1週間後に再発。

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
ですから、抗菌薬を使っても使わなくても、改善増悪を繰り返すのです。

8月13日、登場していただいた赤ちゃん。

治癒状態を宣言しましたが、1週間後、
a0082724_21104125.jpg

右急性中耳炎の再発でした。
左鼓膜には著変なし。

その10日後、
a0082724_211153.jpg

右鼓膜は自壊し大量耳漏を呈していました。

「白血球数とその分類」検査は省きましたが、ウイルス感染症と確信して、抗菌薬は使いません。
その3日後、
a0082724_21112766.jpg

右耳漏は停止しました。

良くなったり悪くなったりを繰り返して、治癒に向かって行くのです。
再発しても、決して悲観する事はないのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日8時半血糖値:101mg/dl。

================================================

a0082724_21294894.jpg

高齢者も乳幼児も生きていく為にクスリは最小限にするべきと思います。
多数の診断名をお持ちの高齢者であっても、数種類のクスリで生きていけると思います。

健康生活の基本は、糖質制限です

クスリに頼らない日常生活に移行して行くべきです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2015-09-04 21:41 | 急性中耳炎 | Comments(0)