急性中耳炎 症例339。

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
抗菌薬を使っても使っても繰り返し発症するのは、ウイルス感染症だからです。

5歳の患者さん。
耳痛での来院でした。

a0082724_21342638.jpg

右の鼓膜は、高度膨隆。ややたるみを認めますので痛みのピークは越えたと思います。
左、鼓室下部に少量の貯留液を認めます。
粘性鼻汁が中等量。

末梢血液白血球数 9,800/μl。

明らかに、ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎と思います。

肺炎球菌等の細菌を検出したとしても、それを起炎菌と決定出来る根拠は無いと思います。
防犯カメラに捕らえられた人物が犯人とは断定しないでしょう。

選択した薬剤は、
シングレア:ロイコトリエン受容体拮抗剤
メプチン。

改善増悪を繰り返しながら、治癒への路をたどるのです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
1年半になりました。
本日朝食開始90分後血糖値:108mg/dl。

================================================

a0082724_224558.jpg


私達は生きていく為に必要なブドウ糖は5g、ですって。
だから、その補充の為に必要な糖質量は、ホント、少量しか必要ないということです。
釜池豊秋先生の提唱している、糖質5g/日というのが正解のようですね。
1日1食にしても、ハードルが高いです。
1日3食、1食糖質10gを目標で、ダラダラと続けようと思っています。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-03-16 22:16 | 急性中耳炎 | Comments(0)