急性中耳炎 症例311 その4

四国徳島からです。
「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
「白血球数とその分類」検査で、細菌性かウイルス性かの判別は可能です。

昨年12月2日に書き込みした患者さん。
急性中耳炎は治癒状態に至りましたので、風邪症状の状態により母さんが判断して服用してもらうようにしていました。
今月4ヶ月ぶりの来院でした。
受診理由は、2週間続く鼻汁でした。

a0082724_2141750.jpg

大量粘膿性鼻汁を認めました。
ウイルス性急性副鼻腔炎です。
決め付けてしまいます。
鼓膜は全面、透明性非常に良好でした。

つまり、風邪をひいても、急性中耳炎を発症しない状態に至りました。
急性中耳炎の治癒です。
バンザイ!!!

問題は、繰り返すウイルス性急性副鼻腔炎です。
それに、アレルギー性鼻炎・鼻中隔弯曲症がどうからんでくるかです。
折々の受診の度に、鼻腔内の観察を続けたいと思います。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:104mg/dl。

================================================

a0082724_2204635.jpg


年齢が上がるにつれて、ひどい状態です。
強い規制大きな号令が掛からないと、大量糖質摂取は続くでしょう。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-06-25 22:11 | 急性中耳炎 | Comments(0)