耳痛

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で確認すると納得できるはずなんです。

2歳の幼児。
受診前夜に右耳痛を訴えて来院されました。

a0082724_21135243.jpg

右鼓膜は自壊し、耳漏状態でした。
左は滲出性中耳炎。

末梢血液白血球数 14,900/μl H
白血球3分類 リンパ球数  4,900/μl H
       単核球数   1,000/μl H
       顆粒球数   9,200/μl H。

白血球1.3万以上でも、リンパ球数3千以上は、ウイルス感染症です。
又は、
白血球1.3万以上でも、顆粒球数1万以下は、ウイルス感染症です。

ウイルス性急性中耳炎には、抗菌薬は使わないのです。
ロイコトリエン受容体拮抗剤:シングレア又はキプレスを使いました。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:107mg/dl。

================================================

a0082724_22175235.jpg


日本医師会雑誌平成26年11月号
特集 糖尿病の治療の進歩
巻頭言 です。
クスリに重点をおいた治療新時代です。
最も大事な食事療法で、旧来の食品交換表を用いた血糖を上げる手法を指導するのです。
とことん、糖質制限を排除した、クスリ偏重診療の推進なんです。

患者さんに向いた診療を推進して欲しいものです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-11-10 22:30 | 急性中耳炎 | Comments(0)