改善しない場合は仕切り直しが必要なんですね。
今回も思いました。
食生活は

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-09-27 21:24 | 急性中耳炎 | Comments(0)