急性中耳炎 症例313

四国徳島からです。

急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症ですよ。

鼻汁・耳漏から肺炎球菌・インフルエンザ菌を検出分離し、それを何の根拠もなく起炎菌と決めつけ、抗菌薬を使う診療(中等症以上で)をガイドラインでは推奨しております。

不思議な行為と思います。

「血糖値が高かったら、糖尿治療薬を使いましょう」という理屈とどことなく似ているのでは?

2歳11ヶ月の患者さん。
本年4月 抗菌薬を服用するにも関わらず、急性中耳炎を繰り返します、との事で受診されました。
初診時は、滲出性中耳炎の時期へと前進していました。
説明の為、「白血球数とその分類」検査実施。
末梢血液白血球数  9,900/μl
白血球3分類  リンパ球数  3,100/μl
           単核球数   1,300/μl H
           顆粒球数   5,500/μl

顆粒球1万以下は抗菌薬不要ですと説明。

5月中旬に鼓膜膨隆を呈するも下旬には滲出性中耳炎。に回復。
a0082724_223972.jpg

自分で治ろうとしているんです。

5月下旬に、また鼓膜膨隆。7月には、
a0082724_22393196.jpg

滲出性中耳炎に回復。
今回の鼓室内貯留液の排出は良好。

そして今日、
a0082724_22401292.jpg

治癒状態。
水分の抜けた貯留液の残存が少々です。

これらの増悪改善は、度々のウイルス感染によるものです。
細菌培養同定検査をすれば、必ずと言っていいほど、「・・・・・菌」が検出されます。

兎に角、
繰り返す急性ウイルス性急性呼吸器感染症には、抗菌薬は要らんでしょう。

================================================

「スーパー糖質制限」続行中。
本日朝食開始90分後血糖値:108mg/dl。

a0082724_2341737.jpg


総論。
(超)高齢化社会を生き抜く、最良最大の武器、
それは、
「糖質制限食」です。

正しい方法で実行すれば、結果は1ヶ月以内に実感出来ます。

================================================
[PR]

by hanahanak2 | 2013-10-03 23:09 | 急性中耳炎 | Comments(0)