急性中耳炎 症例331

四国徳島からです。

「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。
当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。
顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。
ウイルス性急性呼吸器感染症の代表である急性中耳炎・急性副鼻腔炎への抗菌薬使用が無くなれば、
日本の世界の耐性菌問題は進展すると思います。

5歳の患者さん。
「耳痛」での来院でした。

12月1日、
a0082724_17253531.jpg

右鼓膜は中等度の膨隆。
大量粘膿性鼻汁

末梢血液白血球数 11,100/μl H


ウイルス性急性中耳炎・急性副鼻腔炎です。
投薬は、
シングレア:ロイコトリエン受容体拮抗剤、だけ。

12月8日、
a0082724_1726477.jpg

鼓膜膨隆は、やや増悪
シングレア続行。

1月7日、
a0082724_17262476.jpg

鼓室内貯留液の排液が進んでいました。

1月21日、
a0082724_17264241.jpg

上鼓室の貯留液を残すのみとなり、治癒状態、宣言しました。
鼻汁も非常に少なくなっていました。

内服、終了しました。
繰り返す急性副鼻腔炎による急性中耳炎再発が無くなれば治癒としています。

当患者さんのように月単位で経過する場合が多いですが、
年単位での治癒状態、という患者さんもおられます。

あくまで、治すのでは無く、治るのを待つんです。

================================================

「スーパー糖質制限」実行中。
本日朝食開始90分後血糖値:71mg/dl。
この数値が、人類本来の血糖値か?

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2014-01-23 17:44 | 急性中耳炎 | Comments(0)