急性中耳炎 症例320 その3

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
そして、ウイルス性呼吸器感染症は、繰り返すのが特徴です。
急性副鼻腔炎は、生涯に亘って繰り返し発症しているのはお分かりと思います。

2月19日に書き込みした患者さん。
3月中旬、咳が出始め、鼻汁の増悪を認めました。
a0082724_21362146.jpg

耳痛の訴えは無かったそうです。
鼓膜の膨隆は無し。
しかし、鼓膜の厚みは増している感じ。
急性中耳炎の増悪です。
急性副鼻腔炎と連動して、改善増悪を繰り返していると思います。

ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎ですので、投薬は、
シングレア:ロイコトリエン受容体拮抗剤
メプチン
を、続けます。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:111mg/dl。

================================================

a0082724_2232962.jpg

世界的に、肥満・糖尿病・高血圧・脂質異常等の生活習慣病対策が急がれています。
米国は、カロリーと糖分(糖類)に注目しました。
炭水化物は、糖質+食物繊維、です。
糖質は、糖類(単糖類+二糖類)+多糖類+糖アルコール+人工甘味料、です。
表示の統一が必要です。
日本でも、
炭水化物:0g、の表示と、
糖質:0g、食物繊維0g、の表示が混在しています。

とにかく、
栄養成分表示を確認して購入する習慣が必要です。
食後血糖を測ると、糖質との関係が非常に明快に分かると思います。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-03-15 22:28 | 急性中耳炎 | Comments(0)