急性中耳炎 症例353 その2

四国徳島からです。

抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬投与に関係なく改善増悪を繰り返します。

7月6日に書き込みした、9ヶ月の急性中耳炎の赤ちゃん。
ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎の特徴である、改善増悪を繰り返しています。

7月中旬。
a0082724_2059586.jpg

鼓膜のいびつな膨隆は認めるも耳漏停止していました。

8月初旬。
a0082724_2102635.jpg

鼓膜、中等度均一な膨隆、増悪を呈していました。

全身状態を観察しながら、節目節目には「白血球数とその分類」検査で確認を取ります。
週単位で襲って来る呼吸器ウイルスに、抗菌薬で立ち向かうのは無益です。

年月が経てば治るんですから。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:97mg/dl。

================================================

a0082724_2105464.jpg

食糧難対策として、昆虫食の記事が目に付くようになって来ました。
そして、糖質制限の普及は世界的な拡がりを感じさせます。
本当に急務です。
人類の蛋白源を確保する必要があるのです。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-08-06 21:07 | 急性中耳炎 | Comments(0)